伏し目がちの心理を知って相手との距離を縮める方法


伏し目がちの心理を知っておくと、相手と効率よく距離を縮めるヒントになるものです。しかし、伏し目がちの心理は簡単にわかるものでもないので、伏し目がちの人がいたとしても、どんな心理状態なのか、どんな距離の縮め方をすればいいのかわかりにくい時も。

そこで今回は、伏し目がちの心理と、相手との距離の縮め方を紹介していきます。伏し目がちな人の心理を知りたい、距離を縮めたいという人はぜひ注目していきましょう。


伏し目がちには恋愛の心理が隠されていることが多い

伏し目がちの心理には、恋愛心理が隠れていることもあります。もし異性が自分に対して伏し目がちの表情をよく見せるのであれば、それは好意のサインの可能性が高いと言えるのです。

そこでまずは伏し目がちの中に、恋愛心理が隠れている場合の特徴や心理を見ていきましょう。

・目を合わせるのが恥ずかしい


伏し目がちの恋愛心理には目を合わせるのが恥ずかしい、というものがあります。これは男女共通してあることですが、好きな人や気になる人を前にしてしまうと恥ずかしさから好きな人の目を見ることが出来ないもの。結果として伏し目がちになってしまうというのはよくあることですよね。

もし相手が伏し目がちでいながらも、会話を楽しもうとしていたり、他にも好意的な言動や振る舞いが見られたりする場合には、恥ずかしいという恋愛心理から伏し目がちになっていると考えてみても良いでしょう。

相手の精いっぱいの思いを理解してあげるためには、心の余裕を持つことが必要なのです。

・魅力的に見られたい

伏し目がちの心理には、相手に対して魅力的に見られたいという心理から、あえて伏し目がちになっているというものも。

確かに伏し目がちはセクシーで色っぽく、どこかミステリアスな雰囲気が漂う仕草の一つですよね。

それをわかっているからこそ、好きな人や気になる人に魅力的に見られたいという心理になり、アピールをしていると言えるでしょう。

相手に気が付いてほしい思いから、伏し目がちになるだけではなくて他のサインも見せるようにしているはず。

伏し目がちの仕草の他にも、好意的な言動や振る舞いが見られるはずなので、よく観察して見極めていきましょう。

・意識をこちらに向けたい

伏し目がちの心理には、相手の意識を自分に向けたいという心理もあります。これは恋愛だけではなく人付き合いにも見られる心理なので、その人が自分に対して普段どんな振る舞いをしているかによって、見極めてみると良いでしょう。

伏し目がちになっている人を見ると、その人に対して何を考えているのだろう?と気になってしまうものですよね。

そんな相手の心理がわかるからこそ、あえて伏し目がちになり、自分に注目がいくように心理を操作しているのです。

意識を向けるための方法についてよく把握をしている人もいれば、とりあえずこれしか方法がない…と思ってしている場合があるでしょう。

伏し目がちは相手に対して興味がない意思表示の場合もある

伏し目がちの心理には、相手に対して興味や関心がないという意思表示の場合もあります。

恋愛心理とは全く違う心理でもあるため、間違って見極めてしまうと思わぬ誤解や精神的なダメージを負うことになるため注意をしましょう。

・話の内容に興味がない

伏し目がちの心理には、話の内容に興味がないというものもあります。これはあからさまに表情や態度に退屈さや興味のなさが醸し出されているため、見極めるのはそう難しいものでもありません。

人は会話の内容に興味がない時に、さりげなく会話に興味がないとアピールするにはどうすればいいのだろうと悩むものです。
そんな意思表示の一つが伏し目がちという仕草であり、相手と目を合わせないことによって話の内容に興味がなく、退屈であるという強い意思表示をしようという心理が働くのです。

相手に対して気づかせたい思いがあるので、できるだけわかりやすく…と思い行動をするパターンもあるでしょう。

・考え事をしている

伏し目がちの心理には、考え事をしているというものもありますよね。人によって、考え事をすると伏し目がちになるという人もいて、そんな人の場合には考え事をしている時に伏し目がちになることが多い場合も。

こういう時には、会話をしていても上の空であったり、返事が空返事だったりするものです。考え事をしているか、または退屈という心理の意思表示の可能性が高いと言えます。

・関わりを拒絶している

伏し目がちの心理には、相手とこれ以上仲良くなりたくない、接したくないという関わりの拒絶という心理もあります。

相手に対して良いイメージを抱いていないので、強くそれを表現出来ない場合に出てしまうので伏し目がちになるのでしょう。

実際に相手が伏し目がちになっていて、会話もあまり続かない状態だと、もしかしたら相手は自分といるのが楽しくないのかな?と思えてしまうものです。

そういった心理を簡単に想像出来るからこそ、伏し目がちになり拒絶の心理を表しているのでしょう。気がつきやすい場合が多いので、高揚をしすぎずに冷静に相手を見るようにしたいですね。

伏し目がちの心理を知って距離を縮めるコツ

伏し目がちの心理をいくつか紹介してきましたが、気になるのは心理別の距離の縮め方ですよね。

伏し目がちの心理がわかったとしても、距離の縮め方がわからなければ意味がありません。そこでいくつかの心理に基づいた、距離の縮め方を見ていきましょう。

・伏し目がちが恋愛心理からくるものなら、少しずつ距離を縮める


伏し目がちが恋愛心理からくるもの場合には、少しずつ相手と距離を縮めていくことを意識しましょう。

特に目を合わせるのが恥ずかしそうなシャイな人が相手の場合には、急に距離を縮めてしまうと怖がらせてしまう恐れもあるのです。

少しずつ距離を縮めていくためには、伏し目がちの相手に対して優しく声をかけてみたり、連絡先を交換してみたりするところから距離を縮めていきましょう。
最初は難しいと思うかもしれませんが、案外上手く距離が縮まりやすいのでおすすめです。

・退屈そうな場合は話題を変えよう

伏し目がちの心理で相手が退屈そうな雰囲気を出している場合には、会話の内容を変えるか、一旦会話を終わらせるのが良いでしょう。

退屈だという心理が相手から出ていたとしても、自分に対して嫌な印象を抱いていないのであれば話題を変えると会話が盛り上がることもあります。

また、伏し目がちになり考え事をしている様子なら会話を続けてもあまり意味がないので、会話を一旦終わらせて様子を見ると良いでしょう。

・伏し目がちで拒絶の心理が出ている時は、無理に近づかない

伏し目がちの心理が明らかに拒絶を感じさせるものだった場合は、無理して近づかないようにしましょう。伏し目がちになりながらも拒絶をするということは、無理をして近づいてしまうと余計に心理状態が悪化してしまう可能性があります。

まずは時間を置いて、頃合いを見て少しずつ距離を縮めていくようにしましょう。

まとめ

伏し目がちの心理は見極めることがとても大切です。見極め方を誤ってしまうと、一気に相手との関係が悪くなる可能性もあるでしょう。

そうならないように今回紹介した伏し目がちの心理、そして距離の縮め方を参考にして、相手との距離を縮めていくようにしたいですね。

相手の表情から読み取るためには、穏やかな気持ちで相手を観察することが必要になります。好きな人から冷たい態度をとられると落ち込んだり悩んだりすることも。

でも時間が経過すれば態度が変わってくるケースもありますので、諦めずにやりとりをしていくようにしましょう。

こんな記事も読まれています。
好意がある!と女性を見ていて確信する7つの時

Pocket