恋人と会う頻度に悩む…その5つのわけ


恋人と会う頻度が多すぎるか少なすぎるか、ふと不安になることってありませんか。好きな人なら会いたい時にいつでも一緒にいたいと思うのが、自然な気持ちです。でも会いすぎるとマンネリしそうで怖いですよね。

恋人と会う頻度は、カップルそれぞれが違って当たり前。でも周囲と比べると何かが違う気持ちになる時もあるでしょう。恋人と会う頻度には正確な決まりがありませんから、判断基準がなくて悩んでしまうカップルは多いのです。

では恋人と会う頻度で困る5つの理由について、見ていきましょう。頻度によりどのようなことが変わってくるのでしょうか。


会いすぎてすぐに飽きてしまう不安

恋人と会う頻度で悩むのは、いつまでも長く付き合いため。でもデートを続けるうちにちょっと不安になる時期がありますよね。好きだからどうしても我慢できなくて会いたい時にすぐ会ってしまうカップルは、短期集中型で一気に盛り上がり、徐々にモチベーションが下がる傾向があります。

知り合った時はもっとお互いを知るためにも、できるだけ二人の時間を多く持ちたいと思いますが、無計画に会っているとすぐにマンネリカップルになってしまう恐れがあります。

デートでどこに行ったらいいかわからない、やることがなくてつまらないという雰囲気を感じるようになったら、少し恋人と会う頻度を減らしてみるのも良いでしょう。

会いたい気持ちをあまり我慢し続けるのは良くないですが、あまり会いたいと言い過ぎるも、相手にとって負担になる可能性もあるのです。自分にとって会いたいと思っても、相手にも都合があると考えると、相手に都合についても考える心の余裕が必要になると言えるでしょう。

会う回数が少なくて距離感がでてしまう


恋人と会う頻度はお互いのライフスタイルによっても違いますので、仕事が忙しくて会いたくても会えないなんて状況もよくあります。会う回数が少なくなると、女性はとても不安になり、いつまでも我慢して待つことができる人と楽しみを行動的に探してしまうタイプがいるもの。

彼氏から忘れられてしまい、寂しい思いをしていると二人の関係がうまくいかなくなる可能性がありますよね。会いたくても会えない時はメールやLINEを使ってコミュニケーションをとってください。

カップルのなかには遠距離で年に数回しか会えなくても、いつもつながっている人達もいます。寂しくて会いたいと思った時は、正直な気持ちを恋人に伝える習慣を作りましょう。会える時には会っておいたほうがいいという考え方もあります。急に忙しくて全然会えなくなるようなこともあるのです。今はいつでも会えるから、あまり合わなくてもいいかなと思っていても、どのようなことが起こるかは分からないもの。

そのため、会えることが少ないような状況は出来るだけ避けるようにして、会える時には会うようにしてみるというのも、ひとつの方法でしょう。

金銭的な不安

デートは人気のスポットに行ったり、二人で食事したり旅行をするなど、恋愛するにもお金がかかりますよね。毎回男性がデート代を払っているカップルは、長続きしない傾向があるとも言われています。

割り勘も時にはするべきで、お互いに負担をかかえながら楽しいデートをすることが必要に。恋人と会う頻度が気になるのは、お財布の中身が心配になる時。そんな場合は正直に相手に伝えてお金をかけないデートをしたり、会う回数を減らしたりするなどの工夫するのも良いでしょう。

交際を長続きさせるためには、一緒にいることが負担にならないことが大切です。それは愛情問題だけではなくて、金銭的な面も影響を与えますのでオープンに話し合える関係にすると良いでしょう。

これを素直に伝えると、相手が離れていってしまうのでは…と不安に思う男性もいるかもしれません。でもこれが理由で離れるということは、最初からお金目当ての女性だった可能性があります。

早めにそれが分かって良かったと割り切ることが必要に。もし金銭的なことで悩んでいると伝えて、時には「今後のデートは私が御馳走するね」と気を使ってくれるような女性なら、これからも仲良く付き合っていけるでしょう。

一人の時間が充実しない

恋人と会う頻度が多くても少なすぎても、自分一人の時間が充実しません。恋愛がうまくいってこそ、自分の為に使う時間がとても価値のあるものになります。なんとなく満足できない生活が続く時は、まずデートの回数を見直すべきかもしれません。

恋人にもっと好きになってもらうためには、自分磨きをしてさらに魅力いっぱいになることが大切。デートばかりで自分の時間がない、一人の時間がありすぎて持て余してしまう、そんなバランスが悪い時は、自分の生活スタイルを充実させることが大切です。

たまには友達と出かけたり家族と一緒に過ごしたりするのも重要ですね。価値観が似たもの同士でないと、温度差を感じる場合もあるかもしれません。この件についても、早い段階で話すようにしてみると、価値観の違いがはっきりすることもあるでしょう。

あまりにも価値観が違って、譲歩し合えないと思う場合はここで付き合うことについて、見直してみる必要があります。でも相手の価値観に寄り添える面があるのなら、思い切ってそうしてみましょう。

一緒にいても居心地がよくない


最近なんとなく恋人とうまくいかないと感じることはありませんか。デートしていても居心地が悪くて、昔のようなドキドキした関係がない時。そんな場合は恋人と会う頻度を変えて、新鮮な関係を修復しましょう。

いつまでダラダラしたデートを繰り返すと、マンネリしてどちらかが違う方向に行ってしまう可能性があります。デートしすぎなのかそれとも足りないのか、不安になった時は周辺のカップルを参考にするのもひとつの方法です。

一般的には週に1回のデートが多いといわれていますが、それでも多すぎると感じる人もいますよね。二人が同じレベルで居心地の良さを感じる為には、一緒にデートの頻度を相談すると良いでしょう。

自分のペースを押し付けるのも良くないですが、相手のペースに合わせすぎて自分が疲れてしまうのも、あまり良くありません。そのためお互いによく話し合う時間を持つことが必要なのです。

これを一度でもしておけば、これから先の二人の付き合い方も良い方向に変わっていくでしょう。

まとめ

恋人と会う頻度を気にせずに、自然と会える関係が一番理想的ですよね。会いすぎなのかそれとも会う回数が少なすぎるのかは、周りが判断するべきことではありません。

二人が幸せに付き合っているならば、それで会う回数は正しい場合が多いのです。長続きするカップルは、二人のルールを守り、決して周囲に振り回されることがありません。

そんな強い絆を持っていれば、会う頻度も自然と定着してくるでしょう。不安な時は会う頻度を変えて、二人の関係にどのように影響するかチェックしてみましょう。

会えない時には、LINEや電話などで連絡を取り合うようにしておくと、会えなくて辛い思いを軽減させることができます。そして会えなくても愛情をお互いにしっかりと持っていると分かるので、結果としてラブラブカップルでいられるのです。

時にはメッセージや電話などで、愛情の言葉を相手に伝えるのも必要に。愛情の言葉が欲しいと思っていても言えない女性は多いもの。そのため、男性の方から照れながらも伝えると、女性からも同じ様に愛情の言葉が返ってくることは多いでしょう。

Pocket