男女の友情は成り立つ?それとも難しい?あなたはどう思いますか

image030
男女の友情に対しては、賛否両論のようなところがありますよね。では男女の友情はどうすれば成り立つのでしょうか。成り立たないとしたら何が理由なのでしょうか。一緒に考えていきましょう。


異性と意識をしないようにする

相手を異性だと意識しないと、男女の友情は成り立つものです。相手を異性と意識すると、どうしても友情は成り立ちにくくなるでしょう。相手を異性として意識するのは、案外簡単なのです。

ふとした時に急に女らしく見えるような場合も。相手から見ても、この人思っていたよりも頼れる!と思うようなことも。このようにすぐに異性として意識をしやすいので、男女の友情は成り立たないのです。

でも異性として意識をしないようにしようと自分なりに思えば、男女の友情は成り立つものです。事前に二人で話し合って「ずっと友達でいようね」と言い合うのも必要でしょう。

お酒を飲みに行かないようにする

二人でお酒を飲みに行くと、せっかくの友達関係が崩れてしまう場合があります。例えばお酒に酔った勢いで深い関係になってしまうことも。でも、後から「しまった…」と二人とも思ったりするのです。

お酒を飲みに行くのは楽しいことですが、お酒を飲みに行くことで、いつもよりも開放的になることも理解しておきましょう。もしもお酒を飲みに行く場合でも、お互いに飲み過ぎないことが必要です。

ここで片方が泥酔をしてしまい、相手がそれを見てげんなりしてしまうこともありますので、気を付けたいですね。

お互いに大事な恋人がいる

お互いに大事な相手がいると、その話で盛り上がる男女の友達になりやすいでしょう。恋人の愚痴を聞いたり、相談に乗ってくれるような関係はとても理想的。異性だからこそ分かってくれるようなこともあるでしょう。

そして、相手の恋愛を応援するようなこともありますので、この関係なら男女の友情を深めることも可能です。大事な恋人のことを相談できる相手は、出来ればいてほしいですよね。

そこでお互いに異性としてのアドバイスがもらえるの、この関係はとても良いものになるのです。
大事な恋人がいるような男女であれば、思っていたよりも簡単に友情関係を保てるでしょう。

人として好きと思えるかどうか

image029
男として好きというよりも、人として好きと思えるのであれば、友達関係は成り立ちます。男として好きという感情は、すぐに冷めてしまうかもしれません。でも人として好きという感情は長く続く場合が多いのです。

人として好きと思えるような相手なら、友達として長くつきあうことが出来るでしょう。喧嘩をしてよっぽどのことが無い限りは別れが来ないのは、友達の良さと言えます。男女間でも、それは可能なのだと知るようなこともあるでしょう。

生理的に受け付けない場合

相手のことを生理的に受け付けないと思っても、友達になれる場合もあります。一緒にいて楽しい、性格が良いということであれば、彼女としては無理だけど友達にはなれる…と思う場合も。

男性としても、これは不思議な感情だなと思いながらも、女性としては見られないけれど、友達になれるようなこともがあることを知るのです。でも女性の場合は生理的に受け付けない場合は、その男性と友達になりにくいでしょう。

まとめ

男女の友情に対しては、それぞれ考え方に違いがあります。女性としては、男性といつか友達から恋人になれるかも…というドラマチックな思いがあるのです。こういう気持ちがあるので、男性としての魅力を少しはもたないと、友達にもなりにくいでしょう。

ここが男性と女性の違いかもしれません。別れた彼氏と友達になれる女性心理としては、異性として意識している気持ち、そして、自分が好きだった相手という思いから、ときめきを少し感じるからかもしれません。

Pocket