女性から頼られる人はここが違う!その7つの特徴とは


頼られる人になりたいと願う男性としては、その存在をうらやましく思うことも。頼られる人は、常に人の輪にいる感じがしますし魅力的であり、男女問わず人望も厚いですよね。

特に恋愛においても女性から好かれることも多いので、頼られる人になりたいと思う男性が多いのも当然ですよね。

しかし、どうすれば頼られる人になれるのかわからないと頭を抱える人が多いのも事実です。頼られたいと思っても、どうすればいいのかがわからないと、なかなか頼られる人に近づけません。

女性から頼られる人になるためには、実際に女性から頼られる人の特徴を参考にすれば間違いありません。今回は、そんな女性から頼られる人の特徴を7つ紹介していきますので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。


表情が柔らかい

頼られる人として、絶対条件だと言っても過言ではないのが、表情の柔らかさです。男性としても表情が怖かったり硬かったりすると、無表情な人に見えてしまいます。

頼るどころか、接するのも気が進まなくなってしまいますよね。特に女性は男性に対して怖いという感情を抱きやすい傾向があるので、表情を柔らかくしていればそれだけで女性も接しやすくなり、頼りやすくなるのです。

どんなに実力があっても表情が硬ければ、近寄りがたい印象を持たれてしまうので、表情の柔らかさを意識して、女性が接しやすい人物像を心掛けてみましょう。これができれば、自然に頼られる人として見られる機会が増えてくるはずです。

否定的な言葉をほとんど使わない

頼られる人は、否定的な言葉をほとんど使いません。そもそも女性は感情的な意見が多く、男性は現実的な意見が多いという特徴があります。

女性の感情的な意見に対して男性は否定的な言葉を使いがちですが、そんな男性に対して女性は女心がわかっていない、つまらない男だと思うようになるもの。
女性から頼られる人として見られるためには、女性に寄り添った接し方が出来たほうが良いのです。否定的な言葉や意見をほとんど使わないほうが、頼れる人として見られる可能性が高くなるでしょう。

しかし会話の途中で、女性の意見を否定したくなる瞬間が出てきてしまうこともありますよね。そんな時にはまず女性の意見や気持ちを認めて、その意見を否定するのではなくて「こうすればいいんじゃないかな」とアドバイスのような形で伝えてあげましょう。

こうすると女性を嫌な気持ちにならずに、さらには頼られる人として見られる確率も高くなってくるのです。

物事を先送りにしていない

頼られる人になるためには、物事を先送りにしないように心掛けましょう。女性から頼られる人というのは、男性からも頼られる人でもあります。

こういった頼られる人は、物事を先送りにせずにしっかりと一つ一つ確実にこなしていくため、頼られる人という印象が強く付くのでしょう。

実際に物事を先送りにしない人は仕事が出来る人で、周囲から好かれる人でもあります。逆に物事を先送りにしている人は、だらしない印象や仕事が出来ない人という印象を持たれやすいため、頼られる人として見られるのは難しくなってしまうでしょう。

頼られる人になりたいと思うなら、物事の優先順位をしっかりと決めて、確実に物事を処理する癖をつけていくと良いでしょう。

コミュニケーションを取る努力をしている


頼られる人は、普段からコミュニケーションを取る努力をしている場合が多いです。例えば自分から見て頼りやすい人について考えてみると、自分の苦手な部分や不得意な部分、自分の悩みを知っている人や周りのことをよく見ている人の場合が多いですよね。

そういった人には、スムーズに頼りやすいですし、多くの人から頼られる人として見られていることが多いでしょう。

そのためにも、頼られる人になるためにはコミュニケーションを積極的に取る努力をすることが大切なのです。コミュニケーションを取っていれば、周りの考えていることや状況も見えてきます。

そして空気も読めるようになってくるでしょう。こういった視野の広さは、頼られる人になるためには必要不可欠なので確実に培っていくようにしましょう。

清潔感がある

頼られる人になるためには、見た目も重要です。どんなに頼もしい人だったとしても、どんなに実力がある人だったとしても、近寄りがたい見た目をしていれば頼られるはずが頼られなくなってしまうでしょう。

そこで重要なのが清潔感です。清潔感がある人は、きちんと物事を整理しているという印象や親近感を感じるもの。そういったイメージは、頼られる人には必要不可欠なことでもあるので、頼られる人になりたいなら清潔感は徹底するようにしましょう。

また女性からモテたいという理由で頼られる人になりたいなら、より身だしなみに意識をしてみるのが必要になるでしょう。

ヘアスタイル、コーディネイトなどについても清潔感を心掛けていれば、女性からは頼られる人というだけではなく、男性として魅力的な人として見られる確率がアップします。

空気を読もうと心掛けている


頼られる人になるためには、空気を読む心掛けが必要です。女性から頼られる人は空気を読むのが上手い、または空気を読もうと努力をしていることが多いでしょう。

女性は空気や雰囲気には敏感であり、空気を読もうとしない鈍感な男性には呆れた気持ちを抱きます。結果として、この人とは仲良く出来ない…とさえ思えてしまいます。

なかなか空気を読むのは難しいと思いますが、何かを発言したり何か行動に移したりする前に、一度一呼吸を置いて周りを見渡してみましょう。これができると、自然に空気を読む癖がつくようになってきます。

人間関係はどうなのか、周りの人の表情はどうなのか、それを意識するだけでも空気を読めるようになってくるので普段から意識してみてくださいね。

常に自分の実力を磨いている

頼られる人は、常に自分の実力を磨いています。頼られる人というのは、頼って良いほどの実力や余裕があるという特徴を持っていますよね。どんなに優しい男性でも、実力がなかったり目標がなかったりする男性には、頼りがいを感じない場合が多いもの。

良い人止まりとして、女性からは見られてしまいます。また見た目だけ頼られる人になれても、実際に頼ってみたら期待はずれだった…ということになった、評価が下がってしまいますよね。

頼られる人になるためには、自分の実力をしっかりと磨いていくことが大切です。「この人に頼って良かった」と思われるように、日頃から常に自分自身を磨いていくようにしましょう。

まとめ

頼られる人はなぜ女性から頼られるのか、その特徴を7つ紹介してきました。頼られる人はそれなりに意識をしたり、心掛けをしたりしているのです。

何もせずに頼られる人になることは出来ません。何より女性から頼られる人になるためには、女性目線に立って考えることが必要になってくるのです。

最初のうちは難しいのですが、慣れてくれば振る舞いにも自信を持てるようになっていくでしょう。そして確実に女性からの評価も変わってくるはずです。

頼られる人になるのは、思っているよりも簡単な場合も多いでしょう。実際に行動に移してみて分かることもあるのです。

頼られる人はモテる人でもあるため、女性から頼られたいだけではなく、素敵な恋愛をしたいという男性も、ぜひ今回紹介したことを参考にして「頼られる男」を目指すようにしてみてくださいね。

Pocket