脈ありのLINEを送って関係を深めるコツ

好きな人に脈ありのLINEを送っているつもりなのに、気づいてもらえていない様子にがっかりすることがありますよね。

相手の返信が気になって、何度もスマホをチェックする場合も。送ったメッセージに既読がつかないと、不安になる人もいるでしょう。

脈ありのLINEだと気づいてもらえるには、どのようなメッセージを送ればよいのでしょうか。今回は、脈ありLINEを送って今よりも関係を深めていくコツについてお伝えします。


特別感を出して脈ありサイン

脈ありのLINEは、特別感を出すのがポイントに。二人の共有した話題で距離感を縮めていくと、LINEの頻度が多くなるきっかけになります。

会った時にメッセージの内容で盛り上がり、親近感が湧くことも。二人でやりとりすることが楽しいと伝わるような脈ありLINEを送ると、特別な思いを感じとって意識する女性もいます。

誰にでも同じようなメッセージを送っていると好きな人に思わせないことで、二人だけのメッセージを楽しみたいですね。

こまめな返信で好印象

スマホを普段からあまりチェックしないと、LINEの通知も溜まってしまいますよね。読むのが面倒だからと、後回しにすることもあるでしょう。

数日後に脈ありのLINEを送っても、温度差を感じて相手にしてもらえない可能性も。好きな人には、こまめな返信で脈ありLINEを送るのがコツになります。

今まではあまり返信しなかった人が、こまめにメッセージを返すと気になる存在へと意識する女性も。気になる相手から連絡がきた時は、すぐに反応することが脈ありだと思わせるポイントになるでしょう。

文字だけでなく通話で接近

脈ありのLINEは、文字プラス通話で特別な関係に。文字だけでやりとりをするよりも、話すと感情が伝わり相手の反応もリアルに伝わります。

突然通話を鳴らすと困惑する人もいますので、メッセージで通話可能かを確認するのがよいですね。「どうしたの?」と聞かれた時は「声が聞きたくなって…」とドキッとするような脈ありの言葉を意識すると、二人の関係を進展させるきっかけに。

直接顔を見ながら話すと緊張して話せなくても、スマホで会話をする方がリラックスできて、自然体な会話が楽しめる人もいます。

通話に慣れてくると、気になる人から着信がくる可能性も。メッセージよりも声を聞くことで、距離の近さを実感するでしょう。

スタンプよりもメッセージでアピール

スタンプのみでLINEを送ると、受け取る側は反応に困るもの。スタンプのみでは、素っ気なく感じてしまうことがあります。

急いでいる時にスタンプは便利ですが、受け取る側には忙しいイメージを与えてしまう場合も。スタンプのみだけでなく、メッセージも一緒に送ると受け取る印象がプラスに変わるでしょう。

脈ありのLINEは、スタンプよりも文字に気持ちが込めやすいものです。仲間同士にはスタンプで伝わることでも、好きな人には言葉の温もりで気持ちを届けると特別に感じてもらえる可能性が高いでしょう。

好きな人に寄り添う優しさを

脈ありのLINEを送る時は、相手に配慮することも忘れずに意識したいですね。つい自分の気持ちを強引に押しつけてしまう時もありますが、好きな人の立場を考えてLINEをすると相手も返信しやすくなります。

優しさの中に、脈ありサインをみせると居心地がよい相手としてLINEでの存在感が大きくなる場合も。自分のことを気づかってくれる男性がいると、なんとなく気になってしまう女性もいるでしょう。

質問ばかりを送ってしまいがちですが、好きな人に気づかうメッセージを送ると新たな一面をみせるきっかけに。相手の気持ちに合わせるようなLINEで、彼女の一番の理解者を目指しましょう。

相手を否定しない

メッセージのやりとりの中で、自分の意見を否定されるとテンションが下がる時も。文字だけなので感情が伝わりにくく、送られた内容を否定したくなるメッセージもありますよね。

しかし、ここで否定してしまうと相性が悪いと感じて壁を作る人もいます。脈ありLINEを送る時は、相手の意見を肯定することが関係を深めるコツになるでしょう。

自分の意見を同調して理解してもらえると、うれしくなって仲間意識が強くなることも。肯定してくれると安心感があって、もっと話を聞いてもらいたい気分になる女性もいます。

