スマホを触る心理・シーン別の意味を理解しよう

スマホを触る心理が気になるのは、周囲の人たちだけではないでしょう。自分自身でも、無意識にやってしまうことがありませんか。

スマホは生活での必需品で、手放せない人が増えています。何をするにもスマホを触る心理は、時には依存症と呼ばれてしまうことも。

スマホの存在はとても大切。しかし使う場面をわきまえないと、相手を不快な気持ちにさせる場合もあります。

電車の中やレストラン、友達と話をしている最中など。触っている間は、自分の世界に入り込んでしまうスマホ。

触る心理の真相は場面ごとに違い、相手の意図や目的を理解すると「なるほど」と思える場面があります。

それではスマホを触る心理で、自分でも気をつけたいところがないかチェックしてくださいね。
 続きを読む …