話しかけてこない心理を知って良い関係を築くには


話しかけてこない心理を知ると、話しかけてこない人がいても、その人との接し方を考えて、上手く関係を築くことが出来るでしょう。

そこで今回は、話しかけてこない心理を紹介していきます。話しかけてこないのは何故なのか、どんな心理を持っているのか、話しかけてこない人がいて不安に思う、気になっている。そんな人は、その人との関係を上手く築いていくためにもチェックしていきましょう。


話しかけてこない心理で考えられるもの

話しかけてこない人がいる場合、その心理にある程度予想をつけておくことが必要です。話しかけてこない心理には、いくつか考えられるものがあるため、話しかけてこない人がいて心理が気になる場合、これから紹介する3つのケースの特徴と照らし合わせてみると、身近にいる、話しかけてこない人の心理が見えてくるでしょう。

基本的に内気な性格である

話しかけてこない心理で多いのが、内気な性格であるということでしょう。話しかけてこないというよりも、基本的に内気で受け身な性格なので、自分から話しかけるのはかなり勇気が必要なことだと感じているのです。そのため、話しかけられずにいるという場合もあるでしょう。

もし話しかけてこない人が、自分だけではなく基本的に誰にも話しかけてこない人なら、内気で受け身な性格ゆえの心理だと考えて良いでしょう。

人見知りが激しい

話しかけてこない心理には、人見知りが激しいという性格や心理も考えられます。人見知りが激しい人は、自ら人に話しかけるということはほとんどしません。

人と接すること自体、かなり労力が必要なものだと考えているため、自らが気を張りつめて疲れてしまうような、話しかけるという行動を進んでしないのです。

この場合、基本的に周囲の人に対して話しかけるということはしませんが、仲の良い人物には進んで話しかけるという特徴が見られることもあるでしょう。

話しかけられない、または話しかけたくない理由がある

話しかけてこない心理には、話しかけられない、または話しかけたくない理由を相手に持っている可能性も十分に考えられます。

たとえば話しかけてこない人との間に、何か気まずい事や過去にトラブルが起こっている場合には、相手もそれが理由で話しかけられない、または話しかけたくない可能性が高いと言えるでしょう。

この場合は、基本的に周囲の人には話しかけるものの、自分だけ、または特定の誰かだけに話しかけてこないのでなら、話しかけられないか話しかけたくない心理が関係していると考えられるのです。

話しかけてこない心理を知るには、相手との関係性にも注目をするのがおすすめ


話しかけてこない心理を知るためには、相手との関係性に注目をするのもおすすめです。話しかけてこない心理には、その人自身の問題もありますが、中には相手との関係性によって話しかけられない、話しかけたくないという心理が秘められていることもあるでしょう。

話しかけてこない人が立場では下の場合

話しかけてこない心理で注目をすべきなのが、話しかけてこない人が立場では下の場合だということです。

自分の後輩、部下、そういった関係性の場合だと、話しかけてこない心理というものはよくあることでしょう。

たとえば上下関係に対して何か圧力のようなものを感じて、話しかけられない場合もあるでしょうし、仕事の間柄ならば出来るだけ上司とは関わりたくないと思っている人の場合もあるのです。

話しかけてこない人の立場が自分よりも下だと、下だからこそ話しかけられない、話しかけたくないという心理が生まれることは案外多いもの。

話しかけてこない人と過去にトラブルがあった場合

話しかけてこない心理には、その人と関わりたくないという拒否や拒絶というような心理がある場合もあります。

特に、話しかけてこない人と過去にトラブル、または気まずいような出来事があった場合には、話しかけてこない人の心理として、出来るだけ話したくない、関わりたくないという思いが働いていることもあるでしょう。

話しかけてこない人が、話しかけてこないだけで接すれば好意的な場合

話しかけてこない人の心理には、照れくさいという心理が隠されていることもあります。話しかけてこない人が、話しかけてこないだけで普通に接する分には好意的、またはどこか照れたような感じであれば、好意を持たれている可能性もあるでしょう。

好きだからこそ話しかけられない、そんな恋愛心理もあるため、相手がそのような特徴を持っている話しかけてこない人の場合には、恋愛心理について探ってみる必要があるのです。

話しかけてこない人と上手く接していくコツ


話しかけてこない人の心理、そしてその人との関係性によって生まれる心理について見ていきました。

では、どのようにしてそういった話しかけてこない人と上手く接すれば良いのか、そのコツをお伝えしていきましょう。

積極的に話しかけて距離を縮める

話しかけてこない人の心理には、内気、受け身、照れなどのものがあることがあります。話している感じで、自分を嫌っている様子がないなら、話しかけてこないのではなくて話しかけられないのだと、割り切ると良いでしょう。

話しかけてこないというのは、話しかけてほしいという気持ちでもありますが、相手にとっては高いハードル、大きな負担になることもあるのです。

自らが話して距離が縮まるのであれば、話しかけてこないということに拘る必要はなくこちらから話すようにしてみるといいですね。

相手の心理がイマイチ掴めない場合は、少しずつ距離を縮めていく

話しかけてこない心理で、イマイチ相手のことがよくわからない場合には、少しずつ距離を縮めて様子を見ていくのがおすすめです。

たとえば相手が受け身なのか、それとも人見知りなのかわからない場合、積極的に話しかけてしまうと、相手にとって大きな負担となることもあります。

また、思い当たる節はないものの何か相手に毛嫌いをして、気まずいと感じられている可能性上がる場合は、積極的に話しかけるのは火に油を注ぐことになるでしょう。

何らかの気になる点がある場合には、様子を見て行動をすることが必要になるのです。

無理して話しかけようとはせず、一定の距離感を保つ

話しかけてこない心理で、あきらかに相手と過去に何かがあった、相手からあまり良く思われていない、必要以上に距離を縮める必要がない関係性の場合には、無理して距離を縮める必要はないでしょう。

話しかけてこない、そして話しかけても微妙な返事という場合には、相手からすればこれ以上距離を縮める必要はないと判断している可能性があります。

無理して距離を縮めようとしても、相手から嫌がられてしまうケースがあるため、一定の距離感を保ちながら接していくことがベストな対応法だと言えるでしょう。

まとめ

話しかけてこない心理には、その人の心理状態によるもの、その人と自分との関係や立場によって生まれる心理が考えられます。

その心理を上手く理解した上で、話しかけてこない人と接することが最も大切だと言えるでしょう。

今回紹介したことを参考にすれば、話しかけてこない人の心理を少しでも理解して、良い関係を築くためのスタートラインに立てるはずです。

接していく中でどのような心理を抱いているか、どんな考え方をしているか、それを上手く見極めて、接し方を自分なりに模索しながら関係を築いていくようにしましょう。

こんな記事も読まれています。

Pocket