なんか寂しいと彼女が感じる5つの瞬間について

「なんか寂しい」と彼女がメッセージを送っている時に、彼氏は簡単に見過ごしてしまう場合があります。仕事の残業や友達の付き合いなどで、ふと考えるとあまり彼女と時間を過ごしていないことも。

彼氏と一緒に過ごせていない時の彼女は、一人でどうしていいか困っています。でも気がついた時にはもう遅く、彼女は楽しめることを自ら発見しているかもしれません。

女性にとっては、生活のモチベーションアップよりも彼氏のほうが大切だと考える人はとても多いもの。そしてそんな彼女の気持ちを、しっかり掴んでいない男性も多いようです。

それでは彼女が「なんか寂しい」と感じる時、見逃してはならないポイントをご紹介しましょう。


彼女が寂しく感じるのはこんな時

女性なら誰もが、次のデートの約束を待ちわびています。恋愛のおかげでいつも綺麗に輝いている女性たちは、幸せでも「なんか寂しい」と感じる時があるでしょう。

友達のカップルがうらやましい

女友達に対して、強いライバル意識をもつ女性はとても多いもの。自分のカップルと女友達のカップルを、何かと比較しています。

たとえば、友達のカップルが旅行に行った話を聞いた時。自分も行きたくなり、友達の話を羨ましく思ってしまいます。

「周囲のカップルがどんなデートをしているか」「彼氏にどんなプレゼントをもらったか」など。話を聞くたび、密かに対抗意識を抱くこともあるはずです。

自分たちが喧嘩した直後に仲のいい話を聞くと、周囲の幸せな人たちが羨ましくなり「なんか寂しい」と感じるのです。

彼氏がすぐに連絡くれない

彼氏からいつまでも返信が来ない時や、LINEのメッセージが未読のままの時。自分の存在を忘れられているような気持ちになり、なんか寂しいと思うことがあります。

連絡をこまめにとるのは彼氏の役目。「どんなに忙しくても、一言のメッセージくらいは送れるでしょ」というのか彼女の言い分です。

すぐに返信できない時は、その理由を連絡してほしいと思うのは当然。コミュニケーションの温度差は、二人の間に距離感を生む原因になります。

デートのキャンセルが続く

楽しみにしていたデートが、彼氏に仕事が入りキャンセルになることもあるでしょう。それが一度だけならまだしも、立て続けにキャンセルされると「なんか寂しい」と思ってしまう彼女。

彼女は「何よりも自分を優先してほしい」と、少しわがままになる時もあります。そんな時にうまく対処できない彼氏だと、次第に彼女が離れてしまう原因に。

友達と合コンへ行くなど、彼氏なしでの楽しみ方を発見してしまいます。デートのキャンセルをしたら、できればすぐに埋め合わせをしてデートを実行することがオススメです。

話が盛り上がらない

彼氏と一緒にいても以前のような刺激がなく、話が盛り上がらない時。「なんか寂しい」と感じると同時に、マンネリの気持ちが強くなっていきます。

長く付き合うカップルは、上手にマンネリを受け入れる点が特徴。その中でも、お互いに刺激を感じるような付き合い方をしています。

話が盛り上がらないのは、お互いに努力が足りないこともあるでしょう。もっと興味をもつためには、彼女の話に耳を傾けるだけでもよいのです。

「誰かに話を聞いてほしい」と女性が思う時に、一番に思い浮かぶ存在はきっと彼氏なのです。

将来が見えない

ずっと付き合っているけれど、まったく将来の話が出てこないカップル。「このままでは結婚適齢期を逃してしまいそう」と、彼女が不安になる瞬間があります。

こんな時期を迎えると、彼女は彼氏に対してやたらと結婚した友達の話をするでしょう。また将来についての話題を、それとなく振ってくることも。

彼女にとって結婚のできない恋愛は、いつか終わりが来るもの。将来の可能性を考えて「なんか寂しい」と感じる時があります。

結婚は、すぐには決断できないこと。そんな気持ちをうまく彼女に伝え、ストレスを減らしてあげることも大切ですね。

もっとかまってほしいサインをキャッチしよう

彼女が「なんか寂しい」と感じる時は、彼氏に対して色々なサインを送っています。それに、できるだけ早く気づいてあげることが大切。彼女にいつも幸せでいてもらうためには、次のポイントを意識するとよいでしょう。

