わがままを言う心理と女性への対処方法について

わがままを言う心理ですが、とくに男性にとっては女性のわがままの意味がわからず、対処に困る場合があるでしょう。

自分の周囲を見渡すと、必ず存在しているわがままな女性。「なんで今そんなことを言うの?」「なんでそんな態度をとるの?」という困ったシーンがあちこちで見られています。

わがままを言う心理ですが、小さい子供ならまだしも、大人でもダダをこねる人がいますよね。自分の欲しいものが手に入らないと機嫌を悪くして、これでは周囲も扱いにくい人として接してくるでしょう。

こんなタイプの女性は、相手の心理を理解するともっと上手に付き合えるようになります。わがままを言っているのは、その人なりのメッセージを送る方法なのでしょう。では早速ですが、女性がわがままを言う心理について、詳しくご説明しましょう。


特別に扱ってほしいから

わがままを言う心理には、大人にも子供にも共通する意味があります。相手が要求していることを考えながら、上手に対処していってくださいね。

モテる男になるタイミング

わがままを言う心理がどんな意味にせよ、この場面はあなたがモテる男になるかどうかの大切なチャンスです。

相手にうまく自分の気持ちが伝えられない時は、湾曲した態度になることがありますよね。女性も特別に見てほしい相手には、反対の行為をとってしまう場合があります。

こんな時にわがままをそっと見守り、相手を上手にコントロールできるかどうか。モテる男は、相手の求める答えを知っています。

「私だけを見てほしい」という意味

女性は、好きな男性に対してストレートにアピールしてきません。たとえば気になる男性と近距離になった時、目を合わせずにすっと消えてしまうことがあります。

「もしかしたら嫌われているかも?」そんな不安な気持ちにさせる女性の二面性は、わがままを言う心理にもつながっているのです。

男性を困らせることで、自分の存在をアピールして「私だけを見て」という気持ちの表れかもしれません。子供が親の興味を引くように、わざといたずらをする心理と共通しています。

心の広さをチェックしている

わがままな女性に対してすぐに腹を立てるような、我慢ができない男では恋愛関係を築くのは大変。

女性のわがままを「かわいい」と思うほどの心の広さは、できれば持っていたいですよね。そんな魅力をチェックしている女性たち。

些細なわがままで相手がどんな反応をするか、どう扱ってくれるか。男性の器の大きさを調べているでしょう。

話をしっかり聞いてほしい

わがままを言う心理は、相手に興味や関心を持ってほしい気持ちの表れです。こんな時は女性の話をじっくり聞いて、不満や愚痴こぼしをさせてあげるとよいでしょう。

おしゃべりがストレス解消

女性たちが集合したら、誰かの悪口やうわさ話。グルメやおしゃれなど、話題はいつまでも尽きません。

話が好きなのは女性の特徴であり、男性にも同様にキャッチボールができる会話を望んでいます。

わがままを言う心理は「もっと話を聞いてほしい」というメッセージで、おしゃべりをしてストレスを解消したい気持ちが隠されているのです。

うなずいて話を聞くだけでなく、必ず相手の話に反応してリアクションをしてください。聞き流されてしまうのは、女性が最も嫌がることです。

話し相手が欲しい

困った時や不安な時、女性は男性にわがままを言って「もっと自分に関心を持って」とアピールしています。

わがままを言って相手を困らせるのは、自分のなかに不安があるため。うまく解消できずにイライラした態度をとり、それがわがままに見えてしまうのでしょう。

こんな時は話し相手になって、じっくり意見や気持ちを引き出してあげてください。心の奥底にある迷いが解決すると、女性の態度も柔軟になり、わがままが減るかもしれません。

寂しいシグナルを送っている

ひとりで寂しい時や、友達とうまくいかない時など。困ったシチュエーションにいると、女性は孤独を感じてしまうのです。

そんな場面で、女性は男性にわがままを言い「大切に自分を扱ってほしい」と願うでしょう。小さい子供のわがままと同様に、相手を困らせるのは寂しさのアピール。こんな時は相手のそばにいき、安心させてあげてくださいね。

子供のころから甘やかされている人

大人なのに、子どものようにわがままで協調性のない人がいるでしょう。女性のわがままも、多少ならばかわいく見えるもの。しかし女性同士でも嫌われてしまうほど、筋金入りのわがままも存在するでしょうね。

親に甘えて育てられた

「一人っ子」「親がお金持ち」など、甘えやかされて育った女性は、大人になっても小さい子供のような行動をとります。

これは育った環境によるもので、わがままを言っていることすら自覚していないでしょう。苦労せずに育った人は、相手の気持ちを考えず「自分さえよければいい」という勝手な行動に出ることがあります。こんな女性は男性がしっかりリードして、善悪を教えてあげることも大切でしょう。

我慢できない性分

甘やかされて育った女性の共通点は、我慢ができないこと。わがままを言う心理は、自分が欲しいものを手に入れるための手段です。

相手を困らせれば、自分の思うものが手に入ると誤解しているでしょうね。こんなタイプの女性は、社会に出て困る場面もよくあるのです。一方好きになった男性には、コロッと態度を変えることもあります。

「誰かが何とかしてくれる」と思っている

欲しいものを手に入れるまでわがままを言い続け、絶対に折れないタイプの女性。気が強くて思いやりの気持ちがなく、友達からも距離を置かれてしまうでしょう。

誰かがいつも何とかしてくれる状況にいると、自分の力で困難を乗り越えることができません。

快適な人生を過ごすためには、自分を取り囲む人の種類はとても大切。とくに恋愛関係は、わがままな女性を目覚めさせるよいチャンスになります。

男性に甘えたい

男性に甘えたいけれど、上手にアピールできない女性、こんなタイプはわがままを言って、相手に甘えているでしょう。
困った素振りで自分を大切に扱っている人には、さらに甘えたくなるのでしょうね。

自己満足している

わがままを言う女性のなかには、必要以上に自分を可愛がっている人も。ほかの人よりも、優越感に浸っているタイプがいます。

ナルシストな性格を持っている人は、わがままを聞いてくれそうな人をうまく判断しています。そうして自分を受け入れてもらうことで、さらに優越感を感じています。

男性に甘えたい時も、甘えさせてくれる人をターゲットにしているので、決して全員に対して同じ態度で接してはいません。

もしわがままばかり言ってくる女性が身近にいたら、それはあなたを優しい人だと思っているからでしょうね。

わがままを聞いてくれる人への気持ち

わがままを聞いてくれる男性には、女性は本心で付き合えます。人には見せない本当の自分をさらけ出してくるでしょう。

たとえば周囲から気が強いと思われている女性が、彼氏の前では大人しくなるなど。自分らしさをアピールできる人には、常に本音が出るのかもしれませんね。

まとめ

わがままを言う女性の心理をざっくりまとめると

  • 特別に扱ってほしいから
  • 話をしっかり聞いてほしい
  • 子供のころから甘やかされている人
  • 男性に甘えたい

となります。

わがままを言う心理は、相手に迷惑をかけることもよくあります。上手に対処していかないと、人間関係にもヒビが入ることがあるでしょう。

女性のわがままは、度合いが異なっても多少はあるもの。それは好きな男性にしか見せない甘えや、何かを要求しているシグナルかもしれません。

わがままな人と上手に付き合うためには、コミュニケーションを充実させましょう。そして、はっきりと気持ちをアピールしてもらうことが大切です。

そのためには、相手の話をじっくり聞いて心を開ける存在になること。適度に甘やかすテクニックも活用して、よい関係を築いていってくださいね。

Pocket