振られた後にメールを送る時に知っておきたいこと


振られた後にメールをして、相手になにか伝えたい時がありますよね。どうしても心の整理がつかずに、このままでは納得できないと思う時。振られた立場ではあっても、自分の意思表示はとても大切です。

どうしても忘れられない元恋人の存在、たまには連絡を取って相手の様子をただ純粋に知りたいだけの場合も。でも振られた後のメールは、気をつけてしないとお互いに嫌な思いをする場合があります。

そこで知っておきたいのは、どんな点に注意をしてメールをしたらいいのかということ。振られた立場であることを、理解したうえでアプローチをしていきましょう。


振られた後にメールを送る時に知っておきたいこと

しつこくメールはしないこと

振られた後のメールは色々なシチュエーションがありますが、振った立場はすでに次の方向に向かって進んでいます。未練が残りやすいのは振られた立場で、何とかしてヨリを戻したいと思う時も。

自分のどこが悪かったのか、どこを直せばまた戻ってくれるのか、振られた人は自己嫌悪に陥る傾向があります。
そんな気分では、相手の反応が知りたくなり返信が来るまでしつこくメールしてしまう場合もあるでしょう。振られた後のメールで注意したいのは、相手に迷惑にならように心配りをすることです。

しつこくするとまるでストーカーのように思われて、どんどん距離が離れてしまうこともあるでしょう。しつこくすればするほど相手にとって迷惑になり、追われるような気持ちにさせてしまうと理解をしたうえで、間隔をあけて連絡をするなどの工夫が必要なのです。

感謝の気持ちを伝えよう


振られた後のメールは自分の思いを相手にぶつけるため、時には攻撃的な内容になってしまうことがあります。最後に言い残したこと、振った相手に対して伝えたい自分の気持ちなど、ネガティブな内容になりがちです。

でもすでに終わった関係は、今更あれこれ言っても始まりません。振られた後のメールは、内容が大切なポイントになりますので、相手の心を動かすような感謝の気持ちを伝えましょう。
振られた側は、いつまでも未練が残り復縁のチャンスやタイミングを待っている人も。振られた後のメールには、色々な可能性が秘められていますので、まずは相手の警戒心をなくすためにも「ありがとう」の気持ちをメールで送りましょう。

メールにするかLINEにするかを考えてみて、どちらが相手にとって負担にならずに楽なやりとりになるのか、相手の立場や気持ちを考えるのもとても大切なのです。

相手の気持ちをまずは理解する姿勢を持つ

振られた後のメールは、自分の気持ちや言い分を相手に伝えるにはとても良いチャンスです。でも考えてみると自分は振られた側で、そんな結果になったのは何か自分にも落ち度があったからかもしれません。

自分の言いたことばかりを伝える前に、相手の気持ちを冷静に受け止める覚悟が大切です。メールのやりとりがもし続くようになっても、自分がコントールする立場ではなく相手のペースを優先するようにすると良い関係を築きやすくなるでしょう。

振られた後は、相手を悪者にしたくなる時もありますが、別れる原因はお互いにあるものです。ここでヨリを戻してもらうためにも、思いやりの心をアピールして相手の要望や希望を出来るだけ丁寧に聞いてあげましょう。

相手に対する思いやりが欠けていたことが原因で、振られてしまったパターンもあります。女性は特にこういうことに敏感ですから、ここで思いやりを見せるようにすれば心を開いてくれる可能性が高くなるでしょう。

感傷的なメールは送らないこと


振られた後にメールしたくなるのは、一人で寂しく過ごす時。楽しかった思い出が懐かしくて、しんみりと孤独感を感じてしまいます。振られた側は、いつまでも相手のことがふっきれずに未練があり感傷的になりますよね。

でもそんな気持ちを別れた恋人と共有するのは、できれば避けるべきです。一人で寂しい、また会いたい、声が聴きたいなど感傷的なメールが続くと相手はうんざりしてしまい、さらに「この人とのやりとりはしたくない…」と思い、離れたくなるでしょう。

振られた後のメールは、内容によっては気持ちを逆なでしてしまう場合もあります。特に感傷的な内容は重すぎて負担になるでしょう。メールを送る時は、送信する前に一度時間をおいてから読み直すようにすると、ちょっと内容が重すぎるかも…と自分自身が冷静になり客観的に内容について見ることが出来るのです。

冷却期間をおいてから連絡をすること

告白して振られたり付き合っている恋人に振られたりするのは、実際にあり得ることです。期待通りの結果にならない時は、自己否定が始まるもの。落ち込んだり逆にイライラしたりするなど、感情的になる傾向もあるでしょう。

振られた後にメールする時は、冷却期間を置いてから冷静に関係を見直せるまで待つことが必要なのです。寂しい、悔しいなどの感情が残っている間は、正しい行動がとれない可能性も。
冷却期間を置くと、振った相手も後悔の気持ちや思い出が美化され始めるので、復縁できる可能性が高くなります。

振られた後にどうしていいか分からない間は、とにかく気持ちが落ち着くまで待つようにしましょう。早く連絡をしたい気持ちはあるかもしれませんが、焦っても良い方向には進まない場合が多いのです。そのうちに、自分にとってこれだと思う解決策が分かってくるはずです。

まとめ

振られた後のメールは、どんな目的があるかにより内容が変わってきます。復縁を意識しているなら相手に好感を持ってもらうように意識する必要があります。逆に振られたことに対して怒りの気持ちがある時は、一方的な内容でメールを送りつけるのも方法のひとつです。

でもどんなメールにするにしても正しい意思表現ができるかどうか、客観的にまずは判断してみてください。ケンカ別れした恋人でも、時間がたてば良い思い出に変わります。

将来どこかで再会する可能性もあるでしょう。友達としてこれからもずっと付き合えれば、それも嬉しいことですよね。

ひとつひとつの出会いには意味がありますので、この出会を大切にするためには区切りを迎えた時にどのように対処するのかが、とても重要になるのです。

Pocket