足を組む心理に隠される女性の思いとは?

足を組む心理には、特別な意味があるのかどうか気になりませんか。ほとんど無意識でやってしまう足を組む瞬間、しかし女性のなかには意図的にやってしまう人もいるようです。

カフェですらっと伸びた綺麗な足を組みながらコーヒーを飲んでいる女性を見ると、素敵で思わず見とれてしまいますよね。

足を組むという行動は、自分をアピールするためのもので、それぞれの場面で異なる意味があります。

なんで今足を組むの?なんて不思議に感じることもありますよね。人間の心の奥にある様々な考えや気持ちは、自然と体に行動として表れています。

よく見かける、女性が足を組む心理。どんな意味が隠されているのか見ていきましょう。


足を組むのは心理行動?それとも癖?

足を組む行為は、誰にでも経験があると思いますが、頭のなかが真っ白の状態でも無意識にやっていることがほとんどではないでしょうか。

女性が足を組むときは、癖なのか心理的な意味がかくされているか、どうやって判断するか次のポイントを憶えておきましょう。

話題が変わったとき

友達同士でよくあるのが、会話の内容が変わったときや興味のある内容に変わった瞬間に足を組むことです。この場合は心理的な意味があり、気持ちを入れなおして話を聞こうとする態度と言えるでしょう。

たとえば恋人同士で話をしている時、彼氏がいきなり「話したいことがあるんだけど」と切り出し、彼女が足を組んで身を乗り出すことがありますよね。

これは精神的な動揺を示すもので、恋愛とは関係なく見られることがよくあるパターンです。

一人で頻繁に足を組みなおすとき

一人で本を読んでいる時やスマホを見ている時に足を組む人、やたらと組み直す人がいますがこの場合は誰に向けられたメッセージでもないため、癖で習慣的にやっていることです。

また足が疲れているので、無意識に楽な姿勢をとるために足を組む場合も。イスで上半身をストレッチ、背伸びをするなどリラックスしている行動があれば足を組むのは単なる体重のかけ方を変えているだけかもしれません。オフィスの仕事で疲れた時に、足を組む人も、癖でやっていることが多いでしょう。

いつも足を組んで座る

座るときに必ず足を組む人がいますよね。パソコンチェアー、電車の中、レストランなど、場所を問わずにいつもやってしまうのは、癖かもしれません。

ただそれは行動が癖になるだけではなく、足を組んで周囲に自分の存在をアプローチしたいという考え方が癖になっていることもあります。

たとえばクリニックの待合室、狭いスペースで足を組んで座っている人はちょっと周囲に迷惑が掛かりますよね。

こんな場面に足を組む心理は、マナーを知らない人なのかリスクを負ってまでも何かをアピールしたいのかもしれません。

感情的になっている時

イライラしたり、不安な気持ちだったりすると自然と足を組む心理が働きます。感情の起伏が激しい人は、癖というよりも心理的な意味合いが強いでしょう。感情表現は人それぞれで、言葉だけでできる人もいれば、態度に示して発散する人もいます。

足を組む心理も、そんな感情表現のひとつとして相手の気持ちを冷静に判断するべきなのでしょう。彼氏と言い争いになった彼女が、イスの背もたれに寄りかかり足を組む心理はとても怒っている心理状況の可能性が高いでしょう。

異性が近づいてきたとき

かっこいい男性が近くに座ったときや、気になっている人が自分のテーブルのそばを通りすぎるとき。こんなチャンスは女性がアピールしたくなる、ベストなタイミングですよね。

そんなときに足を組む心理は、自分を見てほしいというサイン。でも相手は気が付かずに通り過ぎてしまったら、少しショックを受けるでしょう。

ミニスカートをはいてもっと足を露出すればよかった…と後悔する人もいるかもしれません。好きな人の登場は、女性の心理状態が体にもはっきりと表れる瞬間なので、些細な変化も見逃さないことが大事ですね。

足の組み方で分かる心理状況

足を組む心理は、組み方によっても色々なことがわかります。ではどのような意味があるのかそれぞれの場面でご説明しましょう。

隣の人に上の足が向く場合

隣の女性の上の足が、男性に向いている時は快適にその瞬間を感じ、相手に対して気持ちがオープンになっている心理を示します。

食事をしたり、電車に隣同士で座っていたりする時など、気になる女性の足の組み方について方向にも注意してみましょう。

この心理は足を組む時だけではなく、足を揃えている時にも共通するものです。相手のほうにつま先を向けて座るのは、歓迎している意味があるでしょう。

好きな男性、気になる男性、もっと話をしてみたいと思う時には、足が相手方向に向いています。

隣の人とは違う方向に足を向く場合

隣の男性とは逆方向に向かって足を組む場合は、相手に対して不快な気持を抱いているサインです。実際にやってみるとわかりますが、足を逆に向いて組むと、隣の人には壁ができますよね。

この壁こそがその時の女性の心理を表しているもので、無意識に隣の人とは距離を置きたい行動なのです。

たとえば彼氏と口論になりいきなりくるっと体の向きを変え、つま先を逆方向に向けて足を組むとき。

また公園のベンチで座っている時に知らない人が来たら、いきなり逆向きに足を組む心理など、警戒している思いがあるのです。

色気をアピールしたい

気になる男性や異性から視線を集めたいときに、女性は意図的に自分の体を使ってアプローチしてきます。

足を組む心理はそんな女性の気持ちを表したもので、足を組んで男性をドキッとさせて注目をされたい意味があるのです。

バーのカウンター席で、とても綺麗な女性がひとりお酒を飲んでいるとしましょう。その瞬間足を組んで、華奢な足が見えたら男性達は一斉に視線を送ってしまうはず。

そんな魅力のアピール方法を知っている女性は、綺麗でしなやかに足を組んでいます。

女性からのこんなメッセージにも注意しよう

足を組むときの女性心理、次のような場合もありますので相手の気持ちを考えてあげる心の余裕を持ちましょう。

自分を守るため

腕で体を抱え込む場面と同じで、足を組む心理には自己防衛の意味があります。嘘がバレたら困る、相手に自分の弱みを見せたくなくないなど、こんな場面では足をしっかり組んで自分を敵から守っているのです。

体が自由になっているときは攻撃されない安心感がありますが、足を組む心理のようにがっちり固まっている姿勢は、見た目そのまま守りの姿勢といえるでしょう。もし彼氏が彼女に浮気の疑いをかけたとき、急に足を組んで向きを変えることがあったら隠し事の可能性があるかもしれません。

リラックスしたい

足を組む心理はリラックスしたい願望があり、その瞬間がとても緊張していることを示しています。たとえば大好きなスポーツ観戦、応援しているチームが負けるか勝つかという時に足を組む心理がありますよね。

この動きは緊張状態を緩和するために無意識にやっていること。こうしたほうがリラックスするから、という人が多いのです。

ドキドキする初デート、気になる人と二人だけで話をする瞬間など、緊張感をなくして安心したい女性の足を組む心理といえるでしょう。

まとめ

足を組む心理は、自分では知らない間に相手に色々なメッセージを送っていることがあります。女性から男性へのサインは、恋愛のきっかけになることもありますので、それ以外にどんなアプローチをしてくるか、広い範囲で判断してみましょう。

自分の目の前で足を組む女性がいたら、今何を考えているのか想像すると楽しくなりますよね。

 

こんな記事も読まれています。
女性からキス!その時の女性の心理とは?

Pocket