肯定しながら自分の意見も伝えると、より好きな人に知ってもらえる機会が増えるでしょう。

悩みや相談にのる

好きな人に脈ありのLINEを送る時は、悩みや相談にのる姿勢も距離を縮める方法のひとつに。直接では言いにくいことも、LINEなら打ち明けられる人もいます。

悩みを抱えていそうな時は、「元気がないけど、何かあった?」「よかったら相談にのるよ」など、脈ありLINEを送る優しさが女性の心を掴むでしょう。

親身になって相談にのると、本音で話せる関係に。本音を話せるようになった時には、相手ばかりではなく自分の弱い部分をみせると、お互いの弱い部分を励ましながら共に元気になれる存在になれるでしょう。

送る時間帯にも気をつけて

脈ありLINEは、好きな人の迷惑にならないように送る時間帯にも気をつけたいところ。メッセージを送りたくても、相手の状況を考えずに送ってしまうと、返信するのが面倒だと思われる可能性も高くなります。

脈ありLINEを送ったのに、返信がこない状況になると不安になるもの。返信がなくても何通も送る男性もいますが、これでは逆効果です。

特に話がなくても長くLINEを続けるには、好きな人の忙しさも考慮しながら毎回同じ時間帯に送るのがポイントになるでしょう。

話の流れでデートに誘おう

デートに誘いたいけれど、いきなり誘って断られたらと思うと勇気が出せない場合も。脈ありのLINEを送る時には、話の流れでデートに誘うところまで持っていきたいですよね。

急に誘うのは難易度が高いですので、好きな人が出かけたい気持ちになってからが、脈ありLINEの見せどころに。自然の流れで一緒に出かける展開になるのはどうしたらよいのでしょうか。

さりげなく出かけたい場所をメッセージ

「流行りの店があるんだって」「あの店、良さそうだね」などと、好きな人にLINEを送り相手の興味を伺います。しつこく送ると、デートのお誘いだと気づく女性もいるので、反応が悪い時はこの話はここで終わりに。

出掛けたい場所をなんとなく会話に入れると、好きな人の行きたい場所も知ることができるでしょう。いつものようにメッセージのやりとりを行っていくと、いつの間にかLINEすることが当たり前の関係になるものです。

「行ってみたい」と女性から脈ありLINEが送られてきた場合は、迷わずデートの日程を決めていきましょう。

気になる人の休日の予定をチェック

デートを断られないためにも、焦らずに誘うタイミングを見極めることがポイントに。「休日、何してるの?」と相手の予定を聞きながら、さりげない脈ありLINEを送ります。

休みの予定をLINEで聞かれると、デートに誘われるかもと脈ありLINEを期待する女性も。行きたい場所や暇でやることがなくて困っているといった内容を女性が伝えてきた時は、出かけてもよいという合図です。

慌てて予定を立てるよりも、のんびりとメッセージのやりとりの中で決めていくと、女性も安心感がうまれて二人で出掛ける不安が解消されていくでしょう。

まとめ

好きな女性に脈ありのLINEを送る時は、気持ちが焦って空回りすることもありますよね。こういう時こそ、冷静さを意識すると周りの状況も把握できるものです。

二人の仲を深めるには、メッセージを通してお互いを知ることが大切に。カッコイイところばかりではなく、自然体で接していくと女性の気持ちもみえてくるでしょう。

 

こんな記事も読まれています。
>>>好きな人にアピールする時に気を付けたいこと

異性はネットで探す時代に突入!

実は日本で結婚するカップルの10組に1組がマッチングサービスで結婚しているって知ってましたか??

アメリカでは既に3組に1組がマッチングサイトで結婚しています。

日本でも今後この流れに追随するとみられています。

▼おすすめマッチングサービス1▼
国内最大級「1000万人」が利用する恋愛・婚活マッチングサービス
毎月約7,000人に恋人が出来てます!
pairs2
ペアーズ

▼おすすめマッチングサービス2▼
ご存じ「メンタリストDaigo」が監修した心理学と統計学を駆使したマッチングサイト。 女性に大人気で女性会員のアクティブ率が半端ない。 男性会員が足りてません。
with(ウィズ)
【メンタリストDaiGo監修】恋愛婚活マッチングwith

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です