片思いで疲れた時は気持ちをリセット・恋愛に前向きになる方法

片思いで疲れた時、モチベーションが下がったままだと、恋愛するチャンスを見逃してしまいます。

片思いは期待や裏切りなど、あらゆる感情がミックスされ、精神的に大きなダメージを受けますよね。

でも幸せな恋愛をするためには、そんな辛い一面を知っているからこそ、とても素敵な恋ができるようになるのです。

片思いで疲れた時は、暗い気持ちから抜け出すのが大変。「きっと自分には恋人ができない」と、悲観的になってしまうでしょう。

でも片思いの辛い時期は一生続くものではなく、必ずよいことがいつか訪れます。そのためには少しでも早く立ち直り、次の恋愛に前向きになることが重要なのです。

そこで早速ですが、片思いで疲れた時に気持ちをリセットする方法について、見ていきましょう。


夢中になるものに打ち込む

片思いで「疲れた」と感じるのは、女性よりも男性のほうが多いもの。いつまでも好きな人を思い出して、引きずってしまうといわれています。

どうしても忘れられない人の存在があるからこそ、余計にがっくりしてしまうものです。こんな時は、夢中になれることに打ち込んでみましょう。

ひたむきに仕事に打ち込む

片思いで疲れた時、男性ならば「仕事」という環境が気分転換になるチャンスです。心が傷ついた状態では、朝起きて仕事に行くことすら負担になるかもしれません。

でも職場にいる間は緊張感が持てて、無意識にプライベートを忘れさせてくれるよい環境になります。

たとえば、これまでやらなかった残業。早く仕事を終わらせて家に帰っても、ひとりで辛くなるだけでしょう。

それなら残業も積極的に行って悩みごとを減らし、残業代もアップするので一石二鳥になるでしょうね。

趣味の世界を広げる

男性にとっての趣味はマニアックなことをはじめ、夢中になれることが色々とありますよね。片思いに疲れた時は、趣味や好きなことの世界をもっと広げて気分転換してみましょう。

新しいことをスタートするのにも、とてもよいチャンスになるでしょう。今までやったことがないアートや料理教室など、女性が多い習い事を選ぶのもよいかもしれません。

趣味はストレス解消になり、多くの人と出会うチャンスをもたらしてくれます。閉じこもって一人で悩むよりも、少しだけやる気を出して視点を変えてみましょう。

毎日継続することを見つける

辛いこと、嫌なことを忘れるのは、決して簡単なことではありません。恋愛だけに限らず、長い人生悩みごとはあちこちにあるでしょう。

そんな場面を迎えた時、いつもどん底に落ちるほど打ち砕かれてしまうと、精神的にとても負担になります。

片思いの経験から解放されるためにも、これからは意思を強くする生活環境を心がけてみませんか。

そのためには、毎日必ず継続することをはじめましょう。たとえばジョギングやジムに通うなど、エクササイズ習慣を作ることです。

または資格取得のための勉強をするなど、生活に目的やゴールを設けると、辛いことを忘れやすくなります。

信頼できる人に打ち明けよう

ひとりで抱え込む悩みほど、悲しいものはありません。片思いで疲れた時は、誰かに話して気分転換をしましょう。

相談しよう

男性は、恋愛の辛い経験を引きずりやすいもの。その理由は全てひとりで抱え込み、解決できずに時間がかかってしまうためです。

失恋や片思いなどの体験は「自分だけの秘密にしておきたい」と、考える男性は多いはず。しかし終わった恋の話は、自分だけで考えるといつまでも割り切れずに引きずるだけなのです。

こんな時は、信頼できる友達や家族などに話してみませんか。第三者の意見やアドバイスを聞くと考え方か変わり、恋愛に対して前向きになれるチャンスがくるかもしれません。

現実を受け止める

辛い恋愛をすると男性はかなり落ち込み、しばらくはなにも考えられない状態になります。少し冷静になると「またトライしてみよう」「今度はうまくいくかも」ということも考えるようになるでしょう。

