脈なしで告白をするのなら…これを意識しよう

脈なしで告白する時は、覚悟を決めておかないといけませんが、成功率を高めるコツがいくつかあります。

まったく相手の視野には入っていないだろうけれど、自分の思いだけはせめて伝えたい。告白せずに後で後悔はしたくないという人もいますよね。

告白するなら、少しでも脈ありのほうが成功しやすいのは皆さんもわかっていることですが、世の中は理想的な展開にならない場面が色々あるもの。

脈なしで告白するのは、相手に迷惑なのだろうか?と不安になるかもしれません。しかし隠してはおけない気持ち「もしかしたら」という可能性にかけて、告白する準備をはじめませんか。

そこで、脈なしで告白するときに意識するべき点についてご説明していきましょう。



相手の都合を考えよう

脈なしで告白されると、自分の気持ちを無理やり押し付けてくる…と思う人もいます。無理だとわかっていても、告白するのは迷惑になるのでしょうか。次の点を意識して相手の気持ちをまずは考えるようにしてみましょう。

好きな人がいる場合には身を引くこと

自分の感情が抑えきれないほど、好きになる人が人生のなかでたまに現れます。何をしていても頭のなかから離れない憧れの人、早く自分の気持ちを知ってほしいと思いますよね。

でもそれは苦しい気持を軽くしたい、自分勝手な発想と誤解される場合もありますので注意が必要なのです。

まずは相手に好きな人がいるかどうか調べて、夢中になっている人の存在があるときは、無理やり自分をアピールしていくのは、相手の心を乱す要因になるでしょう。

周囲の人に確認する、もしくは相手の行動をチェックして好きな人がいると知ったら、一度は身を引きましょう。

告白するときは相手の都合に合わせること

告白はタイミングがとても大事なポイント。いきなり好きな人に近づいて告白するのは、失敗するリスクがありますので、しっかり計画を練っておきましょう。

我慢できない時は一刻も早く相手に告白したくなりますよね。でも自分勝手な人だと思われると困るので、告白するときは必ず相手の都合を聞いてから時間を作ってください。

「今度二人で話がしたいので、時間はありますか」と聞くようにしましょう。女性はいつでも、大切に扱われたい傾向があります。人を振り回す男性は、恋愛相手として失格になる存在になるでしょう。

脈ありかどうかもう一度確認する

脈なしで告白しないといけない時、きっと失敗するだろうという不安は心のなかにいつまでも残ったまま。

しかしこんな精神状態では自信喪失した人のようで、相手に魅力が正しく伝わらない可能性もあります。

少しでも自信を持って告白するために、もう一度脈ありかどうか次の点を判断して確認してください。

脈なしの可能性

女性の行動は時には男性が誤解してしまうこともあり、言葉遣いや態度だけでは脈ありかどうか判断が難しい場面があります。そんなときに意識してほしいのが、まずLINEの返信の速さがあります。

好きな人や気になる男性からのLINEならすぐに返信してくるのは、いつまでもLINEのやりとりをして近づきたいため。

もしLINEを送ってもなかなか返信が来ない、もしくは未読状態の場合は脈なしの可能性があります。

そして会話のなかで分かることが、脈なしの人だと話題が広がらないこと。相手がまったく質問してこない、楽しそうでなかったり話題が続かなかったりするという場合も、脈なしの可能性があるでしょう。

脈ありの可能性

女性が脈ありの男性にとる行動は、笑顔になること。好きな男性には好感を残したいために、視線が合ったり通り過ぎたりする時に、にこにこと笑顔を振りまいてきます。

そしてやたらと恋愛関連の話をしてくる女性も、脈ありの可能性が高いでしょう。好きな女性のタイプは?週末はなにしているの?という質問はかなり期待できます。

しかしなかには優しい女性も多く、恋愛対象ではない男性から食事を誘われても、断るとかわいそうなのでOKしてくれることもあるので、慎重な判断が必要ですね。

正直に気持ちを伝えよう

脈なしで告白するなら、失うものがなにもないつもりで男らしく相手にアプローチしたほうが素敵でしょう。正直に気持ちを伝えるには、次のポイントを意識したいですね。

必ず本人に会って告白する

告白する方法はLINEや電話、メッセージ、知り合いを介してなど様々な方法があります。脈なしの場合は、できるだけ相手にインパクトを与えたほうが成功率も高くなるので、必ず相手に会って告白しましょう。

女性も本人を目の前にしてきつい一言も言えませんし、表情や緊張ぶりなどで真剣度が相手にも伝わります。LINEで告白すると、なんとなくその程度の存在なのかとがっかりする人もいますので、告白する時間や場所などはあらかじめプランを立てておきましょう。

好きなところを具体的に伝える

脈ありの女性なら「好きです」の一言だけでも、それが相手にとっては聞きたい言葉のすべて。脈なしだと、まったく意識したことがない男性で、いきなり目の前に現れたらちょっと不審に思うこともあるでしょう。

そんな警戒心を取り除くためには、告白するときにどんなところが好きか、内面的な魅力をメインに伝えてください。

もちろん「笑顔が大好きです」という決め言葉も、忘れずにプラスしてくださいね。

プレッシャーを与えない

告白して相手がどんな返事をするか、当日までは想像できません。何とかしてOKしてもらいために、相手にプレッシャーを与えないようにしましょう。

たとえば「今、返事をください」など考える隙を与えないような態度では、相手が困ってしまいますよね。その場の雰囲気を正しく判断して、時間をかけて答えを出すように伝えてください。

失敗しても態度を変えないこと

失敗したらしばらくはショックで、モチベーションもすっかりなくなるかもしれません。あくまでも人を好きになるのは、自分の意思で告白も同様です。

万が一失敗したことを考えて、次のポイントも意識しておきましょう。

失敗しても相手の悪口を言わない

告白したのにきつい態度でフラれた、など後で友達に悪口を言っていることがわかったら、一生付き合うチャンスはないでしょう。

失敗しても二度目のチャンスがいつやってくるかわかりません。その日のために良い印象を残すことも忘れずに、絶対にフラれた後はネガティブなコメントは控えましょう。

いつも通りの態度で接して、できれば友達として付き合えるような心の余裕が大切です。

今度のチャンスに向けて自分磨きをする

フラれた経験は、決して失うことだけでなく、自分自身を再発見する貴重なチャンスになります。断られてもまだ忘れられない時もありますので、次回のチャンスに向けて早速自分磨きをはじめませんか。

ファッションセンスを磨く、エクササイズで体を鍛える、資格取得してキャリアアップするなど。

自分の人生に成功体験が増えるほど、男性はもっと魅力的に輝けるのです。そうすればお目当ての女性以外から、声がかかる可能性も高くなるでしょう。

まとめ

脈なしで告白したら、意外に成功したというラッキーな男性たちは、下準備をしっかり行い普段から好感を残すように努力しているのかもしれません。

自分の魅力を最大限に引き出せる人は、告白するときにも上手に相手に気持ちを伝えられます。

もし失敗しても、それで恋愛ができないわけではありませんし、新たな恋に向かって諦めずにポジティブになることが大事。

脈ありかなしかは、告白の成功率に影響を与えるのは間違いありませんが、何もしなければ可能性をつかむことは出来ませんよね。

Pocket