別れたい時にLINEを使うためのテクニック

別れたい時にLINEを使うのは、思いやりが足らないと感じる人もいるでしょう。本人に直接別れを告げたいけれど、感情的になり収集がつかなくなることも想定されます。

また何よりも、相手の辛そうな表情を見るのはとても悲しいことですよね。別れたい時にLINEならワンクッションを置けるので、お互いに冷静に現実を受け止めることができるかもしれません。

しかしメールやメッセージで大切なことを伝えるのは、相手の気持ちをまず理解して正しくやらなければ後悔することにもなるでしょう。

別れを切り出すのはとても苦痛なこと。しかしLINEを使いこなすテクニックがあれば、難しい場面も乗り越えやすくなります。

そこで早速ですが、別れたい時のLINEの使い方のコツについてご紹介しましょう。


別れる方法は色々とある!

彼女と別れる時には、どのようにして話を切り出すかがとても頭を悩める瞬間です。自分から言い出せずに、いつまでも引きずるのはよくありませんよね。

別れ方としては次のような方法がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

直接会って別れを告げる

恋人とどのような結末を迎えるにしても、付き合っていた時期には楽しいこともあったはずです。

別れへ辿りついたのは一方のみの責任でなく、二人が納得しなければそれぞれの将来は上手くいかないでしょう。

別れる時は男女関係なく、直接話をして気持ちを理解したいと感じますよね。たとえ感情的になっても、話をしなければ気持ちの整理はつきません。

なんとかしてよい方向に話が展開するよう、説得したいと思う場合もあります。最も正しい方法としては、本人に口頭で別れを告げること。
しかし場合によってはそれができないこともあり、LINEが便利に役立ってくれるのです。

嫌われるように仕向ける

一度は好きになった人ですから、最後に相手を傷つけるようなことはしたくありません。自分から別れを告げるくらいなら、嫌われたほうがマシだと考える人もいるでしょう。

この場合は彼女に嫌われるようにわざと他の女性と仲良くしたり、デートを拒否したり避ける態度が増えてきます。

でも突然態度を変える彼氏には、彼女も薄々おかしいなと感づき始め、想定したように展開しないこともあるでしょう。

はっきりと別れを言われていないので、まだ付き合っているつもり。それではいつまでも終わりはやってきません。

冷たいメッセージで別れる

メッセージは、あっけなく別れる方法のひとつです。相手の気持ちを考えず、一方的に別れたい時に使われる方法でしょう。

「もう別れよう」と一言だけ冷たくメッセージを送れば、彼女も悲しさよりそんな彼氏の態度が頭にくるでしょう。

思いやりの欠片もない彼氏ならそのまま別れてしまえ、とあっさり決断できるかもしれません。

メッセージだけで別れるのは、遠距離恋愛のカップルやすでに好きな人がいる場合など。複雑な事態にならないように、できるだけ接触を避けて別れを告げてしまいます。

第三者を通じて別れる

別れを伝えるのは、勇気が要ることですよね。相手の悲しむ表情を思うとどうしても本当のことが言えず、仕方なく付き合ってしまうこともあるでしょう。

このような時に第三者を通じて、相手に別れたい気持ちを伝えてもらうことも方法のひとつ。

しかし直接言えない態度は男らしくないと、女性の怒りを買うきっかけにもなります。

自然消滅する

会う回数が少なくなり、デートをしても話題がない。つまらない表情が増え、一緒にいる意味がなくなると徐々に恋人関係には溝ができてしまいます。

相手の反応を伺いながら付き合っていると、結果的に自然消滅することもあるでしょう。しばらく連絡がこない間に好きな人ができたという展開は、別れを告げる手間もなく楽かもしれません。

自然消滅したと思ってもお互いの気持ちを確認しない限り、相手がずっと待っている可能性もあります。

別れの方法は色々とありますが、しっかりと気持ちを確認する作業はしておくべきですね。

別れたい時のLINEの使い方テクニック

最近はLINEを使って告白する人が増えているように、恋愛の始まりも終わりもLINEが活躍しています。

しかし上手く使いこなさないと、後でトラブルになることも。別れる時のLINEのテクニックについて、詳しく見ていきましょう。

LINEを使うメリットについて

LINEはコミュニケーションのツールなので、あらゆる恋愛の場面で利用されています。メールで別れ話をするのはタイムラグができるので、感情が上手く伝わらないこともあります。

