告白の断り方で相手を傷つけない上手なもの


告白の断り方については、しつこい相手には冷たい言い方をしたいところですが、これからも良い関係でいたい相手には、できるだけ傷つけたくないもの。

ここで傷つけない言葉が言えるほど、モテる素敵な男性なのです。今回は告白の断り方で相手を傷つけないものについて、お伝えしていきましょう。


相手との関係性について

相手とどういう関係なのかにより、告白の断り方が変わってきます。ではどのような関係性での告白の場合は、傷つけないほうが良いのでしょうか。

よく遊ぶグループの1人

普段からよく遊んでいる男女のグループがあり、このうちの1人から告白をされると、これからのやりとりに困るようになります。

相手も断られたことで、グループでの集まりに参加できなくなってしまう可能性も。このリスクを負いながらも告白をしてくれたわけですから、出来るだけ傷つけたくないと思ってしまいますよね。

グループ内にもしもカップルがいたとしたら、どのような断り方をすればいいのか、相談をする方法もあるでしょう。

でもこれが噂になり広まると、余計に相手を傷つけることに。できれば自分の中で整理をして、告白を断る言葉を言うようにしたいですね。

職場が同じ女性

職場が同じ女性からの告白は、これから先に仕事がしにくくなる可能性があるため、適当な言い方はできません。

ここでキツイ言い方をして、これを職場で噂されてしまうと周りからひどい男のようなレッテルを貼られるでしょう。

自分では真面目で優しい人物として職場で振舞ってきたのに、この努力が台無しになるのは避けたいところ。

このため、職場が同じ女性に対してもできるだけ傷つけない上手な断り方をする必要があるのです。

親しい女友達

普段からよく飲みに行っていたような女友達。女性の中では、自分を一番理解してくれているような存在かもしれません。

これからも、できれば仲良くしたい思いがある場合も。感謝している気持ちもあるので、悩んでしまうのです。

どうでいい存在だと思えないので、相手を傷つけない断り方をする必要があるでしょう。これからも良い相談相手として、お互いに仲良くしたい思いがあるので、ここでかなり言葉を選ぶのが大切に。

相手からの告白も、かなり勇気が要ったことでしょう。こう考えると、この気持ちに応えられない今の気持ちを、丁寧に伝えなければ相手をかなり傷つけてしまうのです。

元カノからの告白

元カノから、復縁したいと連絡があり告白をされるケースも。この時に元カノとは普段からもう会わないような関係だとしても、やりとりはしていたという場合もありますよね。

お互いに近況報告をして、それなりに良い関係が築けていたとしたら、告白の断り方を難しいと思うもの。

元カノとのやりとりの中で、自分が復縁をしたいと思っていたのなら、告白を断る必要はないのですが、復縁については考えていないとしたら、対応に困ってしまうでしょう。

でも元カノと一度別れてから、このやりとりがうまくいっていたとしたら、切ってしまうのは寂しいと思うかもしれません。

幼馴染からの告白

普段自宅に住んでいる男性なら、幼馴染の女性と顔を合わせる機会が多いですよね。性格の良い優しい女性だと思っていたら、告白をされてしまうケースも。

自分にとっては、ただの幼馴染としか思えないので告白を断りたいのですが、家同士の付き合いなどもあるので、簡単に断るわけにはいかないのです。

かといって、曖昧な態度でごまかすのも男らしくなくて嫌だな…と自分で思うでしょう。自宅住まいから一人暮らしをして、この機会に自立を考える男性もいるかもしれません。

でも自宅と勤務先が近くて便利なのと、貯金もないので自宅暮らしでいたいと思うため、幼馴染とはこれからも顔を合わせることになる時があるでしょう。

告白を断られる側の気持ち


告白を断られる時に女性はどのような思いを持つのでしょうか。この女性の性格にもよりますが、心理について理解しておきましょう。

優しい言い方をしてほしい

断る時の言葉が優しくて穏やかなものなら、身を引きやすいと考える女性もいます。クールな言い方をされてしまうと、かなり傷つきトラウマになってしまう例もあるでしょう。

でも女性の気持ちを理解して、感謝の気持ちを伝えながら優しく断ってくれると、女性は男性の配慮に対してありがとうと思うのです。

自分の気持ちを大切にしてくれたと考えるので、こういう断り方なら受け入れられると思う女性は多いでしょう。

きつい言い方で振ってほしい

女性の中には、優しい言い方をされると相手を忘れられなくて辛い…と思うタイプもいます。このため、この際きつい言い方をして振ってくれれば、忘れられると思う場合も。

女性のタイプにより、断り方に対しても求めているものが違うでしょう。以前はこういう断り方をして、この後も良い関係でいられたから今度も…と思っても、女性のタイプにより違うケースもあるのです。

女性がどのような性格なのか、そして告白をしてきた時の表情や言葉により断り方を決める方法もありますね。

否定しないでほしい

自分の愛情について、否定しないでほしいと思う女性もいます。「俺を好きなんて嘘でしょう」のようにして、逃げようとする男性を見ると、否定をされているので辛いのです。

それよりも一度は受け止めて、そのうえで断ってくれた方が良いと思う気持ちも。否定をする言い方は、逃げる時には良いかもしれませんが、女性を傷つける可能性が高いでしょう。

仲良しでいたい相手への告白の断り方


これからも仲良しでいたいと思う相手への断り方については、どのような言葉を言えば良いのでしょうか。

友達に断りの言葉を言う場合

友達から告白をされた時には、これからも友達でいてほしいと伝えるようにしましょう。この時に「すごく勝手かもしれないけれど…」と言えば、相手の女性も理解してくれるはず。

かなり悩んでくれているんだと思い、それならこれからも友達でいようと思ってくれるのです。幼馴染にも同じように言えるでしょう。

グループが一緒の女性に対しても「グループ内では、これからも変わらずにいよう」と言えば、相手もホッとするでしょう。

自分の立場だけではなくて、相手の立場も大切にしたい気持ちが伝われば、こちらの思いを理解をしてくれるのです。

職場の人からの告白を断る時

職場の人といっても、様々な関係性がありますよね。部下や後輩の場合もあれば、同僚や先輩など。

自分にとって、仕事での良いパートナーだと思う女性なら、「これからも良いパートナーでいてほしい」と伝えるようにしましょう。

仕事とプライベートを分けたい男性は多いです。もしも職場の女性と付き合ってしまうと、これから先に仕事に支障が出てしまうリスクも。

お互いのために、これを考えて交際をしないという方法もあるのです。これなら相手の女性も理解をしてくれるでしょう。

まとめ

告白の断り方で、相手をできるだけ傷つけないためには相手の立場になって言葉を伝えることが必要です。

自分の思いだけを伝えるのではなくて、相手の気持ちを考えて配慮をすれば、伝える言葉の内容も変わってくるでしょう。

自分の思いさえ伝えればいいと思うのではなくて、相手の思いを大切にする姿勢を見せるのが必要です。

これができれば、相手の女性は「告白をして良かった」と思うはずです。告白をして後悔をするのではなくて、自分の思いを伝えられて満足ができるでしょう。

多少傷ついたとしても、気持ちを切り替えることができる女性は案外多いのです。

こんな記事も読まれています。
からかう男の心理はどんなもの?人をからかいたくなる気持ちとは

Pocket