告白の仕方でお勧めしたいのはこの5つ!


告白の仕方は悩む人がとても多いですよね。告白の仕方によっては告白の結果が大きく左右されるとも言えます。でも今までアピールして積み上げてきた分を、告白の仕方によって台無しにしてしまったら…と考えると、告白の勇気が出ない場合も。

告白を考えている人や告白を失敗したくない、告白の成功率を上げていきたい、そんな人はぜひこれから紹介していくお勧めの告白の仕方を参考にしてみてくださいね。


タイミングをしっかりと見極めることが大切


告白の仕方を見ていく上にあたって、どの告白でも大切なポイントがあります。どの告白の仕方にも当てはまるのは、しっかりと告白をするタイミングを見極めなければならないと言うことです。

告白の仕方が良いものだったとしても、タイミングを見誤ってしまえば、一瞬にして成功率は下がってしまいます。

例えば相手が忙しく、今恋愛をしている余裕がない時や、何かにとても悩んでいる時には告白をしないほうが良いでしょう。仕事で忙しい、または深刻な悩みを抱えている時には、自分のことしか余裕がなくて、他人をかまっている余裕がありません。

それをわかっている上で告白をしてしまうと、無神経だと思われて振られてしまう可能性があるので注意をしましょう。告白のタイミングについては、相手の最近の様子などをよく観察しておくことが大切になります。

相手の様子をよく見ておけば、今が告白のタイミングとして最適かどうかが分かって来るでしょう。

直接会って告白する

告白の仕方の鉄板と言えるのが、直接会って告白をするというものですね。告白の仕方はいくつかありますが、その中でも最もお勧め出来る、成功率が高い告白の仕方であると言っても過言ではありません。

やはり女性は、告白の仕方の中でも直接告白されたいと憧れているものです。同時に告白の仕方は直接じゃないと誠意が伝わらない、軽い告白な感じがすると思われてしまう場合も。結果として告白の成功率が下がってしまう可能性があるでしょう。

直接会って告白をする際には、例えばデートの帰り際や、相手を呼び出してというのが一般的ですね。直接会う告白の仕方の中でも、公衆の面前で告白をするというサプライズ的な告白の仕方がドラマなどにはあります。でもよっぽど女性がその告白の仕方に憧れていない限りは、引かれてしまう恐れがあるのでやめておいた方が賢明でしょう。

電話で告白

告白の仕方の中でも次にお勧めなのが、電話で告白をするというものです。直接会うという告白の仕方をしたいと思っていても、お互いの都合がなかなか会わないと直接会って告白をするのは難しいもの。そんな時に選ぶべき告白の仕方だと言えるでしょう。

でも注意が必要なのが、電話だけの告白の仕方はあまり推奨出来ないということです。やはり直接会う告白の仕方よりも、誠意が伝わらない可能性があるでしょう、もし電話の告白の仕方を試す際には、「実際会った時にもう一度ちゃんと言いたい」と伝えると良いですね。

そちらのほうが真剣な思いだと伝わるため、相手も真剣に考えてくれるはずです。

直接会う告白の仕方を試すことにもなりますが、告白の真剣さを伝えるためにも勇気を出して直接の告白をするようにしてみましょう。

でも事前に電話で気持ちを伝えている分、自分自身の気持ちが楽な場合があります。そして相手もそれなりに理解をしてくれているので、こちらとしても緊張が軽減するでしょう。

LINEやメールで告白

告白の仕方で、電話での告白の仕方の次にお勧め出来るのがLINEやメールでの告白です。この告白の仕方は、かなり女性ウケが悪い場合もありますので、タイミングや相手との距離感、日頃からの女性への態度が告白の行方を変えていきましょう。

相手が忙しくない時や、女性と親密で日頃から女性に信頼されているなど、様々な条件がないと適当な告白の仕方だな…と思われてしまう恐れがあるのです。

この告白の仕方でも、誠意を精一杯伝える方法として、まずはスタンプなどを使わずにしっかりと伝えるということ、そして電話での告白の仕方同様に、直接会って改めて告白をしたい、と相手に伝えるということです。

やはり女性は直接会って告白をされたほうが何倍も嬉しいですし、この人なら大事にしてくれるかも、と思えるもの。少しでも告白の成功率を上げるためには、二度告白するというのもテクニックのひとつですね。

LINEでのやりとりに慣れている人は多いですから、LINEでの告白ならしやすいと思う男性は多いでしょう。でも男性が楽だと思う分、真面目な思いが伝わりにくいのがデメリット。

LINEの告白だけで済ませてしまおうと思うと、結果としてはうまくいきにくいですから、LINEでの告白は前振りのような告白の仕方にしておくと良いですね。「今までずっと言えなかったけれど…」と意味深な内容を送るようにしてから、会うようにすると、女性としては告白されるかも…とドキドキしてしまうでしょう。

告白の仕方はシンプルにストレートがベスト


告白の仕方を考えるにあたって、どんなことを言おうと悩む男性も多いと思います。よく女性向けのドラマを見ていると、ロマンチックな雰囲気の中で女性をときめかせえるセリフを使った告白の仕方を見ますが、それはあくまでドラマであって現実ではありません。ドラマのような演出は、俳優がやるからこそ良いのであって、それ以外では逆に引かれてしまう可能性が高いのです。

そこで告白の仕方はシンプルでストレートに!と徹底してみてください。シンプルでストレートに「好きです。付き合ってください」というくらいのシンプルさで良いのです。

もちろん簡潔に何故好きになったのか、ということを伝えたほうが告白の成功率も高くなるので、そちらもシンプルに伝えていきましょう。

よく長々と告白をしてしまう告白の仕方もありますが、女性からは面倒くさいと思われてしまう場合も多いので、なぜ好きになったか、今の自分の気持ち、これからどうしていきたいか、この3つについてシンプルにストレートに伝えていくのが、女性にとっても分かりやすい告白になるでしょう。

告白の言葉を考える時は、この3つを意識して考えるようにすると、ストレートでシンプルな告白をすることが出来るはずです。ストレートでシンプルに、でも熱い気持ちを伝えるのは難しい…と思うかもしれません。

でもいくつかのパターンを考えてみる中で、自分らしさを表現できる思いを込めた告白の言葉が浮かんでくるでしょう。

まとめ

告白の仕方でお勧めしたいものを5つ紹介してきました。告白の仕方は3つの種類が一般的であり、特にお勧めなのは直接会って告白をするという告白の仕方です。

他の告白の仕方にしても結果的に二度告白をする、ということになりますが、ロマンチックな告白を好む女性や大切さを特に伝えていきたいという女性には、あえて電話やLINEでの告白の仕方をしてから、直接会って告白をするという二段構えのほうが効果的な場合が多いでしょう。

今回紹介した告白の仕方を参考にして、意中の女性と付き合えるように告白の仕方について、じっくり考える時間を持つようにすることをお勧めします。今すぐにでも告白したい!という思いがあっても、一度は冷静になることが必要です。

冷静になったうえで、自分にとって最適な告白の仕方が分かってから告白をした方が、成功率はかなり高くなるでしょう。勢いだけの告白では、相手の心に響きにくい告白になってしまいますので、落ち着いて伝えることが大切ですね。

Pocket