すぐキレる人に接するときの注意点はココだ!逆ギレされないコツ


すぐキレる人が身近にいると、いつキレるかわからないので気を使いますよね。ちょっとしたことで顔色を伺うのは大変ですが、付き合いがある以上避けては通れません。


関わりたくない気持ちを前面に出してしまうと、すぐキレる人にはバレてしまいますので、常に緊張感が走りますよね。上手に付き合っていくには、相手の特徴を理解しながら対策を練っていかなければいけません。相手をキレさせないようにするには、どのような行動をとれば良いのでしょうか。

すぐキレる人に接するときの注意点はココだ!逆ギレされないコツ

キレている内容によって従うか決める

すぐキレる人は、ときには理不尽な内容で周囲に当たり散らすことがあります。怒られた瞬間は、キレた人の意見が正しいと感じてしまいますが、冷静に言われたことを考えると正しい発言とは考えにくいこともあります。すべて正しいことであれば、こちらも納得がいきますが、正しくないものまで正しいと判断されてしまうのは困りますよね。

キレたら動くものと思われている可能性も高いので、やらなければいけないことを優先して行うようにするのがコツです。明らかにおかしいと感じたことに対しては、賛同しないということだけは徹底としておくことが、自分自身の身を守ることに繋がります。

ビクビクしないで向き合おう


すぐキレる人は、周囲に威嚇することで強さをアピールしてくることがありますよね。大声を出されたらびっくりしますが、こちらが動じない態度で返すと、意外とおとなしくなってくれることも・・・。

すぐキレる人は臆病な部分もあり、自分の身を守るために強気な自分を演出するところがあります。そのため、大きな声を出すという行為をしてしまうところもあるのです。そう考えると、ちょっとかわいらしい部分もありますよね。すぐキレる人にビクビクしないで、堂々と構えの姿勢でこちら側も挑んでいきましょう。だからと言って、あなたも同じような態度をとってしまっては意味がありませんので、笑顔を武器にして対応していくことを心掛けます。

隠れ甘えん坊の可能性も・・・

すぐキレる人のことは、関わりたくないという人が多いため、孤立していることも多く寂しそうにも見えますよね。自分で蒔いた種だから仕方がないのですが、人との関わり方が苦手なのかもしれません。自己主張を強めに言うことで、コミュニケーションが取れていると勘違いしている可能性も考えられるでしょう。

仲良くなりたいために、すぐキレる表現を選んでしまっているだけで、本当は寂しがり屋さんなのかもしれませんよね。いきなり話しかけるのも気まずくなりますので、挨拶の後に当たり障りのない会話を一言入れてみると、逆ギレも少なくなるかもしれません。

気にしないのが一番

すぐキレる人の意見に振り回されると、こちらも精神的に厳しくなりますよね。どうして、ここまで言われなければいけないのか納得いかない人もいるのではないでしょうか。

言われた一言が気になってしまいますが、半分以上は言いがかりのことも多く、考えないで出た言葉の可能性が高いことも・・・。あなただけ気にしていても、すぐキレる人はストレス発散のような感覚で言葉を吐き出すことがあるため、あなたの気持ちなど残念ながら考えていないでしょう。ですから、凹んでしまうだけ、損した気持ちになりませんか?気にせずに聞き流してしまうのが一番です。

口調がキツイ場合は脳内で柔らかく変換しよう


すぐキレる人の特徴に、口調がキツくて辛いことがありますよね。もっと優しく言ってくれればいいのに・・・と嫌気がさすこともあるかもしれません。口調がキツくすぐキレる人とは、距離をあけることで言われる頻度を少なくするように試みます。このまま言われ続けていくのは、心のストレスが限界に達してしまうかもしれません。

慣れてしまえば相手に対して、自分の気持ちを伝えることが出来るのですが、そこまでの勇気を振り絞ることは難しいですよね。

言われた言葉がキツイと感じたときは、脳内で柔らかい言葉に変換しませんか?そのままの言葉を受け止めるより、脳内変換した優しい言葉で受け入れる方が、同じ内容でも違って聞こえますよね。この方法で、すぐキレる人になにか言われても乗り越えていきましょう。自分の心が、今までよりも広くなった気がします。

まとめ

すぐキレる人は、悪気があってこちらに言ってくる場合もあれば、何も考えずにその場で思ったことを言っているだけかもしれません。深く考えてしまうとストレスになってしまいますので、聞き流せる力も身に着けると気が楽になるでしょう。

いろいろな人達にキレて迷惑だということがあれば、相談して対策を考えることもひとつの方法になりますので、上司や先輩にも相談することをおすすめします。すぐキレる人に対して、とっておきの対策方法を教えてくれるかもしれません。慣れてくると、キレそうになる原因を先に取り組めるようなり、何も言わせなくさせることもできるでしょう。すぐキレる人に対して、こちらまでピリピリしていても何も始まりません。上手く聞き分けて、あなたらしく乗り越えていきましょう。

Pocket