思い込みが激しい人とうまく付き合っていくための5つの方法


思い込みが激しい人は、人間関係でつまずくことがよくあります。仕事でもデメリットになる場面が多いため、できるだけ自分の性格や思考スタイルは客観的に判断したいですよね。

しかし自分の悪い部分に限って私達は気が付かないもの。人からどのように見られているか、気にしながら接することが大切に。付き合い方が難しい思い込みが激しい人は、相手の性格を変えるよりも、うまく対処した方がスムーズな関係になりやすいものです。

そこで周囲に必ず存在する「思い込みが激しい人」との付き合い方について見ていきましょう。


思い込みが激しい人とうまく付き合っていくための5つの方法

相手の気持ちを理解しているとアピールしよう

思い込みが激しい人は、育った環境や大人になってから築いた価値観など色々な原因でこのような性格になっています。
年齢を重ねるごとに私達は性格を変えるのがとても難しいことになるでしょう。思い込みが激しい人も同様に、自分の考え方を曲げるのを嫌がる傾向があるのです。

そんな人と上手に付き合うには、無理やり自分の意見を押し付けずに、相手の気持ちや考え方を理解しているとアピールしましょう。「あなたの気持ちもわかりますが」という一言が相手にとっては理解される安心につながり、歩み寄るチャンスになります。

思い込みが激しい人はネガティブな思考を持つ傾向がありますので、人から否定されることをとても嫌います。相手を理解しているように伝えることを意識していけば、相手のテリトリーの中にも入りやすいでしょう。

相手にとって「この人は味方なんだ」と思わせるような工夫が必要になります。味方だと感じれば、安心して心を開いてくれる可能性が高くなるはず。

こだわりを少しでもなくしてもらうこと


思い込みが激しい人とは、仕事の場面でもぶつかることがよくありますよね。周囲が納得できない強いこだわりを持ちつづけて、ひどい場合には孤立してしまいます。このようなタイプと付き合うには、まずこだわりをなくしてもらうことが大切。

こだわりをあまり持たないようにして、少しずつでも譲歩してもらうように話をしていくことが必要になるのです。

少し難しいことではありますが、思い込みが激しい人の思考のプロセスを変えてもらうことが、とても重要なポイントになるでしょう。なぜそのようなことを考えるのか?と原因を追究するよりも、そう考えてしまう思考の幅をもっと広げてみましょう。

例えばいい大学に行った方が成功すると思い込んでいる人は、大学に行かずに成功している人を思い浮かべるようにして、一つの方向からではなくて違う方向からも人を見ることができるように導いてあげるようにしましょう。相手と話しているうちに、強いこだわりについての理解が出来ますので、そのこだわりを少しでも緩和させるようにすれば、自然にやりとりが楽になってくるのです。

マイナスな出来事のプラス面を教えてあげる

思い込みが激しい人には自信がない人が多く、いつも不安で失敗を恐れるという共通点があります。「自分だけ」とか「自分ばかり」というネガティブな発想をしやすい傾向があるでしょう。

このような思い込みが激しい人に接する時は、プラス思考で接するのがとても大切です。例えば天気の悪い日はつまらない…という固定観念がある時は、天気が悪い日のプラス面を教えてあげれば良いのです。

「雨が降れば室内で過ごす時間が増えて静かにリラックスできる」「作物にも時には雨が必要」という、マイナスからプラスを見出すアドバイスをしてあげましょう。

思い込みが激しい人は、悪いことを人のせいにする特徴があります。自分のせいにすることで、更に自信を喪失することが分かっているのです。柔軟な発想ができない人が多いので、こういう相手には優しく物事には色々な見方があることを伝えるようにしてみましょう。

冷静に判断できるタイミングを待つ

思い込みが激しい人は、感情的になりやすい特徴があります。そのため間違った判断をすることが多くて、人間関係を築くのがとても厄介になるのでしょう。

特に負の感情が強くなる傾向がありますので、思い込みが激しい人とは冷静にコミュニケーションが取れるタイミングを大切にする必要があるのです。

人は誰でも感情に流されてしまう時が必ずあるもの。でも冷静に判断するためには、自分の心理状況を客観的に判断するスキルが必要になるのです。思い込みが激しい人や感情的になりやすい人とは、相手のペースに飲まれないようにしてうまく距離感を保つようにしましょう。

そしてこれが出来るタイミングを見つけるのが必要です。感情に振り回されないためには、一度自分自身を振り返って、考え直す習慣をつけると良いでしょう。

本質的な性格を理解しておくこと


思い込みが激しい人とは、意見の食い違いでぶつかることが良くありますよね。そんな時こそ、相手の本質的な性格を理解するのが大切になるのです。思い込みが激しい人は、柔軟な発想ができないため、人の意見に簡単に共感が出来ない場合が多いでしょう。

自分が間違っていたと自覚するまでは、いつまでも意見を変えることはありません。意見を変えられない柔軟性のない自分に気が付いていても、なかなか直せない人もいるのです。

思い込みが激しい人と無理に意見交換をするよりも、時には相手に任せて責任を取ってもらうことも必要になるでしょう。人の話を聞けない人や自分を絶対に曲げない人もいます。こういう性格については、自分のした過ちにより初めて気が付くことが多いでしょう。

固定観念があるため、本当は損をすることがたくさんあるのです。それに気が付くためには、他人から強制されずに自分の意思を持つことが必要になるでしょう。

まとめ

思い込みが激しい人とは、相手の思考パターンを理解しながらうまく付き合うことが必要です。どうしても曲げたくない意思やこだわりを持つのも大切ですが、集団生活をするには相手の立場になり考える余裕を持つのが大切になります。

思い込みが激しい人を攻撃するよりも、なぜそのような思考パターンがあるのか、根本を知るようにすると少しずつ付き合いやすくなります。それぞれの違う性格や価値観は、自分に合わせようとするよりも、相手に近づくようにすることが必要になるでしょう。

Pocket