プレゼントをくれる心理~女性からのメッセージの意味とは~

プレゼントをくれる心理。女性が男性に贈り物をしてくるのは、いったいどんな意味があるのでしょうか。

「誕生日」「バレンタインデー」「クリスマス」など、プレゼントをもらうチャンスがあるイベントは、年に何度もありますよね。異性からプレゼントをもらうのは、相手が誰であっても悪い気にはならないでしょう。

プレゼントをくれる心理は表面的なことだけでなく、深層心理として知っておきたいメッセージが隠されています。

女性からプレゼントをもらったら、男性はどんな反応をするのか。相手が期待した通りの展開になったなら、素敵な恋が待っているかもしれませんね。

ちょっとしたプレゼントのやりとりで、人間関係ががらりと変化することがあります。それはお互いに、気持ちも一緒にやりとりしているからでしょう。それでは早速ですが、プレゼントをくれる心理の真相について、一緒にみていきましょう。


プレゼントをくれる心理

好意を抱いているから

プレゼントをくれる心理ですが、男性が女性にアピールする手段として、贈り物攻撃をすることがありますよね。でも女性だって男性と同じように、好きな人にはプレゼントしたくなる心理があります。

喜ぶ顔が見たい

好きな人の喜ぶ顔をみたいと思うのは、皆さん共通する部分。そのため女性も男性にプレゼントして喜ばせたい願望があり、イベントでもないのにいきなりプレゼントをくれることがあります。

喜んでもらうとなんとなくポイントアップした気分になり、好きな男性に一歩近づいた気持ちになるのです。

自分の存在に気づいてほしい

女性からいきなりプレゼントをされたら「なぜ?」と意味が知りたくなるでしょう。恋人同士なら当たり前でも、意外な人がプレゼントをくれるのは、冷静に判断したい瞬間です。

その多くは、女性が自分の存在を知ってもらいたい場合があります。告白をする代わりに、プレゼントを持って近づいてくることがあるでしょう。

話したことがない人から、いきなりプレゼントをされる。さほど親しくない人が、自分の好きな物をプレゼントしてくれる。そういう時は、相手が「特別な存在になりたい」というメッセージを送っています。

気持ちをアピールしている

女性は男性のように、言葉ではっきりアプローチをしません。普段のさりげない行為で「好き」という気持ちを伝えています。

鈍感な人なら見過ごしてしまうかもしれませんが、プレゼントはいつまでも残るもの。「自分の代わりとして受け取ってほしい」というメッセージが、隠されているかもしれませんね。

平気な顔をして受け取って終わりにしたら、恋愛のチャンスを見逃してしまうかもしれません。

女性からハンカチをプレゼントされる意味

女性が男性にプレゼントするものとして、定番なのがハンカチ。それほど、特別な意味がないように見えます。

プレゼントをくれる心理を考えて、どのように相手の気持ちを受け取るか、的確な判断してくださいね。

別れを意味する

ハンカチは涙を拭うものとして、別れを意味するといわれています。女性からハンカチをプレゼントされたら、いったいどんな意味があるのか、正しく判断したいところです。

たとえば、自分がしつこく追いかけまわす女性がいるとしましょう。この人がいきなりプレゼントとしてハンカチをくれたら、これは距離を置きたいというサイン。「別れ」をアピールしているので、自分の行動を見直すべきかもしれませんね。

値段が手ごろなプレゼント

ハンカチは値段が高くないアイテムで、ちょっとした贈り物に最適です。ブランド物のハンカチも多く、女性が男性に贈ることがあります。

上司や友達など、とくに特別な意味を持たずにプレゼントしたい時に活用されています。この場合は別れなどの意味深なメッセージでなく、単なるプレゼントとして受け取りましょう。

