上手く付き合っていく為に、知っておくべき5つのストレス解消法

image019
生きている中で絶対に溜まる事になるのが「ストレス」。放置をしてしまえば心身ともに憔悴する事になり、病気へのリスクもどんどん高くなっていきます。しかしストレスと付き合う人が上手な人もいれば、当然ストレス解消を上手く出来ずに蓄積させてしまう人もいる為、付き合い方が下手な人にとってストレス解消は至難の業。

そこで今回はストレスと上手く付き合っていく為に、知っておくべき5つのストレス解消法を紹介。自分を守る為にも、ストレス解消法でストレスと上手く付き合っていきましょう。


趣味の時間を作る

趣味を持っている人にとって、趣味をする時間がないのは大きなストレスとなります。ストレスを溜めやすい人の特徴には時間の作り方が下手というものがあり、趣味があるのに趣味をする事が出来ずに、余計にストレスを溜めてしまっている事は少なくありません。

時間が作るのが苦手な人は無理をしていて、自分自身の優先順位が低めに設定してあります。時には他の予定を全てどかして、自分の趣味の時間を大きく取ってみると案外上手く行くスケジュールに心も落ち着き、趣味の時間が確保出来た事によってストレスを解消する事が出来るかもしれません。
趣味を持っている人にとっての最適なストレス解消法は、趣味そのものなのです。

友達と遊ぶ

気の許せる友達と会う事は思った以上のストレス解消法になります。友達に対してストレスに関する悩みを打ち明けなかったとしても、自分を知ってくれて理解してくれる友達と楽しい時間を過ごすというものは、それだけでヒーリング効果を期待する事が出来るので、ストレス解消法としてもかなり効果的。

人に理解されないわかってもらえない事が少しずつにでも蓄積されていけば、それは大きなストレスになりますが、知らずに理解されていない事を察して人はストレスを溜めるもの。理解をしてくれる人と定期的に会う事は、ストレスと上手く付き合う為に必要なストレス解消法なのです。

一人の時間を必ず確保する

image020
誰かと関わる事は少なからずストレスとなります。発散する事も出来ますが、溜める事にもなる人付き合いは、顔色を伺う事、気をかける事、上手く自分の意見を表現出来ない、我慢をする事によってストレスを積もらせていきます。

ストレス解消法として必ず実践しておきたいのが、週に一度でも自分一人の時間を確保するというもの。一日中でも三時間でも、自分が一人になれる時間を確保する事は、日々の人疲れによるストレスを解消する事に繋がるのです。

美味しいものを食べる

美味しいものを食べれば、多くの人は幸福感を得ます。ストレス解消法としても美味しい食べ物を食べる、好きな食べ物を食べるというものは推奨されているものであるので、普段食べれないような食べ物を思い切ってご褒美として食べてみると思わぬストレス解消法になるかもしれません。

注意をしたいのが、あまり頻繁に食べ物をストレス解消法としてしまうと肥満になってしまうリスクが高まるというもの。週に一度のご褒美程度であればその心配もなくなるだけでなく、ご褒美としての特別感も出るので、定期的に美味しいものを食べてストレスを発散していきましょう。

読書をする

読書をするのは最高のストレス解消法だと言えるかもしれません。読書には好みもあるので、自分にとってお気に入りの本や作者を見付ける事は難しいものですが、映画よりも読書は物語に没頭する事が出来て、我を忘れ、時間を忘れられる魔法のようなもの。

一時的にでも我を忘れる事が出来れば、ストレスは一気に解消されていきます。それと同時に読書をする事で新しい価値観や考えに巡り合う事が出来る為、底からストレスと付き合う為の新たなヒントを得る事もあります。

尽きる事がないというのも本の魅力でもあり、隙間時間に読む事が出来るのも利点なので、読書をしてストレス解消をしてみましょう。

まとめ

ストレス解消法を探す上で、自分との相性が合うものを選ぶ必要があります。自分に合わないストレス解消法を試したところで、無理が生じて逆にストレスとして蓄積されてしまう事があります。

そんな中でも今回紹介した5つのストレス解消法は多くの人にオススメする事が出来るもの。良いストレス解消法が見当たらない場合に試してみれば、案外しっくりくるストレス解消法かもしれないので、是非試してみましょう。

Pocket