ストレスをためないために!してほしい5つの工夫


ストレスをためないように努力をしているつもりでも、毎日の生活の中ではちょっとしたことがイライラや不安の原因になります。知らない間にたまってしまうストレスですが、そのまま無視していると、最悪の場合精神的なダメージにつながる場合もあるでしょう。健康的に生活するためには、ストレスをためないように注意しないといけません。

でもストレスは目に見えない厄介なもの。忙しい生活をしていると、ストレスがあることにさえ気がつかない人が多いのです。ではストレスをためないために、やるべき5つの工夫について一緒に考えていきましょう。


ストレスをためないために!してほしい5つの工夫

ストレスの度合いを知るために日記をつけましょう

ストレスをためないためにまず始めたいことは、ストレスの度合いを把握すること。ストレスが蓄積され続けると心身共に疲労して、回復するのに時間がかかってしまいます。

人生には結婚や転職などの大きな転機が訪れますが、このような出来事ならばストレス対応がしやすいですよね。でも心配なのは些細な不安や悩みが毎日蓄積されて、本人の気が付いた時にはもう手遅れになってしまうストレスなのです。

そこで自分のストレスの度合いを知るために、毎日日記をつけはじめましょう。その日の出来事を記録しておけば、後でストレスの原因が何かを明確にしやすくなります。自分の心の中は自分では分からないもの。

でも日記に書くことで、自分の心の中を整理することにもつながるのです。日記なんて面倒…と思うかもしれませんが、心の中でためこんでいるよりも良い方法ですから、一度試してみることをお勧めします。

ストレスの原因がなにか理解しましょう


一番怖いのは、目に見えないストレスがいつも付きまとうことです。なんとなく怖い、不安を感じる…という状態は、物事を正しく判断できない理由になりますので、どんなことに対して不安を感じるかストレスになるのかを自分自身ではっきり理解できるようにしておきましょう。

苦手なことや嫌いなことに対しては、誰にでもマイナス的なイメージを持ちますよね。なんとなく嫌だな…と感じることこそがストレスの始まりになってしまうのです。

ストレスをためないためには、根本的な原因を改善しないといつまでも快適な生活を送ることができません。仕事、人間関係、金銭的なトラブルなど頭を悩ませる問題が何なのかをはっきりさせましょう。

ストレスをためているのに気が付かないタイプの人は、この理由を明確にしない傾向があります。自分にとって何がストレスになっているのかを明確にしていないと、ストレスがどんどんたまってしまうのです。

そして、後から「もう少しちゃんと理解しておくべきだった」と思うようなケースも。自分にとってのストレスの原因を理解するのは、勇気が要ること。でもこの勇気を出せば、ストレス解消につながるのです。

間違ったストレス解消の習慣をなくしましょう

ストレス解消方法は色々ありますが、すべてが健康的とは言えませんよね。ストレスをためないためには一時的な改善ではなくて、正しくストレスに向き合い対処しないといけません。

本来気分転換のつもりでやっていることが、逆に健康を脅かす要因にもなってしまうのです。例えば喫煙や飲酒などは、一瞬現実逃避するには効果があるかもしれませんが、そのような習慣を続けると、体を壊す悪循環が始まってしまいます。

ストレスをためないためには、心身ともに健康であることが基本になりますので、悪い習慣をなるべく避けましょう。嫌なことに直面した時に、冷静に対処する姿勢が一番大切です。お酒を飲んで酔っぱらっても、根本的な問題解決にはならないことを知るようにしましょう。

評価を気にせず自分の意思を大切にしましょう

ストレスは自分ひとりで生活をしていれば、それほど苦痛に感じないかもしれませんよね。しかし世の中は、仕事や家族や友達など第三者の存在があるため、対人関係をうまくいかせるために、私たちは常にストレスを感じてしまいます。

人に良く見られたい、仕事で評価されたいなど。嫌でも無理をしてやってしまう生活は大変負担になるでしょう。そんな時は自分に正直になり、評価や自分のイメージばかりを意識せず、本当の気持ちを意思表示してください。

ストレスは自分の受け止め方次第で、どうにもなることなのです。肩の力を抜いて自分らしさをアピールしてみましょう。今まで苦痛に感じたものが、それほど負担にならずに済む可能性が高いのです。

ストレス解消方法を見つけましょう


ストレスをためない生活は理想ですが、現実はそんなに簡単ではありません。私たちが知っておくべきことは、ストレスとうまく向き合って生活をすることなのです。

ストレスを解消する方法は人によって違いますが、自分に一番合った方法を知ることはとても大切なのです。質の良い睡眠をとったり運動をしたり美味しいものを食べたり。好きなことをして過ごす時間は、私達にとってとても大切な癒しになります。

またストレスがたまるのは悪いことでなく、誰にでも起こり得ることを理解しましょう。ストレスがたまる自分自身に、不安を抱く必要はありません。コントロールできないことを無理になんとかしようとすると心の負担が蓄積されてしまうのです。無理をしすぎることによるストレスもあることを、理解しておきましょう。普段ストレスから解放される方法を身につけておくように意識をすれば、無理をして解消しようとしなくても、ストレス解消をする術を得られるのです。

まとめ

ストレスがたまるのは当たり前のことで、毎日何かしら不快な思いをする時もありますよね。大切なのはストレスをためないように、自分の精神状態を常に把握しておくこと。そしてリラックスするタイミングをしっかり見極めるのが重要です。

なにもせずに忙しい生活を続けていると、気がついた時には体調を崩して、さらに回復まで時間がかかってしまうでしょう。自分のストレスがどこからやってくるものか、原因を取り除く努力とリラックスする方法を知っておきましょう。

日頃からプラス思考でいるように意識をして、ストレスを自分で作り出さないように工夫をしましょう。そうすることで心身共に健康な日々を送りやすくなるのです。

Pocket