爆睡の方法を知って快適な生活を送ろう!


爆睡の方法は一日だらだら寝るのではなくて、質を高めて深い眠りをとることが一番のポイントです。残業や飲み会続きだと体が疲れていても、なぜか目がさえてぐっすり眠れない時がありますよね。こんな時は、寝てもしっかり疲労回復ができずに、どんどん体の負担になるだけです。

爆睡の方法を身につけておけば、多少時間が短くても朝すっきり目がさめて快適になるでしょう。最近では、寝不足や睡眠障害などの問題を抱えている人が急増していると言われています。毎日の睡眠は健康の基本ですよね。では疲れている人にオススメの、爆睡の方法をご紹介していきましょう。


爆睡の方法を知って快適な生活を送ろう!

脳内リズムを整える

爆睡の方法を知った始める前に、まず人間の体の睡眠リズムについて知っておきましょう。私達は夜になると自然に眠くなりますよね。これは睡眠と覚醒のリズムがあり、夜になると睡眠ホルモンの「メラトニン」が多く合成されるためです。

メラトニンが少ないと眠気を感じられないため、脳内リズムを整えることがまず必要なポイントになります。そこで大切になるのが「日光」。太陽の光を浴びて14時間~16時間すると体内のメラトニンが活発に分泌されます。

ということは、朝起きたら外で日光を浴びると夜23時頃になれば眠気がやってくることに。

午前中はなるべく多く外に出て、太陽の光を浴びるようにしましょう。脳内リズムが夜と朝の区別をはっきりさせれば、爆睡しやすくなるのです。

今日は休みだから…と暗い部屋で遅くまで寝てしまっていると、どうしても脳内リズムが狂いがちに。休みの日でも雨戸やカーテンを開けて日光を浴びることを心がけましょう。

寝る前の入浴

お風呂にのんびりつかり、一日の疲れを取るのはとても良い方法です。入浴は疲労回復だけではなくて体温を上げるため、爆睡の方法として欠かせません。

体温と睡眠の関係ですが、眠気が襲ってくるのは体温がピークから下がり始めた時なので、入浴後の火照った体が、落ち着く1時間~2時間後が自然な睡魔がやってくるタイミングです。もちろん入浴はリラックス効果もありますので、副交感神経が活発になり爆睡しやすい方法になるでしょう。

時間がない時や入浴するのが面倒くさいという時は、足首だけを温めてみましょう。足の裏から汗が蒸発すると、体温が下がる効果がありますので、眠気を感じやすくなるのです。

忙しくてシャワーだけで済ませる人はとても多いですが、その時に足首をシャワーで温めるようにしてみれば、お風呂につかり足首を温めるのと同じように、リラックスがしやすいでしょう。

適度な運動をする


仕事と家の往復で、運動する暇なんてない人がほとんどだと思います。爆睡する方法では体の疲労感を与えることで、質の高い眠りがとりやすくなりますので、少しの時間でも体を動かす習慣を始めましょう。

1日10分のウォーキングでも、睡眠の質を高くする効果があると言われています。覚えておきたいことは、運動をするタイミングです。寝る直前は、なるべく避けるようにすることが必要なのです。

運動をすると脳が活発になりますので、逆に刺激となってしまいます。寝る前は遅くても3時間前には運動を済ませて、リラックスをするようにしましょう。爆睡する方法は、毎日の生活リズムを一定にすることが基本です。運動をする場合も、なるべく同じ時間にできるように工夫してみましょう。

寝る前にストレッチをする人は多いですが、汗をかくようなストレッチをしてしまうと睡眠がしにくくなりますので、気を付けるようにしたいですね。

アロマの香りを活用する

香りの癒し効果は想像以上に大きいので、爆睡する方法にもぜひプラスしたいものです。アロマには色々は効果があり、爆睡する時にはリラックス効果の高いラベンダーやイライラを落ち着けるカモミールがオススメです。

使い方ですがアロマキャンドルを寝る前に寝室で使ったりもしくはアロマオイルを枕カバーに数的つけたりするのも良いでしょう。快眠効果があるカモミールは、ハーブティとしても大変効果がありますので、寝る前に飲んでみるのもオススメです。

香りは副交感神経を優位にする働きがありますので、仕事のストレスや悩み事を抱えている時に落ち着く効果のあるアロマを活用すると、とても役立てることが出来るのです。男性でも最近はアロマの効果に興味を持ち、購入する人が増えています。

癒しの効果のあるアロマを積極的に活用して、出来るだけリラックスしやすい環境を整えましょう。

入眠儀式を習慣つけよう


爆睡する方法は、毎日の生活サイクルを整えることが基本です。早寝早起きを心がけ規則正しい生活を続けましょう。爆睡するためには、体が寝る準備に入らないといけません。そのために効果があるのが「入眠儀式」です。

毎晩寝る前に必ず行う習慣を始めてください。例えば寝室の電気を1時間前に消す、読書をする、ハーブティを飲むなど。これらの習慣が入眠儀式となり、自然と眠気が襲ってくるように体が覚えていきます。

爆睡する方法は色々とありますが、なによりも大切なのは睡眠の質を上げるための環境を整えることです。

いくら体が疲れていても、テレビの音がうるさい、部屋が明るいなどの障害があると、夜中に目が覚めてしまう原因になるでしょう。爆睡をするために必要なのは、自分にとって穏やかに眠れる環境を理解して、その環境に近づける工夫をすることなのです。

まとめ

爆睡の方法を体が覚えたら、後は毎日習慣として続けましょう。寝る時になるとなぜか一日を振り返り、嫌なことや悩みごとが頭をよぎってしまいますよね。質の高い睡眠をとるためには、頭の中を空白にして自然と体が眠りに落ちるような状況にするのが理想的です。

朝起きても体がだるいままでは、集中力や思考力を高めることができません。仕事や勉強にも悪影響になってしまいます。

体の基礎を作るためにも、爆睡できる方法を常に知っておくことが必要ですね。理想的な睡眠時間は6時間半~7時間半と言われています。健康的な生活を送るためにも、毎日の眠りはとても大切ですから、ぜひ今日から爆睡の方法にトライをしてみて日々を穏やかに過ごしていけるようにしましょう。

Pocket