その点LINEなら既読マークがつき、メッセージが相手に届いたかどうかがわかる点がメリットに。

彼女がどのような反応をしてくるか、メールだと返信を待ち続けることになります。しかしLINEなら、少なくとも意思が伝わったとわかるのでまずは安心できます。

LINEを使うデメリットについて

別れたい時にLINEを使う際ですが、デメリットもあることも忘れてはなりません。LINEだけに限らず直接話をしない別れ方には嫌悪感を抱く人が多く、人間性を疑われることもあるでしょう。

とくに年齢が高くなるにつれて、礼儀や常識を重んじる人が増えていきます。LINEで伝えるべきことと、本人に会って話すべきことをしっかりと線引きしなければなりません。

誠意が感じられない別れ方ではいつまでも引きずりますので、すっきりと別れられず面倒になる場合もあります。

短文で別れを告げる

長い文章では、読んでいる相手がストレスを感じてしまいます。遠回しにすると余計な表現が増えてしまい、結果的に何を伝えたいのか相手が困惑することもあるでしょう。

別れを告げたはずなのに、いつも通りの連絡があり次のデートの約束。これでは必死に考えたメッセージが機能していません。

大切なことは最初に伝え、できるだけ短い文章で別れたい気持ちをまとめましょう。別れの決断までに時間がかかった場合は全ての気持ちを出し切り、多少文章が長くなることもあります。別れの文章は、何度も相手が読み返せるほどの長さが理想的です。

スタンプは使わないこと

LINEのスタンプはとても便利なコミュニケーションのツールで、相手に送るメッセージにインパクトを残せることもあります。

しかしスタンプは真面目な気持ちを伝える時には適していないため、真摯な気持ちが伝えられないことも。

またスタンプだけでは微妙なニュアンスが表現できないため、別れたい時にLINEを使う際は文章だけにしたほうが安心です。

軽々しく別れを決断したように受け止められることもあるので、注意が必要ですね。

誠意が伝わる言葉を使うこと

直接相手の顔を見ながら別れを告げる時は、仕草や表情でも自分の気持ちを相手にアピールすることができます。

別れたい時にLINEを使うのは、その点で不利な状況があるでしょう。そのため相手をできるだけ傷つけないで別れるためには、誠意が伝わる言葉を選んでください。

「ずっと考えてきたけれど、別れたほうがお互いのためによいと思う」「自分の心に正直に向かい合って決断しました」「もっと幸せになってください」など言葉使いは丁寧に、必要であれば敬語でメッセージを送ることも必要です。

別れたい時にLINEを使うためのテクニックまとめ

別れたい時にLINEを使うのは、どのような恋愛関係だったか、また相手に対してどのような気持ちを抱いているかなど、あらゆる要素を考えて判断してください。

たった一言で別れを告げることはできますが、お互いに気持ちよく区切りをつけるためにはLINEではできないことも色々とあります。

別れたい時はまずLINEで自分の気持ちをそれとなく伝え、後日会ってじっくりと話すのもよいでしょう。

メッセージの既読無視、もしくは未読無視など、相手の対応状態によってはどうしても直接会って別れることが必要になることもあります。

こんな記事も読まれています。
>>>脈ありのLINEを送って関係を深めるコツ

異性はネットで探す時代に突入!

実は日本で結婚するカップルの10組に1組がマッチングサービスで結婚しているって知ってましたか??

アメリカでは既に3組に1組がマッチングサイトで結婚しています。

日本でも今後この流れに追随するとみられています。

▼おすすめマッチングサービス1▼
国内最大級「1000万人」が利用する恋愛・婚活マッチングサービス
毎月約7,000人に恋人が出来てます!
pairs2
ペアーズ

▼おすすめマッチングサービス2▼
ご存じ「メンタリストDaigo」が監修した心理学と統計学を駆使したマッチングサイト。 女性に大人気で女性会員のアクティブ率が半端ない。 男性会員が足りてません。
with(ウィズ)
【メンタリストDaiGo監修】恋愛婚活マッチングwith

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です