復縁は焦らないほうが良いと言われる6つの理由


復縁は焦らないほうが良いとよく言われています。しかし実際に復縁をしたいと思った時、復縁を焦ってしまいますし、焦らないほうが良い理由に納得がいかないとすぐに行動してしまう人は多いでしょう。

そこで今回は復縁を実現させたい人のためにも、復縁は焦らないほうが良いと言われる理由を6つ紹介していきます。

復縁を失敗させたくないなら、復縁を焦らないほうがいい、そう言われている理由はについて見ていきましょう。


別れた直後は自分のことしか考えられていないから


復縁は焦らないほうが良いと言われる理由の中で、最も大きな理由だと言っても過言ではないのが、別れた直後は自分のことしか考えられていないからということです。

別れた直後、しかも復縁に焦っている状態というのは、なんとしてでも彼女を再び手に入れたいという自分の願望が強い状態でしょう。

建前として自分しか彼女を幸せに出来る存在はいない、と思う人もいるかもしれませんが、彼女からすれば勝手に人の幸せを決めるなんて最低!と思われてしまいます。決めつけている時点で、自分のことしか考えられていないことになるでしょう。

女性は人の感情、特に今まで付き合っていた人の気持ちや考えには敏感なのです。復縁に焦っている様子は、手に取るようにわかってしまうでしょう。そして自分のことしか考えていないこともすぐに分かるのです。

女性はそこまで弱くはありませんし、本当にこの男性しかいない!と思うのなら別れてはいません。別れたということが、女性の答えなのです。

そのため、別れた直後の自分の都合しか考えられていない状態で付き合おうとするのは、火に油を注ぐことになるでしょう。二度と復縁出来ない道に突き進むのと同じことになるのです。

自分は大丈夫だと思っている人に限って大丈夫ではないので、復縁をして幸せを手に入れたいのであれば、焦らないほうが良いでしょう。

よっぽどのことがない限り、成長や変化を評価してもらえないから

復縁を焦らないほうが良い理由には、女性に評価をしてもらえないからというものもあります。別れた直後に復縁を焦ってしまうと、女性は何一つ変わっていない、変わる気がない、自分勝手な人という印象と評価を持つでしょう。

特に別れた理由が男性側にある場合は、復縁をするために女性を納得させるための武器が必要になるのです。

今のままでは到底無理で、成長した気になったとしても女性の目は誤魔化せないでしょう。別れた後の女性の目は、何よりも冷たくて、残酷なまでに冷静に判断をするものです。

ただし、成長や変化を評価してもらえれば復縁の可能性は上がるもの。焦らないほうが良いというのも、復縁までの道のりで成長して何か良い方向に変化することができれば良いでしょう。

そうすれば女性はこれを評価して、復縁についてやっと考え始めるのです。成長や変化については自分視点だと何も参考にならないので、仲のいい友人にアドバイスをもらって評価をしてもらうと良いでしょう。

女性の感情が男性を拒絶することでいっぱいの可能性があるから

復縁を焦らないほうが良い理由には、女性の心理も関係しています。別れた直後というものは、女性は別れた男性に対して一種の嫌悪感を抱いているでしょう。

特に別れた原因が女性にとって最低、最悪だと思われる場合には、なんとしてでも関係を絶ちたいと思うほど強い意思になります。

その状態で復縁を迫ってみても、女性からはより嫌われて二度と復縁のチャンスが巡ってこないほど、大きな溝が出来てしまうでしょう。

別れた直後は、どんな別れ方としたとしてもやはり女性は別れた男性との距離をあけておきたいと思うものなのです。その状態で復縁を迫るのは、大きなリスクを伴うことになるでしょう。

別れた男性に対しての女性の眼差しは、想像が出来ないほどに冷たく、その言葉は刃のように鋭いのです。

油断をしていると男性としての自信さえも失ってしまい、恋愛に対してトラウマを背負ってしまう可能性も決してゼロではないので、気を付けるようにしましょう。

余裕がない一面を見せることはマイナスに繋がることもあるから

復縁を焦らないほうが良い理由には、復縁を焦っている状態で復縁を迫ると、必ず余裕がない一面を女性に見せてしまうからだと言えます。

付き合っていた頃に余裕がない一面を見せると、ときめいてくれたこともあるからきっと大丈夫だと考えている人もいるでしょう。

しかし女性は、一度別れた男性にときめくことはほとんどありません。余裕がない一面に幻滅し、ドン引きさえしてしまう恐れもあります。

復縁を望むのであれば、女性の一枚上手どころかそれ以上の存在になれるような気持ちで望んだほうが、復縁の可能性は上がるでしょう。

復縁を焦ってしまうと余裕がないところを見せてしまい、それがマイナスポイントとなって、復縁の可能性はどんどん下がってしまうのです。

時間をかけて自分を磨いたほうが復縁率は上がるから


復縁を焦らないほうが良いというのは、時間をかけて自分を磨き、新たに変わった自分で復縁を迫ったほうが、復縁の成功率は確実に上がるからだと言えます。

復縁に焦ってしまうと、何に対しても中途半端になり自分を客観視出来ない、固定概念にとらわれるなどの弊害が起きるでしょう。

これらのことは全て復縁を失敗させる要因に繋がるため、その失敗要因をなくすためにも時間をかけたほうが自分にとっても良いのです。

もし焦らないほうが良いのはわかっているけれど焦ってしまう…と悩む人がいれば、期間を決めてみましょう。

復縁に最適なのは、別れてから半年後だと言われているので、だいたい半年後に復縁を望むと決意して、その半年間はがむしゃらに今の自分から成長することだけを考えていきましょう。

考え方だけではなくて、身だしなみについても意識してみる必要があります。別れたことについての反省や改善点…それらはいくら時間があっても足りないくらいに膨大な問題でしょう。

それをどこまで考え尽くして、自分のものにできるのか、じっくり向き合っていく必要があるのです。

時間が経つと少なからず女性は別れた恋人を思い出すから

復縁を焦らないほうが良い理由には、別れてから時間が経つと少なからず女性は別れた恋人のことを思い出すという心理があるからです。

焦らないほうが良い理由には、別れた直後の女性は男性を拒絶する姿勢を持ちやすいのですが、その状態がずっと続くわけではないと言えるでしょう。つまりは一定期間過ぎると気持ちは落ち着いてきて、やっと思い出となっていくのです。

その瞬間を狙ったほうが、大きなリスクを背負わずに復縁を期待することが出来るということになるでしょう。

だいたい別れてから3ヶ月、半年後くらいが女性の気持ちが落ち着く頃合いだと言えます。それほどの時間が経つと、今まで煮えくり返っていた感情も落ち着きを取り戻して、楽しかった思い出を振り返ることも増えてくるようになるでしょう。

この状態で復縁を迫ることが、一番良いタイミングになりますから、復縁は焦らないほうが良いと言えるのです。

まとめ

復縁は焦らない方が良いと言われている理由を、6つ紹介してきました。復縁を焦りたい気持ちはわかりますが、復縁をしたいなら今は耐える時期なのです。

復縁を実現させるために、もう一度愛しい彼女を手に入れるために、今はまだ焦らずにいる方が良いでしょう。そしてじっくりと復縁の計画を練る時間を持つようにしてみましょう。

こんな記事も読まれています。
振った後に後悔する5つの男性心理は複雑?それとも簡単?

Pocket