彼女に冷めた…と思ってしまった5つの時


彼女に冷めた…と思ってしまった瞬間ってありますか?いくら大好きな彼女だったとしても、いつしかその愛が冷めてしまい、彼女に冷めたと自覚をしてしまう時がありますよね。

彼女に冷めたと思ってしまうと、別れを当然意識するようになりますし、それがきっかけで実際に破局をした経験がある男性も少なくないでしょう。
彼女に冷めたことがないという人や、どんなタイミングで彼女に冷めたと思うのか気になる人は是非チェックしてみてくださいね。


悪口ばかりを言っている時


彼女に冷めたと思ってしまった時、それは彼女が悪口ばかり言っているのを目にした時ではないでしょうか。悪口は彼女に限らず、言い続けているのを見ると嫌な気持ちになってしまいます。その人の性格の悪さを感じてしまいますよね。

彼女がちょっとした悪口を吐くというだけではなくて、頻繁に悪口ばかりを言っていたり、むしろ話題が悪口ばかりだったりした時には、冷めてしまうのも当然ですよね。

また自分を棚に上げて悪口を言っていると思ってしまった時には、どんなに愛情を持っていたとしても、冷めてしまう男性は多いでしょう。悪口を言うことでストレス解消をしているのを見ると、理解したくても出来ない…と思う男性も。

男性はどちらかというと、悪口を言うことでストレス解消をしたりしませんよね。そのため女性の心理を理解しづらいのです。

口だけで行動に移さない時

彼女に冷めた瞬間は、口だけで行動に移さない時を目撃してしまった時もありますよね。口だけは達者で、しかし行動にはまったく移そうとしない場合も。そんな姿を何度も見てしまうと、彼女への愛が冷めたと感じてしまうのもわかりますよね。

たった数回ならば、ノリで話しているんだろうなと思えるため、そこまで神経質になる人は少ないでしょう。でも何かと口だけで行動に移さないことが多いのを見ると、愛想も尽きてしまうもの。

そして信頼感もどんどんなくなっていきます。信頼がなくなれば彼女に冷めたと感じるのも時間の問題になるでしょう。口では立派なことを言うけれど、行動が伴っていない…。これは数回なら許せても、いつものことになると男性も我慢の限界に。

結果として別れを意識するようになるでしょう。いつまでも我慢をしているのはもう嫌だ!と思うのは当然だと言えるのです。

思いやりを感じられなくなった時

彼女に冷めたと感じてしまう、それは思いやりを彼女から感じられなくなった時でもあります。彼女からの思いやりが感じられなくなれば、切ない気持ちや不安な気持ちにも押し潰されそうになるもの。やがて怒りや不満となり、彼女に冷めたと感じるようになってしまうのです。

また、彼女から思いやりを感じられずに、少しずつ彼女に冷めたと思えるようになってくると、他の女性が魅力的に思えてきてしまうのも事実。そうなれば、なんでこの彼女と付き合っているんだろう?と思えてしまい、一気に彼女への愛が冷めてしまうことに繋がるのです。

普段から思いやりを彼女から感じていると、この女性を大切にしていきたいと男性は思いますよね。でも女性から大切にされていないと思うと、自分からだけ大切にしたいとは思えなくなるもの。

どんなに優しい男性でも、女性からの思いやりを全然感じないとなると、もう無理…と思うようになるでしょう。

気になること、引っかかることがあった時

彼女への愛情が冷めたと感じてしまうのは、彼女に対して気になることや引っかかることがあった時。付き合っていれば相性というものが出てきますし、彼女のこういった仕草が自分にとって引っかかる、許せない…そんなこともありますよね。

こういうことが続くと、彼女への愛が冷めたと気になることや引っかかることに対して、その答えや改善点が見つからない限りはずっとつきまとっていく存在に。彼女への愛があったとしても、次第に冷めていくことに繋がってしまうのです。

できれば見て見ないふりをしたいと思う時もあるでしょう。でもどうしても気になる…ということが段々と増えていく場合もあるのです。愛情がたくさんあるうちは許せたことでも、段々と許せなくなってしまう時も。

これが続くと冷めてしまった自分を知るため、ここから先に一緒にはいられないように思ってしまうでしょう。価値観の違いなどでこういう思いをする時もあるでしょう。

でもこれもひとつのきっかけになる場合があるのです。どうしても譲れない…と思うことが増えていくと、相手への気持ちも冷めていくでしょう。

彼女の男性への接し方に不信感を抱いた時


彼女に冷めたと感じてしまう瞬間と言えば、彼女の男性への接し方に不信感を抱いてしまった時もあるでしょう。彼女が自分以外の男性と必要以上に親しげにしていたり、ベタベタとしていたりすると、当然彼女への不信感は感じてしまいます。彼女への愛も少しずつ冷めていくことになるでしょう。

また、浮気疑惑がある彼女と付き合っていけば、彼女に冷めた…と感じる瞬間が訪れるのもあっという間です。彼女の言葉、行動、全てが嘘に見えてしまうのです。そして疑心暗鬼になり、彼女への愛も冷めてしまうでしょう。

彼氏を安心させたいと思う女性は、そのようなことはしないものです。でも彼氏に対して必要以上に甘えていたり、別れてもいいと感じていたりすると、女性はとても自由に振る舞うでしょう。自由なだけならいいのですが、度を超してしまう場合もありますので、この姿を見て男性が冷めるのは当然ですよね。

他の女性と彼女を比べてしまった時

彼女に冷めたと感じてしまうのは、彼女と他の女性を比べた時ではないでしょうか。彼女と他の女性を比べてしまった、比べた結果他の女性のほうが魅力的に思えてしまった、または他の女性と付き合いたいと思ってしまった。

そう思えてしまえば、彼女への愛が冷めた決定的な瞬間となり、自分の気持ちを自覚して、別れについて考えるようになってしまうのです。比較をしてはいけないと思う気持ちもあるかもしれません。

でも彼女に対して興味が薄くなると、他の女性の存在が気になって来るのです。彼女のことがとても好きな時には、彼女以外は考えられない!と思うため他が見えないもの。これが本当に愛情がある状態なのです。

もちろん中には比べたからといって、やっぱり自分には彼女がピッタリと合っていると思える時もあるでしょう。でも彼女に対して何らかの不満や不信感を抱いている時は、より彼女への冷めた愛を実感しやすくなるのです。

まとめ

彼女に冷めたと思ってしまった5つの時について注目をしてきました。彼女に冷めたと思えてしまう瞬間は、付き合いが長くなればなるほど増えてくる可能性があります。それでも付き合っていけるのは、それだけ彼女を愛しいと思えるから。冷める気持ちよりも愛する気持ちが強いからでもあるでしょう。

彼女に冷めたと感じてしまうのは、距離が近すぎるからという場合も考えられます。冷めたと感じたら距離を少し取ってみたりして、自分の気持ちを見極めて、行動に移していきましょう。

人の気持ちは変わる場合もあります。形を変えて愛情を感じるような時もあるでしょう。こう考えると、今もしも彼女に冷めたとしてもすぐには決断を出さない方が良い場合も。

別れてしまった後に、もう少しよく考えれば良かった…と後悔する可能性もありますので、相手に対しての今の感情が一時的なものかどうかを、しっかり考える必要があるのです。

Pocket