イライラしやすい!穏やかでいられるための対処法


イライラしやすい人は人間関係でもうまくいかずに、仕事でミスが増えるなどマイナスなことばかりが増えてしまいます。自分の性格はよくわかっているつもりでも、つい感情に流されてイライラしやすい時がありますよね。

いつも穏やかな人は人生で成功しやすく、自ら状況を悪くするような失敗がありません。ではどうすれば、いつもイライラする性格を変えることができるのでしょうか。

カッとなって発言した言葉が、後で大変な事態になることもあります。冷静に判断できずに後悔する時もあるでしょう。少しでも本当の自分らしさをアピールするためにも、いつも穏やかに生活できる方法を身につけておく必要があるのです。


イライラしやすい!穏やかでいられるための対処法

カッとなった後のことを冷静に考えてみよう


イライラしやすい人としない人の違いは考え方なのです。怒ったり悔しい気持ちになったりするのは、誰にでも経験がありとても自然なこと。でも考え方を変えると、自分の怒りに触れる事柄が実はそれほど頭にくることではなかったりするのです。

イライラしやすい人は、カッとなった後のことをまず考えてみましょう。相手と意見が合わずきつい言葉を言ってしまいそうになる時、もし相手に文句を言ったらどうなるだろう…と考えてみましょう。間違いなく相手は気分を害して、嫌な思いをしますよね。

後で後悔するような言動をとらない為には、イライラしやすい時に数分先の自分の姿をイメージするようにします。言いたいことを言わずにいる方が、後々自分にとってはメリットになることもあるでしょう。

イライラしやすい場面から離れる

イライラしやすい性格をすぐに直すのは、簡単ではないですよね。性格は生まれつきでカッなる状況は人それぞれ違うもの。いつもイライラしていると、人生の楽しいことも見逃して、笑顔もないため人からも距離を置かれてしまいます。

どうしても自分の感情をコントロールできない時は、イライラする場面からすぐに離れましょう。怒っている状態では、些細な一言でさらにカッとなってしまいます。

人を傷つけるような発言を避けるためにも、まずはその場から離れて深呼吸をしてください。怒りを感じてきたら爆発する前に行動をとることが大切なのです。
どうしても自分の怒りを相手に伝えないと、気分が悪いという人もいますよね。でも一方的な性格は、周囲との調和を乱す原因になってしまうでしょう。

我慢してイライラをやりすごす

イライラするのはある事柄がきっかけになる場合も。このネガティブな感情は、一時的なものなので、しばらくすると落ち着く傾向もありますの。イライラしやすい人は、まず数分間我慢してみましょう。

毎日穏やかに生活している人は、周囲に必ず一人はいるもの。人と関りを持つと、必ずイラっとする瞬間が訪れます。しかし感情をあらわにすることは、相手のためにも自分のためにもなりません。

自己中心的な感情表現はなるべく避けて、イライラしやすい時はとにかく我慢が大切です。文句を言いたい時に我慢すると、はじめは不完全燃焼したような不快な気持ちになるかもしれません。でも波風をただせずにその場をやり過ごした方が、結果として自分自身に満足できる場合もあるのです

無理に感情を抑えないこと


イライラしやすい性格は、無理に抑える必要はありません。私達は十人十色で色々な性格や価値観、考え方の人がいますのでみんなと意見が合うことは少ないでしょう。イライラしてはダメ、怒ってはいけない…と無理に自分を押さえつけると、かえってストレスになる場合も。

大切なことは、マイナス的な感情をどうやって表現するかという点です。イライラしやすい時は人にわかるような態度をせずに、自分だけで怒りを解消しましょう。例えば外で煙草を吸う、水を一杯飲む、深呼吸するなどリラックスするコツを知っておくと安心です。

どうしても発散させたい怒りは、相手を怒らせないように穏やかに表現してください。優しい言葉使いと声のトーンなら、相手も嫌な気持ちにならずに意見を聞いてくれる可能性が高いでしょう。

イライラした時は笑顔で対処しよう

いつも穏やかな人の共通点は、にこにこして優しいオーラを出しています。そんな人は自然と周囲に人が集まり、とても人望が厚くて人気ものですよね。でもイライラしやすい人と一緒にいると、自分までもマイナス思考になりそうで不安になります。

そこで穏やかになるためには、笑顔を意識してみましょう。悔しい時、頭にきたときは鏡に向かって笑うようにしてみてください。固い表情を崩すと、自然に精神的にもリラックスできるので、緊迫した瞬間を回避する為に効果があります。

仕事の人間関係、恋愛関係など私達は他の人との関りでイライラすることがとても多いですよね。うまく気持ちをコントロールするには、まず自分自身に対して笑顔になり、気分を盛り上げてみましょう。

まとめ

イライラしてどんなメリットがあるのか、冷静に考えてみましょう。一時的な感情は人に誤解される原因になる場合も多いのです。

穏やかに生活するためには、相手の立場になりうまく感情表現をしてください。イライラしているときは判断力も鈍くなり、視野がとても狭くなるので注意が必要です。慎重に行動をしようと思うと、自然にイライラを抑えることも出来るでしょう。

Pocket