礼儀的な贈り物

ハンカチだけをいきなり渡されても、どんなつもりなのかが気になりますよね。ハンカチは、礼儀的なプレゼントとしても利用される場面が多いようです。

知り合いの誕生日や、お世話になった人へのお返しなど、ちょっとした儀礼的なアイテムになります。

ハンカチと一緒にメッセージカードが添えられている時は、人間関係を良好にしたい気持ちの現れ。

大切な存在に思っているなら、ハンカチも特別にイニシャルを入れるなど、細工がしてあるかもしれません。

ネクタイをプレゼントされた時の対応

プレゼントをくれる心理ですが、どんなアイテムをもらうかによって、相手の意図がよくわかります。

男性への贈り物として、人気があるネクタイ。一見なんでもないプレゼントにも思えますが、女性から男性に贈るときには、ちょっとしたメッセージが隠されています。

おしゃれになってほしい

ネクタイは、男性のおしゃれアイテムとして大切なもの。ビジネスシーンでは、仕事ができる人に見られるためにも、ネクタイのセンスはとても重要です。

女性社員の目は厳しく、同じネクタイをずっと使っていると、センスがない人だと思われてしまうでしょう。

プレゼントをくれる心理で、女性が男性にネクタイをくれる時。「もう少しおしゃれになってほしい」という、メッセージを送っている可能性があります。

「バリエーションの少ないファッションを助けてあげたい」。そういった世話心かもしれませんね。

夢中になっている

ネクタイのプレゼントは、女性が男性に「首ったけ」になっている意味があるといわれています。

男性のおしゃれのメインにもなるのが、ネクタイ。女性のプレゼントを身につけることで、自分のものになったような気持ちになることも。

ネクタイ選びは苦手な男性も多く、できれば女性視線から選んでほしいと思うことがよくありますよね。

そんな時、自分にぴったりのネクタイを贈ってくれる女性がいたら、大切にしてあげるべきかもしれません。

ほかに選ぶものがない

「何を買ったらいいかわからないから、ネクタイでいいや」。特別な意味を持たずに、女性が男性にプレゼントするときにも使われるネクタイ。手ごろな価格帯のアイテムなら、さほど意味がないかもしれませんね。

お返しを期待している


クリスマスやバレンタインデーなどのイベント。恋人でもない人からプレゼントをもらったら、それはお返しを期待しているサインです。受け取ったままにしていると、女性が不快な気持ちになるかもしれません。

バレンタインデーのお返し

女性から男性にプレゼントするイベントといえば、バレンタインデーがありますよね。恋人の手作りチョコ、職場の人からもらう義理チョコなど。

どんな相手だとしても、女性は必ずホワイトデーのお返しを待っています。安いチョコでもそれなりのお返しがないと、来年のバレンタインデーは期待できないでしょうね。

借りを作らせる

女性が男性にプレゼントをくれるのは、借りを作らせたい気持ちがあるため。たとえば気になる男性を誘って、食事をしたいけど「自分からは恥ずかしくてできない」という場合。

「コーヒーを買ってくれた」「お菓子をくれた」という些細な贈り物で、借りを作らせてお返しを期待しています。

もっと仲良くなりたい人には、あらゆるチャンスを与えるでしょう。そうして、誘ってくれるのを待っているでしょうね。

こんなプレゼントのタイミングは有効に使い、積極的にアプローチしてください。「この前のお返しに食事をおごります」なんて展開を待っているかもしれません。

マナーをチェックしている

贈り物の交換は、人間関係をスムーズにするためのコツです。なにかをもらってそのままにしておくのは、相手に悪いですよね。

逆の立場なら、プレゼントをしたならどんなものでも、相手は必ずお返しを期待しているでしょう。

女性からの贈り物を受け取って、それで終わり。そんなマナーでは、恋愛自体が始まりませんね。

まとめ

プレゼントをくれる心理には、あらゆる場面があり受け止め方も色々です。上手にこのチャンスを活かして、相手との関係にうまく反映させてくださいね。

 

こんな記事も読まれています。
>>>プレゼントを女性に贈るのなら何にする?喜ばれるプレゼントランキング!

Pocket