すぐに会いにいく

もし彼女から「寂しい」とはっきりアプローチされた場合。よほど我慢しての場合もあるので、できるだけ早く対処するべき。

「今すぐ来てほしい」という女性の気持ちを理解して、少しの時間でも彼女に会えるように工夫してみましょう。

「仕事の合間」「昼休み」など、たった30分でもよいので会うようにしてください。でも実際には、すぐに来てくれる男性というのは少ないかもしれません。

彼氏がどこまでわがままを聞いてくれるのか、彼女は愛情の深さをチェックしているでしょう。

将来についての話題が増える

将来の二人は、どのようになっているのでしょうか。まったく先が読めないと「なんか寂しい」と感じる場合もあるでしょう。

いつか別れが来る恋愛だとしたら「心の傷が深くなる前に、早く別れたほうがよい」と思う人もいます。

彼女が将来の話をし始めた時は、不安を抱いているサイン。しかしその場では、今すぐ決断できないこともあるでしょう。

そのためこんな場面では、彼女が抱く将来の希望などをしっかり聞くこと。具体的な計画でなく、彼氏が将来を考えているかどうかが気になっているのです。

連絡をしなくなる

彼女が「なんか寂しい」と感じている時は、恋愛に対するモチベーションも低下。彼氏に対しても、自分からは連絡をしなくなります。

「どうでもいいや」と投げやりになってしまうと、彼女は積極的に別の方向へ行ってしまうことも。

忙しくて会えない彼氏よりも、いつでも一緒にいられる人は理想的です。彼女から連絡が来なくなったなら、危機感を感じるタイミング。なるべく時間を割いて、彼女が喜ぶことを計画しましょう。

電話で声が聴きたい

「仕事で残業が続く時」「出張でしばらく会えない時」など、彼女はひとりで寂しさをこらえている時があります。

こんな時に彼氏は、自分のことだけで精いっぱいになっています。彼女の気持ちに気がついてあげられる余裕がないことも。

しかし女性としては、はっきりと態度に出して愛情表現してほしいのです。しばらく会えない時は、電話で声を聴くようにしましょう。

仕事中で忙しいはずなのに、彼氏がタイミングを見て電話をしてくれること。彼女の心に感謝の気持ちも湧き「愛されている」と感じるはずです。

彼女に寂しいと言われて男性が思うこと

彼女に「寂しい」と言われたら、男性としてはどんな気持ちになりますか。男性がその時に思う、次のことを見ていきましょう。

うっとうしいと感じる

あまりにも寂しがりの女性だと、彼氏としては「うっとうしい」と思うことも。友達と一緒に出かけたり、一人で時間を過ごしたり。「もっと自分で考えてほしい」と困ってしまいます。

申し訳ないと思う

彼女を寂しい気持ちにさせてしまうのは、自分のせい。そう思うと、彼女がとても可哀想になり申し訳なくなります。

嬉しくなる

彼女の寂しがる様子を知ると「自分はとても大切にされている」と思う男性。「頼られている」と感じ、嬉しくなることもあるでしょう。

寂しい気持ちを伝えるのは、よほど相手を信頼しているから。そんな彼女の姿が、さらに可愛らしく見えてきますよね。

なんか寂しいと彼女が感じる5つの瞬間まとめ

ざっくりまとめると

  • 友達のカップルがうらやましい
  • 彼氏がすぐに連絡くれない
  • デートのキャンセルが続く
  • 話が盛り上がらない
  • 将来が見えない

「なんか寂しい」と彼女が訴えてきたら、まずは二人でデートをしてあらゆる気持ちを正直に話し合いましょう。

どんな時でも、カップルはコミュニケーションが大切。離れていてもうまくいくカップルもいるので、心がいつもにそばにいるような恋愛をするとよいでしょう。
女性にとっての恋愛は、とても大切なもの。その点を意識しておくと、寂しい思いもなくなるはずです。

 

こんな記事も読まれています。
わがままを言う心理と女性への対処方法について

Pocket