睡眠不足の影響をリセット!心と体のために解消する方法


何が原因かわからない頭痛、だるさ、肩こりなどの症状で悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。「仕事で忙しいから。」「この歳になるとみんなどこか痛いものだ。」なんて思っている方もいるのでは。


しかし、睡眠不足の影響だったとしたら体調不良も解消できるかもしれません。ここでは、そんな睡眠不足の影響や解消方法を紹介していきましょう。

睡眠不足の影響は人それぞれ

最近忙しいから寝てないと思っていても平気な方もいるように、睡眠不足の影響は人によって出る場所が違う、または出にくい場合もあります。特に睡眠不足の影響が出るのは、元々疲れなどが出やすい場所や弱いところです。

長時間同じ姿勢の方ならば、肩こりや腰痛などにも睡眠不足の影響は出ますし、代謝が下がってくると肌に出ることもあります。肌荒れしやすい方なら一番に肌に出ることもあります。

身体に出ていなくても、集中力の低下やイライラなどの精神面で睡眠不足の影響が出ることもあるのです。このように、睡眠不足の影響は人それぞれ出方が違うことがわかります。また、それらを疲れだから仕方がないと思わず、しっかりとした睡眠を取るようにすることが大切です。

睡眠不足を招かないようにする方法

睡眠不足は忙しいからという理由だけではないでしょう。眠りたいのに寝付けない、睡眠時間はたっぷり取ったはずなのになぜだか身体が優れないなど、睡眠の質も睡眠不足の影響があるといえます。

睡眠不足を未然に防ぐためにも、普段の生活を見直すことも必要でしょう。それだけで睡眠不足の影響を受けにくい身体になります。
普段の生活の中で、緊張状態を続けることは睡眠不足への影響が大きいと言われています。仕事での身体の疲れや、ストレスなども一日の中でしっかりリセットすることは、良い睡眠を取る上では欠かせないことです。

例えば、仕事と家の間にジムを挟むこともいいでしょう。交感神経と副交感神経のスイッチを入れ替えるような習慣をつけるだけで、睡眠不足になりにくい、身体への影響も少なくなりますね。

それが難しいという方でも、入眠前の1時間前にテレビ、パソコン、スマホなどのブルーライトを避けるようにするだけでも、入眠しやすくなるので睡眠不足の初期の段階では、こういった方法も有効でしょう。できれば睡眠不足の影響を受ける前に対策を打ちたいものですね。

睡眠不足の影響が出たときの解消方法


上述挙げたような身体や精神的な変化が、睡眠不足の影響で見られるようになってきたと自覚が出るようになると、何よりも睡眠時間だけではなく、睡眠の質を上げるようにしましょう。

睡眠不足の影響を感じた時にできる解消方法として、規則正しい生活に戻すことが第一条件だといえます。夜早くに寝ることが難しい方は、目覚めを変えることで身体をリセットすることができます。

例えば、カーテンを遮光カーテンなどにしていると朝日が入って来ないので、朝日を感じられるようにカーテンを変えるだけでも睡眠不足が少しずつ解消されます。

また、寝る前の体温はとても大切です。お風呂上がりの1時間くらいは、一度上がった体温が下がり、入眠しやすくなる絶好のポイントになります。毎日帰りが遅いという方でも、お風呂の時間をコントロールするだけで、睡眠の質を変えることができます。

いきなり規則正しい生活をしようと言われても、忙しい中で難しいものです。急に生活のリズムを変えることはストレスにも繋がります。

それは睡眠不足の影響が出やすい部分でもあるので、自分に合った無理のない程度で出来ることを考えるのが一番の解消方法でしょう。

まとめ

睡眠不足の影響は、出てくる前に防ぐのが一番ですが、無理をして「早く寝よう」「運動をしよう」とすることはないと思います。まずは自分のできる範囲から睡眠不足の影響を探し、少し習慣を変えることで睡眠の質を上げていくことが大切です。無理のない生活改善は心と体にもストレスがないものなので、是非試してみてください。

Pocket