謝れない人の心理が謎…その本音と付き合い方を知ろう


謝れない人の心理に対して、どうしたいいのか困ることも。謝れないのはなぜなのでしょうか。

ざっくりというと以下のようなものがあります。

  • 負けたくない思いがある
  • 相手への甘えがある
  • 謝るのが恥ずかしい

今回はその本音を知って、これからの付き合い方に役立てる方法をお伝えしていきましょう。


負けたくない思いがある

相手に対して負けたくないと思う気持ちから、謝れない心理につながるケースもあります。それはどのような思いなのでしょうか。

悔しいと感じる

謝れないのは、ここで謝るのを悔しいと感じる心理がはたらくからです。謝ると負けてしまったように思うので、謝ることができないのでしょう。

実際には謝った方が勝ちのような場合もあるのですが、どうしても自分の中で負けだと思い込んでいるので、謝れないのです。

悔しさを感じてしまうのは、様々な理由がありますがこれらが要因となり、いつまで経っても謝れない人もいるでしょう。

こういうタイプに謝るのを期待しても時間と労力がかかってしまうので、こちらから歩み寄るしかないケースもあります。

自分は悪くないと思っている

自分は相手に対して謝るようなことをしていない、それなのになぜ謝るの?と思う人もいます。

なんとなく場の空気が悪くなっているのは感じるものの、自分が原因ではないと思っているのでしょう。

もしも自分に原因があると認めてしまうと、ここで負けたような気持ちなるので避けたい思いがあるのです。

自分は悪くない、と心の中でも言い聞かせている時もあるでしょう。でも悪くないと思うようにしなければ、実は崩れてしまうような弱さを抱えている人もいるのです。

強い自分でいたい

相手に簡単に謝るのは弱い人間だと思っているので、強い自分でいるために謝れない人も。実際に、先に謝るのは弱いことにはならないのですが、このようには思えないのです。

強い自分を演じたい、周りからも強い人だと思われたいので、謝るような気持ちになれないのでしょう。

実際に、目指している強い自分の姿があり、簡単に人には謝らないというものかもしれません。

思い込んでしまっている場合が多いので、この頑なな状態から謝らせるのは、とても難しいと言えるでしょう。

相手への甘えがある


相手に対して甘えている、甘えが通用する関係だと思うと、自分からは謝れないと思うケースもあります。

謝らなくても許してくれるはず

こちらが謝らなくても、相手は許してくれるだろうと考えているので、わざわざ謝る必要がないと思っているのです。

でも自分ではそう思っていても、相手は違う気持ちの場合もありますよね。謝らなくても許してくれると思うのは、ただの甘えなのかもしれません。

でも甘えだと受け入れて許してくれる人ばかりではない、これを相手に伝えてあげないと、これから先も謝れない人間になってしまうでしょう。

今後も成長できない状態でいるので、謝る必要がある時にはきちんと伝えたほうが、本人のためにもなるのです。

謝らなくても大丈夫な関係

謝らなくても大丈夫な関係だから、謝らないでおこうと思う人も。これについても自分ではこう思っているけれど、相手はそうはいかないと考えているケースもあるのです。

謝らなくても大丈夫なことと、絶対に謝るべき時がありますよね。自分のした行動が相手を傷つけたのかどうか、これについてあまり考えないタイプと言えるでしょう。

謝らなくても、自分たちは仲良しのままでいられると思うのは、とても身勝手な考え方。謝るべき時にはきちんと謝ってこそ、良好な関係を築けると知る必要があるのです。

謝ってくれるだろうと思っている

相手から謝ってくれるはずだから、自分からは謝らないでいいと思うタイプも。自分の方が悪いことをしても、相手から謝ってくれると考えているのです。

例えばカップルが喧嘩をした時に、必ず彼氏から謝るような二人がいますよね。これは、彼氏に対して甘えている彼女の思いがあるから。

彼氏としては、以前から理解しているので仕方なく謝ってくれるのです。でも謝りながらも、気持ちの中では段々と彼女に対して嫌気がさす場合もあるでしょう。

いつまでも相手から謝ってくれるとは限らないのです。謝ってくれるだろうと思っていたら、いつの間にか相手から去られていたパターンもあるでしょう。

謝るのが恥ずかしい


謝れない心理には、謝るのが恥ずかしくてできないというものもあります。なぜ恥ずかしいと思うのかについて見ていきましょう。

自分が悪いと認めることになるから

自分が悪いと認める、これをとても恥ずかしいと感じる人もいます。特に人がたくさんいる場合には、謝れない心理がはたらくでしょう。ここで自分の非を認めるようなことをするのは、とても恥ずかしいと考えているのです。

かっこ悪いと思われたくないので、謝れないと考えるのでしょう。でも本当にかっこ悪いのは、ミスを認めないこと。

ミスを認めたうえで、ここからどう動くのか考えるほうが重要でしょう。実際に動いてミスをミスではなくせたのなら、とてもかっこいいと周りから思われるのです。

好きだから謝れない

相手を好きだと思うからこそ、謝れない場合もあります。好きな人の前でごめんなさいと言うのが、とても恥ずかしいのでしょう。

どうでもいい相手になら「ごめん」と平気で言える人でも、好きな人が相手だと話は別です。どう謝ればいいのだろうと悩んでしまい、自分の中で恋愛の駆け引きを考えてしまうような人も。

好きな相手に対して謝る時には、こんなふうに…と事前に考えていても、いざ好きな人の前に行くと、これができなくなるのです。

会話についても同じように言えるでしょう。好きな人とはこういう話がしたいと事前に考えていても、好きな人の前に立つと事前に考えていた話題が出てこないのです。

愛情があるからこそ、謝れない。これは照れていたり、どんな謝り方をしたらいいのかわからなかったり。深く考えすぎてしまうのが原因でしょう。

明らかに自分が悪い

明らかに自分が悪いようなことをしてしまったからこそ、謝れない心理もあります。どちらが悪いのかわからないけれど、相手が怒っているような時には、しばらく様子を見ようと落ち着いていられるでしょう。

でも例えば自分が浮気をしてしまった、デートの約束をすっかり忘れていたなど。こういう明らかに自分が悪いようなケースでは、心のどこかでこれを認めていても謝るのがとても恥ずかしいのです。

自分でも、なぜこんなことをしてしまったのだろう…と落ち込んでいるので、気持ちを立て直すのに必死になっている場合もあるでしょう。

こういう時に相手から「謝ってほしい」と言われてしまうと、心がかなり苦しいのです。悪いことをしたと分かっているからこそ、しばらくこれについては触れないで…と思う気持ちも。

しばらく時間が経てば、少し落ち着いてきて謝れるようになるかもしれません。でも今すぐに謝るのは、恥ずかしい。自分の落ち度をこれ以上自分に思い知らされるのが、耐えられないと感じるのです。

まとめ

謝れない人の心理は、自分を守りたい場合が多いです。相手が許してくれるという甘えもありますが、これも自分を大切にしてくれていると信じているから。

結果としては、自己中心的なタイプが謝れない心理になりやすいのです。自分では素直になりたいと思いながらも、それができない。

でも過去に素直に謝って、辛い経験をしたことがある人も、謝れない場合があります。もしも、もともと真面目で性格も良い人だと感じるのなら、こちらから歩み寄って話し合うようにしてみるといいですね。

こんな記事も読まれています。
話しかけてこない心理を知って良い関係を築くには

Pocket