孤独に強い人になるために!意識しておきたいことは?

孤独に強い人になるためには、どのような経験をすればよいのでしょうか。「友達は多いほうがよい」「恋人がいるのは幸せなこと」という価値観をもっている人は、世の中に多く存在します。

「Facebook」「Twitter」などのSNSでは、友達の数が多い人ほど人気があるような印象を受けますよね。

そんな世の中では、一人だと寂しいと感じる瞬間がよくあります。しかし孤独に強い人になれば、無理やり友達を作ったり恋人を求めたりするストレスもありません。

知り合いが多いと、あらゆる場面で助けてもられるメリットはあるでしょう。しかし人間関係が複雑になり、精神的な面で辛い体験をすることもあるはずです。

孤独を感じることは、決して悪いことではありません。孤独に強い人になり、満足した生活を送ることが大切でしょう。それでは早速ですが、孤独に強い人になれる方法をご紹介します。


孤独のメリットとデメリットを考えてみよう

孤独に感じることは、人にどう思われるか不安になったことはありませんか。たとえばグループの中で、自分一人だけ孤立してしまう時。

嫌われているわけではないけれど、集団の輪に入れないことがありますよね。孤独でいることは、悪いことなのでしょうか。まずはメリットとデメリットについて考えてみましょう。

孤独は自由で過ごせる魅力がある

孤独に強い人になるには「孤独」がもつメリットを知ることが大切です。友達がいないと心細く感じる人は、気の合わない相手がいてもグループに属していないと不安に。

また大勢で行動していると、他の人の意見に振り回されてしまうこともあるでしょう。たとえば、大勢の友達と一緒に飲みに行く時。

もし10人いたとしたら、それぞれが違う意見を言いまとまりがつかなくなります。孤独のメリットは自由で、周囲の顔色を伺うストレスがないこと。いつも自由でいられ、自分のやりたいように過ごせます。

人間関係のストレスがなくなる

人間関係のストレスは、精神的な苦痛を招くほど深刻です。孤独に耐えられず、やがて精神トラブルを負う人もいるでしょう。

それほど私たちは、見えないプレッシャーを周囲の人から受けているのです。孤独に強い人になると、無理な人付き合いをしなくなります。

そのため人間関係に関わる、余計なストレスがなくなるでしょう。信頼できる人だけに付き合いを限ると、あらゆる問題もなくなり快適な人間関係を築けます。

孤独でいるということは、ネガティブなイメージをもちやすいこと。なるべく解釈の仕方を変えて、メリットを意識することも大切です。

周囲の評価に振り回されなくなる

周囲の評価を気にする人は、SNSで出会った知らない人でもとにかく友達を求めます。自分が人気者のように、周りにアピールしたくなるのです。

周りの視線を気にする人は、一人でいることをとても嫌うでしょう。「友達がいない人」と思われることに、強い不安を感じています。

しかし周囲の評価や視線を無視できると、ありのままの自分で過ごせるようになるのです。孤独が怖いと感じるのは、周囲の視線が怖いからでしょう。

やることがなくて暇なデメリット

孤独のデメリットといえば、暇な時間に一人だとやることがなくて困ってしまう点。一人で過ごすのは実は至福の時間で、自分で好きなことがなんでもできます。

しかしそんな魅力を感じられない人は、常に誰かと一緒でないと楽しめず単独行動ができません。週末に暇だなと感じた時、孤独が寂しく感じられることもあるでしょう。

価値観が偏ってしまう

一人でいつも過ごしてしまうと、他の人の考え方や意見交換ができず自分の価値観が偏ってしまう恐れがあります。
柔軟な考え方をするためには、色々な人とコミュニケーションをとることが大切。孤独に強い人になり、さらに自分を磨くためには適度な交流が必要になります。

意見が対立する相手からは、何かしら学ぶことがあるはずです。快適さを追求しながらも、自分の価値観は幅広く対応できるように意識しましょう。

孤独に強くなるために大切なこと

孤独に強くなるためには、どうしたら良いのでしょうか。孤独は一人になることではなく、周囲と自分を切り離して生活することです。

そのためには、次のポイントを考えて孤独に強くなるようにしましょう。

自信をもつ

周りが楽しそうに食事をしているところで、自分一人だけが寂しく食事をするのは恥ずかしいと感じる人がいます。

その理由は自分の周囲に誰もいなくて、人気がないと思われるから。また「友達ができない理由がある」と思われる不安があるからです。

その不安は知らない間にコンプレックスになり、孤独は悪いものだという意識が植えつけられてしまいます。

無理して人付き合いをしたり、人間関係のすべてを拒否したりするようになってしまうのです。そんな不安を抱くときは、自信をつけることが最初のステップ。「筋トレ」「趣味」など、自分の可能性を広げてくださいね。

一人の時間を楽しむ

「孤独は「孤立している」ということ」と捉える人が多いでしょう。しかし「孤独」と「孤立」は、決して同じことではありません。

孤独はひとりでいることで、孤立は寂しいと感じる状況のこと。そのため孤独に強い人になるという意味は、一人の時間を楽しめる人間になるということなのです。

「どこかで食事がしたいけれど、一人ではちょっと…」と思うことも。一人の時間を楽しむためには、少しだけ勇気が必要なこともあります。

いつも友達としていることを一人でする場合は、不安があるのは仕方がありません。しかしそこで勇気を出せば、後はどこでも一人で行動がとれるようになるでしょう。

瞑想をする

メンタルトレーニングとして人気がある「瞑想」。孤独に強い人になる場合も瞑想をうまく取り入れ、自分の意志を強く持ってください。

瞑想にはストレスや不安を解消する効果が期待でき、本当に自分が求めているものを発見できるのです。

孤独というのは誰もがある瞬間に、必ず味わうもので決して悪いことはありません。そんな現実を冷静に受け止めるためにも瞑想の習慣を作り、自分自身を大切にする心構えをもちましょう。

自ら孤独を選択できる人になろう

孤独に強い人になるには「孤独にさせられた」という強迫観念をなくして、自分から孤独を選ぶ勇気が大切です。そのためには次の点を意識して、精神力を高めてくださいね。

心や身体にあまり集中しないこと

普段から、心や身体にあまり意識を傾けすぎると、少しの変化に敏感になりすぎてしまいます。

そのため、体調が悪いのでは…と不安になったり心が弱っているような気持ちになったりするでしょう。

あまり鈍感すぎるのは問題ですが、敏感になりすぎることで孤独を感じやすくなるのです。そのため、客観的に自分自身を見る心の余裕を持つと、結果として身体に対しても余裕を持つことができるでしょう。

一人の幸福を考えよう

孤独に強い人になるためには、友達がたくさんいても恋人がいたとしても、一人の時間を選択できる人生が大切。「一人で過ごす時間の重要さ」「自由」「満足感」などを意識しましょう。

孤独にならなければ得られない、大切な気持ちがあります。その幸福だけを意識すれば、グループの中から一人だけが貴重な時間を選択できるのです。
人の意見に流されてしまうことなく、一人の間は正しく物事が判断で、き自分に一番よい環境作りができます。

孤独に強い人になるためにまとめ

孤独に強い人になるためには生活にルールを作り、自分の意志をもちながら人付き合いをすると良いでしょう。

「孤独な人は友達ができないから」と考えるよりも「孤独は素敵」「自由な空間が欲しい」と思えるようになることが大切です。「一人」を耐えようとせずに、楽しむ気持ちを持つことで、大きく考え方が変わっていくでしょう。

 

こんな記事も読まれています。
会えない時間が二人にとって大切な理由とは?

Pocket