復縁するか、新しい恋をするか。冷静に判断するためには、いったん気持ちをリセットしてください。

そのためには現実を受け止め、なぜ片思いで終わってしまったのか、自分に原因がないかなども正しく把握しましょう。

時間をかけて気持ちを整えること

「早く元気になりたい」「好きな人が欲しい」と考えることは大切。でも自分に余計なプレッシャーを与え、早く忘れようとすることは避けてください。

慌てている時にはミスを犯しやすいので、気持ちの整理ができるまで時間をかけてもいいのです。

暴飲暴食をしない

「やけ酒」「食べすぎ」など、恋愛のダメージから立ち直るために、男性はお酒などに走ってしまいがち。

一時的には忘れられても、このような方法は根本の問題を解決してはくれません。自分の体を苦しめるような気持ちのリセット方法は、絶対に避けるべき。

とくに「飲みすぎ」「食べすぎ」など、体調を崩しやすい生活習慣は充分に注意が必要です。心の穴を埋めるために、つい手を出してしまうもの。よく考えて判断してくださいね。

無理やり合コンに参加しない

「新しい恋人ができれば、過去の辛い片思いや失恋はすぐに忘れられるだろう」。そう思うのは、決して間違いではありません。

しかし慌てて相手を見つけようとして、行きたくもない合コンや、出会い系サイトばかりを使うのは自分の心を傷つける要因になります。

恋愛に前向きになれない間は、どんな人に出会ってもうまくいく可能性が少ないもの。結局別れが訪れ、さらなる悩みを抱えてしまうこともあるでしょう。悪循環を避けるためには無理やり合コンなどに参加せず、一人の時間を楽しみましょう。

八つ当たりしない

「うまくいかなかったのはあいつのせいだ」「周囲のせいだ」と八つ当たりをするのは、恋愛自体が負担に感じる原因になります。

片思いで疲れた時、時間とともにあらゆることを考えるようになると、徐々に怒りの気持ちが湧いてくることがあるでしょう。

ここでうまく心をコントロールしないと、自分だけでなく周囲の大切な人達も巻き添えにするかもしれません。イライラしている時は、自分の言動に注意しましょう。

新しい恋に向けての準備をしよう

片思いや失恋などのリスクを考えると、恋愛をするのは怖いと感じることも。前向きになるために、新しい恋に向けて準備をはじめましょう。

自分磨きをしよう

おしゃれが苦手な人は、トレンドやブームを取り入れてみてください。そうして、女性好みのスタイルを勉強してみませんか。

また外見だけでなく思いやりのある心、やさしさなども意識して、誰にでも好感を持たれる人を目指してください。

異性だけでなく出会いを増やす

女性だけをターゲットにして出会いを求めると、なかなかチャンスはやってこないかもしれません。

しかし相手が誰でも、年齢がいくつでもよいので、とにかく知り合いを増やすことは将来の出会いのメリットになります。「友達から紹介された人と恋人同士になる」そんなラッキーな出会いも期待できますね。

片思いで疲れた時は気持ちをリセット・恋愛に前向きになる方法まとめ

ざっくりまとめると

  • 夢中になるものに打ち込む
  • 信頼できる人に打ち明けよう
  • 時間をかけて気持ちを整えること

となります。

片思いで疲れたなら、慌てずひとつひとつのことを考えてみましょう。ショックを受けて、何にも手がつかなくなるのは自然なこと。

誰でも一度は、そんな辛い恋の体験をしています。「片思いをしたら、次のチャンスがない」ということでなく、もっと自分に合う人との出会いが見つけやすくなるのです。

そのためには、今できることからゆっくりとはじめてください。部屋の模様替え、朝起きる時間を変えるなど。

些細な生活の変化が、意外な人との出会いをもたらしてくれるかもしれません。そんな時のためにいつでも恋ができるように、自信を取り戻してくださいね。

 

こんな記事も読まれています。
>>>好きなのかわからない…と思った時にはどう動く?

Pocket