デート前の連絡についての6つの女性心理を知っておこう


デート前の連絡をするべきかどうするか、迷った経験はありませんか。当日の待ち合わせ場所もすでに決まっているし、特に連絡することもないように思う気持ちもありますよね。でもここが女性の思いを動かす大切なポイント。デート前の連絡があるかないかによって、女性が受け止める印象が異なってしまいます。

でもデート前に連絡するなんて、ちょっと必要以上で逆に嫌われてしまうのでは…と不安になる場合も。そこで恋愛上手になるための技として、デート前の連絡がなぜ必要なのか女性心理について見ていきましょう。


デートを楽しみしている様子がわかる

デート前の連絡をすると、女性から好感度がアップするといわれています。今日約束して明日会う、といういきなりのデートならいいのですが、たとえばデートの約束を1週間前にしたとしましょう。

当日までなんの連絡もないと、約束を忘れていないか相手が不安になる可能性があります。でもデート前に簡単なメッセージを入れるだけでも、男性がとても楽しみにしている状況が伝わるため、女性もチベーションがアップするのです。

「明日の予定は変更ありませんか?」などそれとなくLINEなどのメッセージだけでも入れるようにしておきましょう。デートを楽しみにしている女性なら、楽しみにしています!と返信が来るかもしれません。

あまり義務的になるよりも、自分からも明日会えるのを楽しみにしている気持ちをメッセージに込めると、より明日のデートが盛り上がるようになるでしょう。

約束を守る人だと思われる


デート前の連絡は、約束をしっかり守る人で時間にも遅れずきっちりした性格という印象を与えます。段取りが良いため、きっと仕事でもいい成績を残せる人なのでは?と女性が期待する瞬間かもしれません。

まだよく知らない相手の場合は、デート前にやり取りを頻繁にしてしまうと、当日話題がなくなるという不安があります。そんな緊張感がある場合はLINEで絵文字やスタンプなどを送り、簡単なメッセージを伝えるのも良いでしょう。

何もしないで当日を迎えるよりも、実効性が高い人であることをアピールしてください。約束を守る人は、誠実で信頼できると女性から思われるので、かなりポイントアップにつながります。

約束を守る人は、相手の気持ちをよく理解して大切にしようとしているイメージがありますよね。そのため、こういう男性とならデートも楽しみ!と女性としては思うのです。

ドタキャンがしにくくなる

男性からデートに誘われて、本当は嫌だけど断れなかった経験のある女性もいます。当日になるとかなりデートが面倒になり、ドタキャンしてその場をしのいでしまう人も少なくないでしょう。

デート前の連絡、ドタキャン予防としても効果がありますので、前日までに必ず相手の都合確認をしておきましょう。もしかしたら自分からキャンセルを言い出せなくて困っているかもしれません。

何時間も待ち合わせ場所で待ちぼうけするのは辛いので、デート前の連絡で相手が必ず来るかどうか、詮索しておくことも大切。女性にしてみると、連絡をもらうと逆にドタキャンがしにくくなるでしょう。

せっかく事前に連絡をくれるような真面目な人だから、会う価値があるかもしれないと気持ちが変わる場合もあるのです。女性の心理は変わることが多いです。さっきまではドタキャンしようかな…と思っていても、男性の態度により変わる場合も。

そのため、ドタキャン予防としてでもデート前には連絡をしておくようにすると、女性は裏切るようなことは出来ない…と思うものなのです。

待ち合わせ場所の確認の目的

楽しみにしていたデートが、待ち合わせで失敗するとそのあとのテンションが下がりっぱなしになりせんか。そんな状況を避けるためにも、デート前の連絡で待ち合わせ場所について必ず再確認をしておきましょう。

これなら相手が遅刻する言い訳もできなくなりますし、女性は自分のために心配してくれると好感度をアップさせるきっかけになるでしょう。

もしデート前に連絡をしても返信がこない場合は、当日にもう一度連絡を入れてみましょう。それでも返信が来ない場合は、相手が来る気持がない可能性も。でもデート前に待ち合わせの確認をしておくということを、ある程度習慣づけるようにすると相手から逆に連絡をくれることもあります。

相手としても、いつも連絡をもらうのは悪いのではたまには私から…と思うようになるのです。それまでの恋愛はもっと適当だったという女性でも真面目な男性に出会い、自分も真面目な性格に変わるのは、十分あり得ることです。そのうえで相手を大切にしようとするようになるでしょう。

思いやりがある人という印象を残せる


デート前の連絡は、デートを失敗させない為に大切なこと。自分にとっても色々なメリットがあります。待ち合わせで会えないことを防ぐ、時間に遅れない、相手がどれぐらい楽しみにしているかなど、あらかじめチェックができるでしょう。

さらに女性側から見ると、デート前に連絡をくれる男性はとても思いやりがありきちんとしたマナーがある人だと思われます。仕事も同様ですが大切なことは事前の下準備が必要.に。

少しでも好感度をアップさせるためには、些細な行動が結果を左右することがあります。早く会いたいという気持ちがわかるような連絡をすると、さらに相手もワクワクすると思います。会いたい思いを伝えることも出来ますので、デート前の連絡は自分のメリットも含めて、しておいた方が良い場合が多いのです。

到着メールを送って安心させる

待ち合わせで実際に会えるまでは、本当に相手が来るか、場所を間違えていないかドキドキの連続ですよね。もしかしたら相手も同じ気持ちでいるかもしれませんので、先に到着した場合は、必ず待ち合わせ場所についたことをLINEなどで報告しましょう。

すべて段取りが必要ですから、楽しいデートをするためには最初の出だしが肝心です。お互いに待たされすぎて、イライラした状態でデートするのは嫌なものですよね。そのためにもデートが始まる直前まで、必要なことは必ず相手にLINEを使ってコミュニケーションをしましょう。

相手が無事に待ち合わせ場所に着いているか、それを心配してあげるように見せるのも、優しい男性として好感度を上げられるでしょう。

まとめ

デート前の連絡はあまりしつこくしない点もポイントです。女性としては、追いかけられている印象を受けると、男性の立場が悪くなってしまう可能性もあるでしょう。ほどほどに自分がリードできるような姿勢をアピールすると良いですね。

デート前はできるだけ盛り上がりすぎないように、必要事項の連絡程度にすると安心です。約束をしっかり守るためのマナーですから、好感度を上げるためのチャンスとしてうまく利用すると良いですね。

デートの前の連絡について、面倒と思う気持ちもあるかもしれませんが、基本的にはメリットの方が多いですから、どうしても連絡できない時以外は連絡をするようにしてみましょう。相手としても、この人はいつも連絡をくれるから信頼できる…とホッとするのです。

自分とのデートを大切にしてくれていると感じる女性は多いですから、自分もその気持ちに応えられるようにしよう!と思う女性は多いでしょう。

二人の関係をより良いものにするためにも、デート前の連絡を上手に出来るように自分なりの工夫が必要です。

Pocket