好意を伝えるのが苦手な男性が出来る6つの行動


好意を伝えるのが得意なはとても少ないと思いますが、好きな人には何とかして自分の気持ちを知ってもらいですよね。女性にアプローチするのが苦手な人には、どんな方法があるのでしょうか。では好意を伝えるための6つの方法をご紹介していきますので。ぜひ参考にしてみてくださいね。


好意を伝えるのが苦手な男性が出来る6つの行動

最初はメールでスタート


好意を伝えるのはできれば本人を目の前にして、自分の気持ちをストレートに言えれば一番理想的ですが、実際にはそんな勇気を出してアプローチをするのは、いくつかの段階を踏む必要があるでしょう。

好意をうまく伝えられない男性はどんなセリフを言ったらいいか、沈黙したらどうしようなど色々な不安があるもの。いきなり最初から撃沈しない為には、少しずつ仲良くなることがコツ。

口下手の人や奥手の男性はまずメールのやりとりでスタートしましょう。ごく普通の内容でその日の出来事やテレビ番組の話など、相手が警戒しないざっくばらんなメールをして、徐々に距離感をなくしていきましょう。

メールよりもLINEでのやりとりの方が楽と思うのであれば、そちらを活用しても良いですね。LINEでのやりとりを好む女性は多いですから、楽しいLINEの内容になるようにこころがけてみましょう。

2人で会う前にグループで行動しよう

好意を伝える時は2人きりになり、とても緊張する光景が目に浮かびます。ドキドキしてうまく気持ちが伝えられない場合もありますので、まずは2人で行動をする前にグループでデートや飲み会などをすると良いでしょう。

二人だけの空間は、お互いにプレッシャーを感じて本来の自分らしさが出しきれないこともよくあります。グループなら気を使わずに、自然と気になる人に近づくチャンスがありますので、引っ込み思案な男性にも最適な環境に。

いきなり2人だけのデートに誘って、お互いに慣れていない関係だと会話が続かないこともあり、あまり良くない展開になってしまう場合もあるでしょう。良い結果を出すには近道しないことも大切です。

グループで行動をすることにより、お互いに様々な面を見せることも出来るでしょう。気配りが出来る自分をアピールするのも可能かもしれません。2人で会うよりも最初はグループから…というやりとりの仕方も、自分や相手にとって気持ちがかなり楽でしょう。

言葉よりも態度で好意を伝えよう

好意を伝えるのが苦手な男性は、どんな言葉で表現していいかわからないという共通点があります。ドラマや映画のようなわざとらしいセリフを真似ても女性が引いてしまうかもしれません。思わず変なことを口走って、失敗するのも避けたいですよね。

そんな不安がある時は無理に言葉で相手に気持ちを伝えるよりも、行動で好意を伝えるように努力してみましょう。好きな人が困っている時に助けてあげたり、髪についたホコリを取ってあげたりするなど、特別な距離感を持つと相手も薄々気持ちに気が付いてくれるはずです。

口下手な男性は女性にいつもニコニコ微笑むだけでもOK。ほかの女性には、しないような態度で特別感を出してみてください。女性は特別感に弱いものです。自分にだけしてくれている…と思うと、嬉しいと感じるでしょう。

こういう女性の特別感を満たしてあげれば、二人の距離はとても近くなれるのです。

2人きりで緊張しないシチュエーションを選ぶ

好意を伝える時は、2人だけのシチュエーションを選ぶ必要があるでしょう。でもここでやたらと緊張してしまう場所を選ぶと、状況が想定したように展開しない場合もあるのです。

無理をして、高級なフレンチレストランを予約するようなことは必要ありません。それよりも2人がリラックスできる公園や個室があるレストランなどを選ぶと、プライベートな空間が作りやすいですね。

気持ちを伝える時は、あくまでも相手のペースになることが大切なので、雰囲気が違うなと思った時は焦らずに次回まで持ち越しましょう。最初は二人でお茶をするなど、短時間のデートからスタートするのもオススメです。

いきなり長時間一緒に過ごすことは、お互いに苦痛に感じてしまう場合も。プレッシャーもありますので、できれば短時間会うところから始めた方が、うまくいきやすいのです。

自然に一緒に過ごせるようになってきたら、段々と一緒にいる時間を長くしていきましょう。これについては焦る必要はなく、相手のペースを見ながら行動をしていくといいですね。

焦らず自分らしく接すること


好意を伝えるのが苦手な男性は、一刻も早く相手に気持ちを知ってもらいため、つい慌てて行動に出してしまいます。無理やり二人きりになろうとしたり、しつこくメールをしたりするなど。相手が不快に感じるようなアプローチは、十分に注意してくださいね。

好感を残したい為にいつもの自分らしくない行動をとるのも、失敗する原因のひとつになるのです。本来の魅力が発揮できるように、自分らしさを大切にしましょう。慌てて次のステップに行こうとするのは、女性にとってもプレッシャーになりますので、相手の出方を見ながらタイミングを掴む必要があります。

焦ってしまうと予期せぬ出来事も起こりやすくなりますので、心に余裕を持ち状況判断していきましょう。早く仲良くなりたいという思いを、自分なりに抑えて行動をすることが必要です。

これが抑えられる男性であれば、恋愛もうまくいきやすいでしょう。自分の気持ちを押し付けることばかりをしていては、相手の負担になってしまいます。自分勝手な男性だと思われるかもしれませんので、相手の様子を見て自分よりも相手を大切にした行動の仕方を意識してみましょう。

誕生日やイベントのタイミングを活用する

好意を伝えるのが苦手な男性にとって、良いチャンスになるのがイベントの日です。クリスマスや誕生日、バレンタインデーなどの日を活用してデートに誘ってみましょう。もし都合が合わない時は、プレゼントを贈るのもひとつの方法です。

いきなり「好きです」と告白しても、タイミングが悪いと相手が引いてしまう可能性があるでしょう。イベントの時期は、女性も高揚したり多少期待していたりしますので、そんな時をうまく活用して近づいてみましょう。

誕生日だから、クリスマスだからという言い訳にもなるので女性に近づくのが苦手な人はこのタイミングを大切に使ってください。特に相手の誕生日は本人にとって特別なもの。彼氏が既にいる女性でも、うまくいっていないため1人で過ごすということもあるでしょう。

誕生日には何か素敵なことが起こらないかな…と女性としては思うもの。でも彼氏がいなかったり、好きな人と過ごせなかったりする女性も多いのです。相手の女性が誕生日をどのように過ごすか、さりげなくリサーチしてみましょう。

1人で過ごす可能性が高ければ、飲みに誘ってみたりカフェでケーキを食べてみたりすれば、女性にとって、嬉しい誕生日になるはずです。

まとめ

好意を伝えるのは、一生の間で何度もあることではありません。緊張してうまく気持ちが言えないのは当たり前のこと。どうやって自分らしさを出すか、一番気楽で行動しやすい方法でトライをする気持ちも必要です。

相手の立場になって考えてみると、どのような好意の伝え方がベストなのかも分かってくるでしょう。自分ではこれが一番!と思っていても相手に違う場合も。そのため相手の性格やタイプなどを、事前にしっかり把握しておく必要があるのです。

Pocket