食事の誘い方で女性がOKしてくれる方法


食事の誘い方は簡単そうですが、難しそう…と思う女性を相手にした時は、しっかり計画を立ててからアプローチする必要があります。ただの食事だからと油断して誘ってしまうと、女性は警戒してすぐにOKしてくれません。

でも気になる女性とは、二人で貴重な時間を過ごしてみたいですよね。女性がOKしやすい食事の誘い方はあるのでしょうか。好きな人に告白するつもりで、素敵なレストランを予約しても、誘いを断られてしまったらムダになってしまいます。

ではどんなことに注意をするべきか、食事の誘い方で女性がOKしてくれる5つの方法をご紹介していきましょう。


食事の誘い方で女性がOKしてくれる方法

帰る時間を明確にすること

食事の誘い方は、男性のエスコート力がとても関係するもの。気になる女性とは食事をした後もゆっくりして、できればどこかで1泊したい…なんて、男性の欲が見え隠れしてしまいます。

はっきりしない誘い方は、女性が一番警戒するので食事の誘い方で注意しておくべき点は、何時に帰るか時間をはっきりさせておくことでしょう。

食事だけの予定が、そのあと飲みに行き、男性のペースになってしまうのは女性が心配する点のひとつ。そして初めて食事をする相手だと、どのくらい盛り上がるのかもわかりません。

OKしてもらうためには、食事の時間をはっきりさせて、予約したレストランの時間なども伝えておくようにしましょう。ここであえて門限何時?と聞くのも警戒心を持たせてしまいますので、それについて気を回さない方がいいですね。

断られる想定で誘うテクニック


男性から食事に誘われるのは、何かの目的があるはずだと女性は考えています。自分に興味があるのか、それともほかに目的があるのか。あまり知らない男性から食事に誘われても女性はすぐにOKをしてくれないので、はじめは断られる覚悟で食事に誘ってみましょう。

「断る」という行為は罪悪感を持つもので、二度目に誘われると断りづらくOKしてくれる心理もあります。OKしてくれないようなタイプの女性を誘う時は、何度か挑戦するつもりで計画をすると良いですね。

注意したいのは、絶対に嫌と言わせないようなプレッシャーをかけて誘うことです。「もう予約したから」といわれると、嫌々でも行かざるを得ません。そんな強引な誘い方だと、直前にキャンセルされる可能性もあるでしょう。

相手にも断る隙を与えるのが思いやりのある誘い方です。こういう思いやりを感じた方が、女性は逆に断りにくくなるものでしょう。

ランチに誘ってみる

食事に誘われてOKするのは、相手に脈ありだと思われる可能性があります。ただの友達として付き合いたい男性だと、女性はディナーなどの夜の食事には行きたくありません。

気になる女性に近づくには、段階を踏みながら距離を縮めていく方法が効果的になりますので、まずは気軽に行けるランチに誘ってみましょう。
男性の食事の誘い方は、場合によって「好きです」と告白をしているような緊張感を与える時がありますよね。OKしたいけれど誤解されたくない…という女心を理解して、まずは軽くランチでコミュニケーションを深めてみてください。

夜だとお酒を飲んだり帰りが遅くなったりする心配もありますので、日中の約束をした方が、女性は安心感を得られるのです。

カフェでお茶からスタートして、次はランチに…というように段階を踏んでいくと、相手との距離が縮めやすくなるでしょう。いきなりの食事は抵抗がある…と思う女性は多いので、その辺りを把握して昼に誘うようにした方が、OKの可能性はかなり高くなるのです。

行く店を女性に選んでもらう


ほとんどの女性は、食べ歩きやグルメには興味があるもの。美味しい食事が出来るなら、どこでも行きたくなるのが女心でもあるでしょう。食事の誘い方で、女性がOKしやすいのは、食事の好みや行く店などをすべて任せることです。

食事をごちそうしてくれるなら、多少嫌いな男性でも我慢して行こうとする女性も少なくありません。食べ物で釣るのも方法のひとつですが、自分が提案すると何かと言い訳をして断られてしまう可能性が高くなるもの。

でも女性に行くお店を選んでもらえば、プランを立てた責任感もありますので成功しやすいのです。女性が一緒に食事に行く男性は、必ずしも恋愛対象とは限りません。

食事のOKがでたからと言っても、次のステップに進めるわけではないのですが、ひとまずOKされやすい方法のひとつとして、女性に「好きな食べ物ある?」と言う流れで、お店を決めてもらったり、一緒に決めたりしていつのまにか自然の流れで一緒に行くことになっていた…というのも、理想的なパターンです。

話題性の高いレストランに行く

食事の誘い方で女性が自然にOKしやすいのは、人気のお店や話題性の高いレストランなど。女性と食事をするのは、男性にとってデートの一部のような感覚がありますが、女性のなかにはただ単にお腹が空いているから、一度行ってみたいお店だからという単純な理由の場合もあります。

そのためかしこまって誘ってしまうと、誤解されたくないため女性はすぐに断ってきます。そんな状況を回避するためには、下心が全くない姿勢をアピールして、食事を純粋に楽しむ目的を明らかにしましょう。

メディアで話題のお店や行列ができるレストランなら、行ったことにより「これが話のネタになるから行ってみない?」というように誘うと、とりあえずOKしてくれる確率はアップします。

まとめ

食事の誘い方が下手だと、撃沈して立ち直れなくなる人もいますよね。どんな方法にしても、女性と二人きりの時間を持つことが最初のステップです。気軽に食事に行けるような間柄になるには、楽しく盛り上がる空間を作ることがポイントになります。そのため無理やり女性を誘うようなことは、避けるようにしましょう。

なんとかOKをしてもらった後は、自分自身に興味を持ってもらうために楽しい話題や雰囲気作りを意識する必要があります。ただ食事をして帰ってしまうのでは、本来の目的とはズレが生じてしまいますよね。

次回にもつながるような余韻を残して、もっとお互いを知りたいと思うような関係を築けるように、楽しい一日になるように工夫をすることが大切です。

Pocket