付き合うまでの期間について考えておきたい6つのこと


付き合うまでの期間は、幸せな恋人関係になるまでの準備期間です。相手のことが本当に好きか、付き合って上手く行くかなど色々な不安や考え事をするかもしれません。何よりも気になるのが、好きな人と両想いになれるかどうか。

何事もしっかり準備した方が万が一の事態に対応しやすく、成功させるための秘訣になります。恋愛も感情に流されて行動するよりも、付き合うまでの期間についていくつか考えておきたいことがあるもの

ではどんな点について意識したら良いのか、付き合うまでの期間について考えておきたい6つのことを見ていきましょう。


付き合うまでの期間について考えておきたい6つのこと

付き合うまでは時間をかける

付き合うまでの期間はカップルそれぞれ違いますよね。平均するとデートの回数としては3回ぐらいで告白した、という人が多いのですが、これはあくまでも統計数です。

周囲のことを気にするよりも、自分が納得できるまで付き合うまでの期間を長く持つことが大切でしょう。その方が長続きするカップルになる確率が高くて、付き合いだしてから意外な相手の性格を知って、ショックを受けることもありません。

知らない男女同士が恋に落ちるには、まずお互いの人間性や性格を知らないといけませんよね。そのための期間だと思いたくさんのコミュニケーションとデートをしましょう。

付き合うまでに時間をかけることにより、相手のことをよく知ることができて、自分についてもよく知ってもらえるのです。この期間はとても大切なものですから、勢いだけで告白したりせずに穏やかで冷静な気持ちでいるようにしましょう。

デートの場所に注意する

付き合うまでの期間はお互いをテストしているようなもの。ここで失敗すると次のステップに進めないこともありますよね。気になる人とはあちこちに出かけたいと思いますが、恋人関係になる前は、デートの行き先や内容にも注意したいところ。

あまり定番のデートスポットばかりでは、相手が構えてしまうかもしれません。1泊旅行などは恋人関係になってから。それまでは公園や水族館、レストランで食事など、あまり緊張せずにリラックス出来る場所を選ぶと良いでしょう。

付き合うまでのデートはお互いのことをもっと知るためですから、どこに行くかよりもどんな内容のデートができるか考える方が重要に。自分にとってはこの場所に行きたい!と思うかもしれませんが、相手は違う思いを持っているかもしれません。

相手の希望も聞くようにして、穏やかに相手と一緒にいられるデートコースを選ぶようにしたいですね。

連絡はこまめにとりあう


付き合うまでの期間は、本当は毎日会いたくても相手を追いかけすぎるのはできれば避けたいこと。ベタ惚れだとバレてしまうと相手が余裕に感じてしまうため、2人の感情のバランスが合わなくなる場合もあります。

そんな時はLINEで定期的に連絡を取り合いましょう。会うのはちょっと面倒だけど、LINEでお互いの報告をするなら、お互いに負担になることは少ないでしょう。また習慣的な連絡の取りあいはそれぞれの生活の一部に入りこむチャンスです。

付き合う前からやりとりをこまめにしていれば、実際に付き合ってからもスムーズにやりとりが出来るようになり、交際していきやすくなるでしょう。

連絡をお互いに習慣づけると言っても、義務づけるようなことは避ける必要があります。相手にとっては連絡があまり多いのはちょっと…と思っている可能性もありますので、やりとりの中で返信が遅い場合などに、さりげなく連絡頻度についても希望を聞いてみると良いですね。

束縛せずお互いの自由を楽しむ

付き合うまでの期間は、できるだけ早くしないとほかの人に好きな人をとられてしまうと不安になる人もいることでしょう。でも知り合ったばかりですぐに告白すると、後で失敗する場合もあるでしょう。

大切なのは付き合ってからうまく関係が続くかどうかで、そのための準備として付き合うまでの期間は、有効に過ごさないといけません。いまからすでに相手を束縛するような態度をとってしまうと、先が思いやられてしまいます。

うまくいくはずの恋もここまでという場合も。そんなことにならないように今はお互いの自由も大切にして、恋愛と自分の生活のメリハリをつける練習をしましょう。

束縛に対しては、少しなら嬉しいと思うかもしれませんが、過度になると負担に感じて相手が辛くなってしまうもの。束縛をする側としても落ち着いて付き合っていけないですよね。

そのため、出来るだけそれぞれの時間も楽しめるようにしましょう。これが出来れば付き合ってからも楽しい日々が過ごせるのです。相手と会わない時間はつまらなくて、何もすることがない…となると、自分自身の幅がとても狭くなってしまうので、自分の時間をもっと大切にするように心がけましょう。

尊敬しあえる関係をつくる

恋人同士は好きなだけではうまく行きません。長く付き合っていくうちに最初の頃のようなドキドキした感情はなくなり、マンネリカップルになっていく可能性があります。そこで大切になるのが人間性でしょう。

恋人としてはもちろんですが、なんでも話せる大切で特別な存在にならないと恋愛はうまく行きません。相手を尊敬できないと恋愛でお互いが成長することはありませんし、信頼関係を築くこともできなくなります。

付き合うまでの期間は冷静にお互いを判断して、どんな魅力があるのか理解しておく期間とも言えるでしょう。尊敬し合える関係になるためには、自分自身にあまり甘んじずに努力をするのも必要です。努力をすることができてこそ、相手から尊敬される人になれるでしょう。

特別な関係であることをアピールする


付き合うまでの期間は、恋人関係になる一歩手前。長く付き合えるような関係になるためには、愛情表現は欠かせません。でも恋人同士という認識がないと、あまりオープンに気持ちを伝えるのは抵抗がありますよね。

つい先走りして失敗するのも避けたいことなので、付き合うまでは特別な存在であることをうまくアピールしましょう。たとえば連絡がしばらくこなかった時に「元気にしているか心配です」とさりげなく気持ちを伝えてみましょう。

こういう一言で、きっと相手がドキッとする場合も多いのです。自分を心配してくれて気にかけてくれる存在だと再認識して、もっと仲良くなりたいと思う女性も多いでしょう。

まとめ

付き合うまでの期間は、早く恋人関係になりたい気持ちで一杯ですよね。人を好きになるとすべて良いところしか見えません。恋愛がある生活は毎日モチベーションも高くなるでしょう。

でもここがうまく恋愛関係をスタートさせるための、大切な時間になるのです。相手を理解するために二人で努力をする必要があるでしょう。告白までのデートの回数などには、あまりこだわらずに、お互いに無理をすることなく自然に心の準備ができるまで、慌てず準備期間を過ごしてくださいね。

後から考えると、この期間はとても貴重なものに思うはずです。この期間をどう過ごすかにより、これからの関係が変わると思うと、付き合うまでの期間については慎重に相手を見る必要があると理解出来てきますよね。

せっかく好きになれた相手が近くにいるのなら、この思いを大切にしながらやりとりをしていきましょう。少しのやりとりでも幸せに感じることが出来る、この気持ちをお互い似大切にするのが、付き合うまでの期間でとても重要なのです。

Pocket