横目で見る心理に隠されている本音とは?


横目で見る心理はわかるようでわからない、そんな掴みどころのない心理の一つですよね。横目で見るということは、こちらのことが気になっているとも考えられます。

でも横目で見ることは警戒の意味を持つこともあるため、本当は何を考えているのかイマイチよくわからない…という人も多いでしょう。

そこで今回は、横目で見る心理について注目していきます。横目で見る心理には、どんな心理や本音が隠されているのか見ていきましょう。


良い意味で気になっている心理

横目で見る心理には、良い意味で気になっているという心理が隠れている場合があります。横目で見ることで、直接見ることが出来ない相手のことを知ろうとしていたり、様子を伺っていたり。好意があるからこそ、そのような行動に出るケースもあるのです。

横目で見るのは直視するのが恥ずかしいから

横目で見る心理には、相手のことを直視するのが恥ずかしいからというものがあります。これは好きな人や憧れの相手が隣や傍にいる時に、相手のことを見たい思いがあるから。

でも直接見るのは恥ずかしい、または目が合うのは避けたいという心理から横目で見るのでしょう。そして相手の様子を伺おうとしているのです。

相手の表情をちら見するのが好きだから

横目で見る心理には、相手の持つ表情や雰囲気をちら見するのが好きだから、というものもあります。

好きな人や憧れの人、または慕っている人の良い表情や雰囲気というものは、ずっと見ていても飽きないものですよね。

しかしあまり直視して見るものではないだけに、さりげなく見ることを目的として、横目で見るようにしているのです。

横目で見ることで相手のことを伺っていれば、相手の些細な変化にも気付きやすくなるでしょう。

相手のことを知っていたい、寄り添っていたい、そんな心理が表情をチェックしたいという心理になり、横目で見るということに繋がるのです。

自分に気付いて欲しいから

横目で見る心理には、自分の存在に気付いて欲しいというひたむきな心理もあります。視線というものは見えないものではあるものの、なんとなく感じ取れるものですよね。

横目で見ることによって相手に熱い視線をさりげなく送り、相手に自分の存在を気付いて欲しい、自分のことをもっと見てほしいという気持ちを無意識のうちに送っているのです。

特にこれは好きな人に対して行うもの。好きな人に積極的に話しかけることが出来ない、だけど何かきっかけが欲しい…そんな心理から、横目で見ることでアピールしているのです。

悪い意味で気になっている心理


横目で見る心理には、悪い意味で相手のことが気になっている心理というものもあります。悪い意味で気になっている場合、相手との距離感や接し方には注意をしなければなりません。

そんな悪い意味で気になっている心理の時には、どんな心理が横目で見るという仕草に隠されているのかチェックしていきましょう。

相手とあまり関わりたくない

横目で見る心理には、相手とあまり関わりたくないという心理が隠されていることがあります。

横目で見ることによって相手の動向を探り、出来るだけ自分と関わることのないように前もって立ち回ろうとしたい…という心理からくるものでしょう。

確かにあまり関わりたくない相手なら、ある程度の動向や行動を探り、相手と自分が関わらないように避けて行動する必要が出てくるもの。

しかしそのために、そんな相手を直視するのはそれこそ心理的に負担になるため、最低限の相手の情報を掴むために、横目で見るようにしているのです。

横目で見てチェックをして、関わりをできるだけ避けるのは保身の気持ちが強いとも言えるでしょう。

相手に対して嫌悪感を伝えたい

横目で見る心理には、相手に対して嫌悪感を伝えたいというものもあります。横目で見る時の視線が冷たい場合や鋭い人なら相手からあまり良く思われていないということを、なんとなく察することが出来ますよね。

そうなれば言葉を交わさなくても、相手との間に距離感が出来るため、お互い意識して関わらないように過ごすことが出来るようになります。

横目で見ることで、相手に嫌悪感を伝えたいという人はそのような心理を抱いている場合もあるでしょう。

気になるところがある

横目で見るのは、気になるところがあるというものもあります。決定的な嫌悪感というわけではないものの、たとえば相手の外見に対して特別気になることがある場合には、それが何なのかを知るために横目で見ることもあるでしょう。

また相手に何か噂がある場合や気になることがある場合には、無意識に相手のことを横目で見るものです。

相手に対して聞きたいことがある、気になることがある…そんな時は横目で見ることが増えてしまうでしょう。

普通に聞くことができればいいのですが、聞きにくい内容もありますよね。それがわかっていても、相手に対して聞いてみたい思いがあるのです。
こういう思いがある時に、自然に横目で見てしまう場合はあるでしょう。

横目で見る心理の見極め方


横目で見る心理には良い意味の心理、悪い意味の心理があります。どちらの心理も勘違いしては相手との関係性に大きな距離が出来てしまうこともあり得るでしょう。

勘違いしないためにも、横目で見る心理の見極め方を知っておく必要があるのです。

普段の言動に注目をする

横目で見る心理を見極めるためには、普段の言動に注目をするのが大切です。横目で見る心理というものは、よほど視線に冷たさや温かさが現れていない限り、心理を見極めるのは難しいの。

だからこそ普段の言動に注目をして、横目で見る心理を見極めることが大切になるでしょう。もし普段からよく会話をしたり好意的な会話が見られたりするのであれば、横目で見る心理も良い意味の心理であることが多いと言えます。

逆に普段からあまり関わらない、あまり良い印象を抱かれていないように感じるのであれば、悪い意味での心理の可能性があるので注意が必要になるでしょう。

横目で見る時の視線を見る

横目で見る時の視線に注目をするのも、心理を見極めるコツになります。特にこの見極め方の場合、悪い意味での心理の場合では視線が冷たいことが多いでしょう。

この場合は、よほど鈍感な人ではない限り見極めるのはあまり難しいものではありません。ただ、視線を冷たくするほどの人なら横目で見る以外の普段の振る舞いも冷たい場合が多いでしょう。

視線が冷たいと感じた場合には、普段の振る舞いについても改めて注目をしてみることが大切ですね。

視線を合わせてみる

横目で見る心理を見極めるために、思い切って相手が横目で見る瞬間に自分自身も相手を見てみると良いでしょう。

視線を合わせた時に、相手が照れた様子だったり自然と会話が生まれたりするようであれば良い意味での心理の可能性が高いのです。

そうではなく視線を合わせた瞬間、相手が急に視線を外していたり、慌てたりするようであれば悪い意味での可能性が高いでしょう。

相手の普段の振る舞いや言動を思い返して、心理を見極めていくと良いですね。

まとめ

横目で見る心理は大きく分けて二つあるため、どのようにして心理を見極めていくかが大切です。

横目で見る心理を上手く見極めることが出来れば、相手との接し方のヒントになることも。今回紹介した横目で見る心理、そして心理の見極め方を参考にして接するようにしてみましょう。

以下の記事も読まれています。
伏し目がちの心理を知って相手との距離を縮める方法

Pocket