お金がない時でも慌てずに出来る対処法はコレ!


お金がない時には、慌ててしまう人は多いのではないでしょうか。今月ピンチだ!どうしよう…と悩む場合も。でもお金がない時でも、出来る対処法があるのです。それはどのようなものなのでしょうか。


外食を控える

お金がない時には、自炊をお勧めします。普段あまり料理をしていない人は、どうしても外食でお金を使いがちです。でも自炊に目覚めると自然にお金を貯めることにつながるでしょう。

自炊といっても凝ったものを作る必要は無いのです。カレーを作る時にも安い材料を使って作れば1週間食べるのも可能でしょう。材料を安くで売っているようなお店を探しておくと、いざという時に便利です。

例えば肉じゃがを多めに作っておけば、2日ほどは肉じゃがを食べて、その後にルーだけを入れれば、カレーにするのも可能です。カレーもカレーライスだけではなくて、カレーうどんにしたり、カレースパゲッティにしたりなどの工夫も出来ます。

自炊をしているうちに、こういうアイデアも浮かびやすくなり、お金がない時でも困らなくなるでしょう。

実家にしばらく戻る

実家が近くて、そこから通勤が可能ならしばらくは実家に戻るのも一つの方法でしょう。でもお金がないから戻ってきたと思われると、男としてのプライドが傷つくかもしれません。親には「ちょっと気分を替えたくて」と言って実家に戻れば、納得してくれるでしょう。

でも実家では、なんでもしてくれると甘え過ぎずに出来ることはするようにしましょう。いつでも実家に戻ればいいと思うと、普段からの金銭管理がうまくできなくなる可能性もあるのです。

自立した男を目指すのなら、実家に戻るのは元気な顔を見せるためだけで、普段は戻らなくても済むように、生活を見直してみましょう。

要らないCDやDVDを買い取ってもらう

購入したけれど全然聴かないようなCDがたくさんある人は、この機会に買い取り業者に買い取ってもらいましょう。DVDもつい購入してしまったけれど、一度しか観ていないものもあるのではないでしょうか。

これらを買い取り業者に買い取ってもらえば、お金になるだけではなくて部屋を整理することも出来るのです。そして、普段自分が散財していると気が付く場合もあるでしょう。こんな買い物の仕方をしていたらダメだなと分かるかもしれません。

自分にとっては要らない本でも、思ったよりも高い金額で売れる場合もあります。自分なりに売れそうなものは無いかを探してみて、買い取り業者をいくつか回ってみると、お金を手に入れられるでしょう。

でもこれが癖になっては後々自分が困ります。いざとなれば身の回りのものを売ればいいと思うと、自分に甘くなってしまうでしょう。この手間を忘れないようにして、お金がない時を作らないようにしなければいけません。

休日出勤をする

お金をよく使うのは、休日の場合が多いですよね。でも自分から、休日出勤をします!と言うようにすれば、休日出勤手当がもらえるだけではなく、余計な出費をしなくても済みます。

真面目な社員と思われる可能性も高いでしょう。もしも手当がもらえなくても、仕事がはかどりますので、お金がなくて辛い気持ちになるよりも、その辛さを仕事を頑張る力に変えた方が効率的です。

まとめ


お金がない時には、不安な気持ちになったり落ち込んだりしやすいもの。でも出費が続くことは誰にでもあるものです。どう乗り切るかを知っておけば、今度お金がない時が来ても、慌てずに対処が出来るでしょう。

お金がないのは、恥ずかしいことではありません。でもお金がないと困る場合は多いでしょう。結果として困るのは自分なんだと思えば、これからの生活をもう少し見直そうという気持ちにもなれるはず。

これは、そう思わせてくれる機会なんだと思えば、ポジティブにもなれるかもしれません。

Pocket